高萩洋次郎単語

タカハギヨウジロウ

高萩洋次郎(Yojiro Takahagi, 1986年8月2日 - )とは、日本サッカー選手である。FC東京所属。
ポジションMF

概要

福島県いわき市出身。中学からJヴィレッジサッカースクールに通い始め、当時コーチを務めていた高田豊治の勧めを受けてサンフレッチェ広島ユースへの入団を決意。故郷を遠く離れて吉田での寮生活を始める。

2003年16歳プロデビューを果たし、Jリーグ最年少出場記録(当時)を更新。しかし怪病気のため出場機会が中々得られず、2006年森脇良太らとともにJ2愛媛FCレンタル移籍。2007年サンフレッチェ広島に復帰すると実を認められるようになり2008年にはレギュラーに定着。クラブJ2での記録的な快進撃を支えた。以後長年に渡ってクラブとして活躍。

2012年にはリーグ2位の12アシストを記録し、クラブの初となるリーグ優勝に大きく貢献。第16節ベガルタ仙台戦での森崎浩司への見事なループパスexit、優勝決定戦となった第33節セレッソ大阪戦での1点目exit石川大徳へのアシストexitなどビッグマッチ素晴らしいプレーを披露したこともあり、自身初となるJリーグベストイレブンに選出された。
2013年には各クラブから底的なマークを受けて苦しむも、石原直樹とのシャドコンビで奮闘。最終節鹿島アントラーズ戦ではその石原直樹への巧みなパスexitが決勝アシストとなり、見事大逆転での優勝を果たした。

2015年オーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニーへ移籍。 
同年6月6日クラブを退団することを発表した。

2015年6月16日KリーグクラシックFCソウル契約を結んだことをクラブ公式HP上で発表。

2017年1月FC東京への全移籍が発表。

プレースタイル

サンフレッチェ広島時代のポジションは2シャドーの一であるが、豊富な運動量を武器にいたるところに顔を出してはボールを受け、試合の局面に応じたプレーチームを統率する稀代のゲームメーカー

ロングパス、ショートパスともに精度が高く、巧みなボールキープ、時折見せるドリブル突破など、あらゆるテクニックを兼ね備えた選手であり、相手の裏をかくプレーを得意とすることから、「現代のファンタジスタ」とも称される。

エピソード

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E8%90%A9%E6%B4%8B%E6%AC%A1%E9%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高萩洋次郎

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 高萩洋次郎についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/23(金)03時更新