今注目のニュース
台風19号42年ぶりに命名され、早速ネットに候補名多数あがる。
80年代に発生したあの悲劇!「ファミコンに母ちゃんの掃除機が当たってバグった際の絶望感」が今更話題に!!
献血ルームのオタク向けポスターセクハラ問題に秀逸なオチがついたと話題に!

ウド・デイター・フンメル単語

ウドデイターフンメル

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ウド・デイター・フンメル(Udo Dater Fummel)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。

概要

ローエングラム朝銀河帝国の官僚。同盟首都ハイネセンにおける帝国高等弁務官の首席補佐官を務めた。
独創性には欠けていたものの、法知識に富み、行政処理に長けた勤勉な人物。

石黒監督OVAでは、面長であごひげと口ひげを整え眼の細い、悧そうな官僚としてデザインされているほか、テロップナレーション双方で「ウド・ディターフンメル」と表記・発音されている。

経歴

帝国490/新帝国1年、バーラトの和約によって同盟首都ハイネセンに設置された帝国高等弁務官の首席補佐官に任じられたのがウド・デイター・フンメルである。彼の役割はその職名のとおり高等弁務官ヘルムート・レンネンカンプ上級大将の補佐役であったが、同時に秘密裏に軍務尚書パウル・フォン・オーベルシュタイン元帥レンネンカンプの動静を直接報告する役をもあたえられていた。

こうしてハイネセンに着任したフンメルは、すぐさま同盟の数多い法・政の調にあたった。

ヤン・ウェンリー逮捕への関与

この年の7月20日バーミリオン星域会戦で戦死したとされるウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツが実際には生存し、ヤンの手引きにより艦艇を率い潜伏している、という根拠の密告(ただし事実ではあった)を受けたレンネンカンプは、同盟政府に対しヤン・ウェンリー逮捕を勧告した。フンメルはそのレンネンカンプの執務室に呼ばれ、ヤンの法的な扱いについて助言をあたえた。

レンネンカンプは”勧告”のとおりヤンに反和活動防止法を適用させるつもりでいたが、フンメルバーラトの和約に伴い成立した同法を遡及適用することは不可能であると摘し、むしろ防軍基本法の利用をした。ヤンによるメルカッツへの軍用艦艇供与は国家資産の処分にかんする職権濫用であり、一般刑法においては背任横領罪にもあたる、としたのである。これは明らかに不名誉な罪状と言わざるをえず、清廉さに評判のあるヤンの名への大きな打撃にもなりうるやり口であった。

しかし、こうした強引なヤンの逮捕”勧告”は同盟政府の過剰な防衛反応とヤンの旧部下たちの暴発を誘発し、事態はレンネンカンプ拉致および自死とヤンのハイネセン脱出という急変を迎えることとなる。

ジョアン・レベロ暗殺への関与

ヤンの脱出後、帝国高等弁務官府はレンネンカンプ拉致表すれば帝国の権威に傷がつきかねないということもあって沈黙を保った。この時期のフンメル「ある種の夜行動物のように弁務官府の闇にうずくまりをとぐのにいそがしかった」という。

同年11月10日皇帝ラインハルトは同盟に対し再度宣戦を布告し、翌新帝国2年1月のマル・アデッタ域会戦において同盟軍最後の機動戦が消滅する。この時期、いまだハイネセンに留まっていたフンメルは同盟軍の統合作本部長代理ロックウェル大将らに接触し、同盟元首ジョアン・レベロ議長の暗殺を教唆、実行させた。

ラインハルトハイネセンに到着したのち、言や拠からこの不名誉な暗殺教唆があきらかとなった。フンメルは詰問に対して陛下の御手をわずらわせることをおそれたため」と答えたが、ラインハルト「殊勝な心がけだが、それなレンネンカンプの軽挙を制するべきだったのだ。いまさらさかしげにふるまって予に恩をうるつもりか」とするどく反駁すると、フンメルを即日更迭してオーディンへ送還した。

能力と職務

フンメルは該博な法知識、課題を効率よく秩序立てて処理しう行政、そして勤勉さの三つをあわせ持つ、官僚としては優秀な人物であった。反面「精には独創的なものはいたってとぼしかった」とされるが、「なまじ独創性だの芸術的感性だのがゆたかな人物など、軍事占領行政に必要どころか有なだけ」であるから、高等弁務官の首席補佐官という役職において問題はなかった。要するにホーランドは駄ってことね

もとより帝国高等弁務官は「たんに外交代表というにとどまらず、同盟の政を監視し、帝国の利益を最大限に擁護しなくてはならない」役職でありながらも、その職権はバーラトの和約に明記されており、形式上は明確な独立である自由惑星同盟における権行使には限界があった。ゆえにこそ、その職権を極限まで活用するためにフンメルのような人間と知識が必要とされたのである。

こうしたフンメルと知識の一端が、ヤンを逮捕したときの進言にあらわれている。彼はレンネンカンプの計画の法的な瑕摘するだけでなく、従来の同盟法を活用することで、ヤンの名にも傷を付けうる、より有用な案を提示してみせている。こうした、同盟法を研究・利用して帝国敵を排する彼のなしようは、「知犯罪者めいたやりくち」とすら評されるものであった。

このように、レンネンカンプ高等弁務官にとってはフンメルは補佐役として満足すべき存在であった。しかし、レンネンカンプの死後に彼が行ったレベロ暗殺教唆は帝国にとってはむしろ不名誉につながるものであり、皇帝ラインハルトの不を買うこととなった。のちのエルネスト・メックリンガーの言を借りれば、彼もまた「獅子の友となりえぬ男だった」のであろう。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/02/07(木) 09:48:30 ID: bdNBYWSrDs

    和約期の現況及び後のハイネセン市民の反応から見て、艦隊を独断で処分したことが(仮に有罪だったとしても)ヤンの名誉を傷つけるかというと……勝手に売り払って年金の足しにしてたりバーミリオン戦で補給基地からじゃがいもトン横領したり職権濫用してフレデリカをむりやりにしたりとかならともかく。


    あくまで補佐官という立場というのもあるだろうけど、法律面では優秀だけどそこから一歩外に出るとその効果を理解していない、ある意味レンネンカンプにお似合いの部下なのかな

  • 2ななしのよっしん

    2019/02/08(金) 23:07:53 ID: XMvMpoeZI0

    ついにこのマイナーキャラにも記事が…涙が止まらないよ。
    どうでもいいけどこの人、ば~っかじゃねえの!?ハルパゴスにそっくりなんだけど、も分かってくれないんだよなぁ。
    かわかってくれる人いるかな?

  • 3ななしのよっしん

    2019/02/09(土) 10:46:27 ID: yQeqOqMiX8

    この人って訴訟ゴロみたいな悪徳弁護士イメージがあった。
    曲がりなりにも法の支配がある同盟社会は、彼にとっては「理想の狩場」に見えたんだろうな。

    ブラッケ&リヒターシルヴァーベルヒ同様、この人も旧王時代は何やってたのか気になる。
    あるいは、生まれは帝国だけどフェザーンに移住して訴訟社会で台頭したってキャリアの持ちだったのか。

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 02:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP