ウケグチノホソミオナガノオキナハギ単語

ウケグチノホソミオナガノオキナハギ

2.0千文字の記事
掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウケグチノホソミオナガノオキナハギとは、長い名前である。

概要

ウケグチノホソミオナガノオキナハギ
NO IMAGE
フグ
カワハギ
学名 Anacanthus barbatus
英名 Bearded leatherjacket

学名はAnacanthus barbatusカワハギ科に属するカワハギ仲間である。

最大35cm程になり、インド洋・太平洋西部熱帯域(インド西部インドネシアオーストラリア西部)の沿に生息しているが、日本では見つかっていない。

カワハギ仲間としては非常に細長い体形で尾鰭も長く、名前以外も面である。その体褐色の模様で周囲の藻・に擬態していると思われる。

口は上を向き、長いヒゲが付いている。これがそれぞれ「受け口」「翁」の部分の由来である。

和名は全部で17文字。一見ふざけた名前に見えるが、漢字にすると「受け口の/細身尾長の/翁ハギ」で、このの外見を忠実に表している。また5・7・5調になっており覚えやすい。

日本に生息していないにこのような名前がついているのには理由があり、命名者の魚類学者である尼邦夫教授によれば、後の混乱を防ぐためにウケグチ(略)を含む当時の新しい漁場(南シナ)のに和名を付ける際、「どうせならそれまで一番和名が長かった『ミツクリエナガチョウチンアンコウ』(16文字)より長い名前をつけたかった」というノリ事があったというもの。

後に尼教授友人との間の冗談として「オマエハソレデモカワハギカ」という下の句が付いたらしい。

現地でも特に食用にならないため、その生態は良く分かっていない。

日本ではサンシャイン水族館下関市しものせき水族館館」で見ることができる。

おまけ・長い名前の生き物

地名や人名、餌となる生き物名前が入ると長くなるので、ウケグチノホソミオナガノオキナハギは例外な方だと言える…かもしれない。学名や英名のカタカナ表記だともっと長くなる生き物も多い。

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *風雅な名前の昆虫︱スミナガシ︱ - 公益社団法人日本木材保存協会exit
この記事を編集する

掲示板

  • 11ななしのよっしん

    2022/11/30(水) 12:36:38 ID: Hq6imfmKxH

    受け口
     細身尾長の
       翁はぎ

     芭蕉

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 12ななしのよっしん

    2022/11/30(水) 18:33:23 ID: 9HXlTAZoVC

    私の名は、ウケグチノホソミオナガノオキナハギ

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 13ななしのよっしん

    2022/12/01(木) 06:57:37 ID: rexX2x+nuC

    七五調で覚えやすいで危なかったのにちゃんと下の句が用意してあって耐えられなかった

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/03(金) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/03(金) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP