編集  

テニスの王子様単語

テニスノオウジサマ

テニスの王子様とは、1999年より2008年まで週刊少年ジャンプで連載されていた許斐剛少年漫画

2009年からはジャンプスクエアにて新シリーズ新テニスの王子様」がスタートしている。称は「テニプリ」。

概要

中学校男子テニス部を題材としたスポーツ漫画。往年の女子テニス漫画エースをねらえ!」以降、「上品な女の子スポーツ」というイメージの強かったテニスを色んな意味で塗り替えた偉大な作品である。いやマジな話。

アニメ化した際には「日本テニス協会推薦」のクレジットがなされており、あの松岡修造が解説本を出していたり、実際にジュニアテニス人口が急増するなど、現実テニスにも少なくない影を与えている。

原作の中盤あたりまでは、ある程度現実味のある描写や技が多かったが、徐々に若者の人間離れが加速し、テニスのようでテニスでない人技「テニヌ」を使う格闘技漫画と化してゆく。(詳しくは→テニヌ

週刊少年ジャンプでの連載終了後も人気は衰えず、アニメOVA製作されミュージカルも回を重ねていた(2010年5月1st season終了、2011年1月より2nd season開始→2014年11月終了、2015年2月より3rd season開始)。
また声優によるキャラソンが大量に存在し、アルバムを出すわオリコン上位に食い込むわと色々やらかしている。アニメ放送が終了して結構経った後も、ラジオラジプリ)もキャラソンCD発売も終わることなく続いている。

ゲーム版は多な技を活かしたテニスゲームや、個性豊かなキャラクターを活かした恋愛シミュレーションゲームなど多数発売されている。

ニコニコ動画ではミュージカル・テニスの王子様(略してテニミュ)のおかげで別の意味の人気を誇った。
ニコニコチャンネルにてアニメ新テニスの王子様」が好評配信中。

登場人物

※(一部を除き)テニスプレイヤー中学生です。

青学

越前リョーマ
手塚国光
大石秀一郎
不二周助
菊丸英二
乾貞治
河村隆
桃城武
海堂薫
尾聡史
加藤勝郎
水野カツオ
荒井将史
竜崎スミレ
竜崎桜乃
小坂朋香
松岡修造
カルピン
越前南次郎

不動峰

橘桔平
神尾アキラ
伊武深司
石田鉄
桜井雅也
内村京介
森辰徳

聖ルドルフ

赤澤吉朗
観月はじめ
不二裕太
木更津淳
柳沢慎也
金田一郎
野村拓也

山吹

南健太郎
亜久津仁
東方雅美
千石清純
新渡戸稲吉
錦織翼
室町十次
喜多一馬
壇太一
伴田幹也

氷帝

跡部景吾
忍足侑士
向日岳人
宍戸亮
芥川慈郎
樺地崇弘
鳳長太郎
日吉若
滝萩之介
榊太郎(43)

六角

葵剣太郎
佐伯虎次郎
天根ヒカル
黒羽春風
樹希彦
木更津亮
首藤聡
オジイ

立海

幸村精市
真田弦一郎
柳蓮二
柳生比呂士
仁王雅治
丸井ブン太
ジャッカル桑原
切原赤也
浦山しい太

比嘉

木手永四郎
甲斐裕次郎
田仁志慧
平古場凛
知念寛
不知火知弥
新垣浩一
早乙女

四天宝寺

白石蔵ノ介
小石川健二郎
千歳千里
金色小春
一氏ユウジ
忍足謙也
石田銀
財前光
遠山金太郎
渡邊オサム

柿ノ木中

九鬼貴一

銀華中

福士ミチル

牧ノ藤

門脇

イカロス

リチャード・坂田

名古屋聖徳

リリアデント・クラウザー(蔵兎座)

城成湘南

華村葵

 緑山中

季楽靖幸
源拓馬
高瀬聖人
北村航
羽生一斗
昆川純平
津多茜
季楽泰造

 

 

関連動画

関連商品

電子書籍版はこちら

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%AD%90%E6%A7%98
ページ番号: 122938 リビジョン番号: 2303063
読み:テニスノオウジサマ
初版作成日: 08/05/21 23:04 ◆ 最終更新日: 15/12/21 09:08
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


