三国志演義単語

サンゴクシエンギ
2.7千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

三国志演義とは、古代中国の時代を描いた三国志(通称「正史」)を元にした創作物であり、中国四大奇書の一つとされる(ちなみに、あとの3つは西遊記水滸伝[水滸伝生作品])

作者羅貫中

三国志と三国志演義

あくまでも演義は後世の創作であり、歴史書である『正史』とは大きく異なっていることに注意。 特に、一部の英雄を極端に有能にしたり、また無能にしたりすることによって話を盛り上げる事が多い。 そのためか、後世で評価が異様に高かったり低かったりする英雄もいる。 演義自体が作られてかなりの年がたっているため、史実と創作の区別がつきにくいが、三国志物語として知られる事柄は少なからず演義を元とされていることであることに注意が必要である。

…なぜか、日本三国志作品の多くは滅亡時点で話が終わることが多く、それ以降に活躍する英雄の知名度は日本では極端に低い。 一応三国志演義はちゃんと三最後のである滅亡で終わる。

実は、曹操が死んで曹丕譲を受けてからが正式な三時代であり、それまでは後漢時代だったりする(は存在していたけど、帝国内の一/王の扱い)。 また、滅んだ順番もの順番で、統一したのはだった…諸行無常

演義による改変とその影響

演義では前半は劉備、後半は諸葛亮役として室復題として物語が進行していく。そのため、劉備聖人君子のごとく描かれる。曹操献帝から簒奪を志す悪役として描かれる、関羽の武功が過大に描かれている。の武将の南蛮定の武功が諸葛亮のものにされている。諸葛亮軍事的分野においても戦術戦略を問わず、際立った才を持っていることになっている(実際は政治戦略も優秀、戦術も電撃戦は得意ではないが及第点といったところ)。そして、それを表すためか周瑜司馬懿曹真などがかませ犬にされている。何人かの武将がの武将によって討ち取られたことになっている。それなりに武功があった人物が登場していない(特に異民族関連)。空気。など正史とはさまざまな違いがある。

そして、日本に知られている吉川横山三国志は演義を基としており、KOEI三国志なども初期シリーズでは演義のみにより定などが行われていたため、不当な扱いを受ける人物が多数存在しており、演義や羅貫中被害者と呼ばれることもある。ただし、これは日本固有のものではなく、本場中国においても同様であり、演義でどうしようもない無能扱いされている劉禅正史では何もしていないため評価不能)の幼名「阿斗」が愚か者の代名詞となっていたりする。

日本では最近正史の再評価が進み、蒼天航路のような正史と演義を混ぜた漫画が登場したり、KOEI三国志などでも正史を一部取り入れる(ただし、基本は演義であり、正史は演義からの上方修正のみに使用されている)といったが見られる。ニコニコ動画においてもそういった日のあたらなかった武将などを再評価する動画が存在している。また、iM@S架空戦記シリーズ動画内において武将紹介正史との違いを説明する動画は多い。

そういった再評価による反動で、逆に本来の業績を過小評価されて批判コメをもらう武将も幾人かいる。まあ、関羽諸葛亮のことなんだが(それ以外も大体将)。この両名、演義によって追加されたことのほとんどが上方修正なのだが、当然それによって割を食った人物も数多い。そのため、そういった人物が出るたびに恨み言が流れたりする。

まず、ここまで三国志中国日本で知られたのは演義のおかげである。もし、演義が存在せず他のほとんどの時代のように正史およびそれを補するエピソード集が点々といった状況では日本では倭人伝しか知らないというような環境になっていた可性がおおいにある。(興味を持った方は調べれば分かるが三国志随一の英傑である曹操といえど中国史全体から見たら十傑にすら入らない可性が高い)そして、演義は通俗小説であり、一般民衆に膾しやすい物語が必要であった。当然、正史のようにさまざまな人物に注していくことは困難であり、別に羅貫中をこき下ろそうとしたり、無視しようとしたわけではない。物語としてより人々に感情移入してもらおうと思えば、儒教背景を考えても判官びいきを好む性質を考えてもが中心となるのは仕方のいことであったであろう。(ていうか、当時の中国宦官息子がさまざまな才に恵まれて軍閥化していく物語は受けづらいだろうし、兄貴の残した領土の専守にほとんど明け暮れつつびたりになっていった君物語は長編としては受けないだろう)正史が好きで演義は嫌いな人も動画コメを行う際は演義を好きな人も見ているということを頭の隅に置きつつ行ってほしい。

続編小説 

三国志後伝

実は、三国志演義には三国志演義が書かれた明代と同時代に羅貫中と違う著者による『三国志後伝』という続編が書かれている。当時は著作権などがないので、パクリなどは気にしなくていい。 

内容は、劉備の孫である劉淵の滅亡時に成都を脱出して、北の匈奴の地で再起をし、彼とともに漢王朝の再の名臣(諸葛亮関羽張飛趙雲ら)の子孫とともに晋王朝と戦うという三世ものスピンオフ小説である。曜や石勒賓、呼延晏など史実上、晋王朝との戦いにおいて活躍した人物もの人物の子孫とされるが、もちろん、劉淵も含めてあくまで小説上の設定であり、これは著者も認めている。 

三国志演義の毛宗崗本が生まれる清時代より以前に書かれているため、おそらくは明代に書かれた本かそれに近い時代の三国志演義をベースにしていると思われる。(三国志演義は時代や出版元によって内容が違う本が多数現存しており、また、失われたものも多いと考えられるため、特定するのは困難である)

おどろくべきことに江戸時代に『三国志演義』が『通俗三国志』に翻訳された時から十数年で『三国志後伝』の前半部分の翻訳である『通俗続三国志前編』として発行されている。

これは話文(当時の中国口語文)まじりの講談小説翻訳困難さを考えると、おどろくべきさであり、いかに、江戸時代日本人から『三国志演義』が好評であったかが分かる。

関連動画

タグ「三国志演義」では関連項目が少ないが、「三国志演義を含むタグ」まで含めると結構ヒットする。exit_nicovideo

(だいたい恋姫†無双のせい)

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97%E6%BC%94%E7%BE%A9
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三国志演義

45 ななしのよっしん
2022/01/29(土) 18:27:12 ID: Nq7XoK2ocw
現代では単に「三国志」と言ったら小説漫画アニメゲーム等の三国志を題材にしたあらゆる作品をす事が多いからね
46 ななしのよっしん
2022/03/29(火) 05:13:47 ID: 7m0pEDj2vG
ホントに明代に演義で劉備という結局は大望を果たし切れなかった人物を軸に物語仕立てあげた作者って並み表現だけど「天才」としか言いようがない。
恐らく儒の圧もあって曹操を良く書けないから半ば偶然の産物でもあったんだろうけど、そうであってもすごいと思う
演義は主人公補正で史実よりは都合よく事が進むことはあるけどそれだけでは大局は揺るがないっていうリアリズムに満ちたメッセージも込められてるようで、こういうメッセージをなぞったような作品が後世の歴史小説やら架空戦記にも相当数存在する辺りが個人的に三国志演義が四大奇書に数えられる所以だと思う
47 ななしのよっしん
2022/04/10(日) 11:33:06 ID: 1RrVGThd8F
実は演義以前の三国志物語はもっとハチャメチャで戦記モノというよりバトルモノみたいな路線で張飛が一人で敵軍一万に無双したり孔明が本当に魔法使いという設定だったりしたらしい
三国志演義はそれ以前の三国志物語が培ってきたファンタジー要素もいくらか受け継ぎながら格段にリアル志向でかなり正史に寄せている
曹操にしてもただの悪者から悪の大魔王ぐらいの格上げをしてるし
正史と違う」という理由で演義をこき下ろす人はそういう経緯を知らないんだろうな

48 ななしのよっしん
2022/04/10(日) 23:05:30 ID: Nq7XoK2ocw
>>47
その話、どこかで読んだ気がするんだけど思い出せない。確か陳臣の『中国歴史』だったかな?
記憶違いなら申し訳ない
49 ななしのよっしん
2022/04/11(月) 18:39:29 ID: 1RrVGThd8F
誤解してる人が多いが、演義は決して物語三国志の元祖ではないんだな
演義以前にも三国志話とか三国志モノはあったし別に贔屓は演義が始めたことじゃない、孔明とか将の多くはむしろ演義の脱ファンタジー路線のでそれ以前にべてそのを下方修正されてるくらいだ

50 ななしのよっしん
2022/04/12(火) 12:28:29 ID: 1RrVGThd8F
中国では歴史書のほうのみを三国志といい、物語のほうは三演義というので初めから脚色された話であること前提で受け入れていたのだが、日本では小説家が自著を三国志ってタイトルにしちゃったからややこしくなった
吉川英治先生のことは尊敬してるけども
51 ななしのよっしん
2022/04/17(日) 02:35:44 ID: j6OVc0xW7Z
吉川三国志は前書きあとがきで演義その他がモチーフであることを明言しているのだが
その辺読み飛ばしている人間さえフォローしろというなら流石に難癖極まるだろう
52 ななしのよっしん
2022/04/23(土) 14:05:23 ID: 1RrVGThd8F
歴史書と小説は別ジャンルの書物でありそこには優劣の差はないのに
現代日本三国志ファンには
正史>演義
という格付けが全に決定されている
吾妻鏡平家物語
などとする人はいないのに

何かというと演義の創作部分を忌み嫌って「正史ガー」って言うわりには蒼天航路とかには文句言わないのはオリジナルの題名を使っているからだろう
>>55の言うとおり吉川先生は前書きでそう書いてはいるけれども、ちなみに吉川先生は他の作品については新書記、新平家物語、私本太平記、新水滸伝など古典そのままの題名にはしていない、やはりこれは三国志という題名を使ってしまい以降多くの日本作家もそれに倣っているのに何か思うところがあったのかも

53 ななしのよっしん
2022/04/23(土) 14:10:49 ID: 1RrVGThd8F
>>55じゃなくて>>51だった、スマン
あと新書とか私本という題名は他の作家三国志って題名付けてることとは時系列的に関係だった、これもスミマセン
54 ななしのよっしん
2022/08/04(木) 10:53:16 ID: edDACiMo5K
>>47
孔明は演義でも、現代創作のヘタな魔法使い魔女裸足逃げ出すレベル術使いだろ