単語

カブ

(かぶ)とは、アブラナアブラナ属の植物のひとつ。一般的な野菜のひとつで、根菜に類されるが、葉も食用となる。七草すずな」は蕪の別名であり、このほかにも「かぶら」という呼び名もある。ポケットモンスターの登場人物については「スズナ(ポケモン)」を参照のこと。

カブ」の記事がバイクおよび曖昧さ回避として使われているため、当記事の記事名は「蕪」の表記を使っているが、一般的にはカタカナで「カブ」と書かれることが多い。以下、カタカナで「カブ」と書かれているのは植物カブですので、お間違いなきように。

券や切り植物の束を意味する「」とはまた違うものだが、時折間違って表記されていることもある。ギャグとしてわざと混同する手法は昔からあり、かつての総理大臣も使っていたというダメな信頼と実績がある。

概要

アブラナ科の代表的な野菜のひとつで、原産地はヨーロッパから中央アジアにかけての地域。大根によく似ているが、総じてカブのほうが横方向へのふくらみが大きい。また大根べて硬いので、生食はされず、基本的に煮物やスープの具として調理される。根茎(地下茎)がいものが流だが、紫色の表皮を持つ品種もある(カブ)。

大根と同様に、カブも葉の部分を食べることができる。八屋などで売られる場合、大根は葉を落とされた状態で売られることが多いが、一方でカブは葉をつけたまま、その茎を束ねて売られていることが多い。味噌汁の具にオススメ。小松菜野沢菜はカブの葉を食べることに特化させたもので、小松菜の根元(地下茎)がく太いのはカブの親戚である拠でもある。

そしてカブ漬物としても広く利用される野菜で、漬物用のカブの品種もある。漬物の代表格である「千枚漬け」や、とともに漬けた「かぶら寿司」などが有名。一般庭でも浅漬けや糠漬け漬けによく使われている。

ちなみに、カブに似た植物ボルシチのお供「ビート」があるが、あちらはアカザ科の植物であり別物である。

関連動画


関連商品


関連コミュニティ

蕪に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%95%AA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2013/08/20(火) 11:20:26 ID: rmkQCZ00fJ
ではサラダシチューの具にしてる
2 ななしのよっしん
2014/02/09(日) 00:05:56 ID: H1YIYsCcak
ミスト(ルーンファクトリー)
3 ななしのよっしん
2019/09/10(火) 22:25:09 ID: I1DQm3uYf7
スズナ(花騎士)

急上昇ワード

2019/10/17(木)04時更新