リョーマ君

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

テニスの王子様について語るスレ

629 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 02:39:33 ID: KajWJqGOX+
昔これが流行ってた時にテニス部に入部希望が殺到して、クジ引きまでして入部制限したのに「スネイク打てねーのかよ」とか言ってゴッソリ辞められて大迷惑したっけ
本当に胸くそ悪い
630 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 15:33:53 ID: 2u2VnnObDE
それは。迷惑だな。
631 : ななしのよっしん :2017/12/02(土) 23:06:59 ID: o1drp8EiJs
すまん>>629にとっては笑い事じゃないだろうが草生える
新入生たち素直すぎだろ
632 : ななしのよっしん :2017/12/17(日) 02:01:49 ID: A/mI36h8uz
>>628
真田一番好きなキャラだけど決勝でのあの上から目線は戸惑った
後でたしけ名古屋徳と立海どちらを取るかぎりぎりまで悩んでいたが
結局経立海を決勝の相手に選んだのはグッズが出始めていたという大人の事情
込みでそうなったと聞いて決勝でドヤ顔してる立海の連中が滑稽に思えたわ
人気がなかったら決勝戦の相手じゃなかったのかもしれないのかーと知って
なんかがっかりした よくよく考えたら仁王が急にモシャス覚えたり
常勝が掟なのに準決勝最初の2戦わざと負けたり理矢理で
矛盾満載な展開続いてたしな
633 : ななしのよっしん :2018/03/19(月) 14:49:24 ID: TiRTvqWCs8
>>632
決勝の裏話は初めて知ったが、確かに決勝が名古屋青学でも面そう
クラウザーの正式な年齢設定は新に入ってからだったけど、もしかしたら金ちゃんに続くリョーマのライバルルーキーになる可性もあったのかも
立海決勝は素らしかったが、お雇い外国人すれすれで日本テニス馬鹿にするクラウザー達にサムライブルーが立ち向かう決勝も熱いと思う
634 : ななしのよっしん :2018/04/05(木) 16:03:56 ID: jVA8/0oS9/
スネイクやらつばめ返しやら手塚ゾーンやら零式ドロップやらと、序盤からテニヌ技は結構あったんよな。ツッコミ入れつつそれでも普通に見れてたんのはスラダンNBAばりのプレーをする高校生達を見てたからだと思う。テニヌ技はあれどもまだまだテニス感のが強かったというか

明らか空気が変わってテニヌ感がグッと増したんはリョーマと赤也の野試合からだとは思ってる。赤也くなったと思いきやリョーマが変なオーラだしたりして、初めて見たときは理解が追い付かんかった

635 : ななしのよっしん :2018/05/15(火) 05:41:37 ID: ExqFxKTf9t
関東大会あたりを眺めてたんだけれどさ、各県の出場が非常に偏ってるのが気になる。
東京:5、神奈川:4、千葉栃木:2、埼玉群馬山梨:1、茨城:0って一体どういう事なんだろう。
7都1県で各2校で16は乱暴にしても茨城に出場0って一体・・・。
神奈川埼玉中学校の数は差がないのに1だったり割と不思議。

新テニの不思議さにべれば細な事と言ってしまえばそれまでなのが一番怖いが。
636 : ななしのよっしん :2018/06/29(金) 23:28:37 ID: aXFMAbwE8x
なんかイメージだと茨城辺りって関東大会だと六角辺りとぶつかってそうだけど
そもそも出てなかったんだな。意外
だと比嘉中とぶつかるし、繋がりは不自然

まあ、だいたい中のせい(ボソッ
637 : ななしのよっしん :2018/07/05(木) 20:14:36 ID: JhbgBMy+yA
最近全巻読んで、あくまで個人的な意見だけど試合がつまんない
キャラ人気依存してるって聞いて納得
試合以外の話は結構好きだけど
638 : ななしのよっしん :2018/08/20(月) 19:43:43 ID: rgCntMjhJJ
ベストゲーム大石・菊丸VS柳生仁王を収録するなら
越前VS真田もやってくれないかな。原作追い抜いてサイクロンスマッシュで決着とかお茶を濁された記憶があるから今でもリメイク希望なのよね。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス