モハメド・アリ 単語

67件

モハメドアリ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

モハメド・アリ(Muhammad Ali)とは、アメリカ合衆国の元プロボクサーである。ケンタッキー州ルイビル出身。出生時名前はカシアス・マーセラス・クレイジュニア身長191cmリーチ203cm、体重80〜107kg。生涯戦績61戦56勝(37KO)5敗。1942年1月17日に生まれ2016年6月3日した。

概要

アメリカ史上、いや人類史上最高のスポーツ選手だとされるレジェンド中のレジェンド

やってのけたことが余りにも偉大過ぎるのでもはやスポーツマンというより人間の域を越している。

オリンピック金メダルを引っ提げ、プロボクサーとしてもヘビー級王者となり、リング誌のFighter of the yearを6度受賞するなど、アマプロ両方で頂点を極めた。

軽快なステップと鋭いジャブ、ファントムパンチを駆使し、のように舞いのように刺すと形容された麗なヒット&アウェイスタイル武器に、「スリラーイン・マニラ」や「キンシャサの奇跡」などに代表される番狂わせと名勝負を繰り広げたボクシング史上最も偉大な男。

プロレスラーであるゴージャスジョージリングインする前に行う「冷やかし」にを受けた豊富なボキャブラリーから繰り出されるトラッシュトークは独特な韻を踏んでおり、まだ「ラップ」という言葉ができる前からラッパーだったとされるなどラップでもある。今日に至るまでボクシングヒップホップが切っても切れない関係なのもアリが要因。

人生ボクシングに似ている。問題は倒れることではなく、立ち上がろうとしないことだ」に代表されるように名言も多い。

日本においては1976年アントニオ猪木を相手にして行われた異種格闘技戦イメージが強い。
プロレスにも関わらずほとんどのプロレス技が反則になるという異例のルールが定められたこの試合はアリキックからの見合い状態が続き世紀の大戦と酷評され、更にはヒザ裏に重度の血栓症を患うなど散々な内容だったものの、試合後は猪木に「ボンバイエ」を授け、猪木引退試合にパーキンソン病を押して駆けつけたり、2014年には「元祖総合格闘はモハメド・アリだろ?」とツイートするなど、本人的には思い出深いものだったことがえる。また、猪木が最後までTwitterフォローしていたのはアリ一人だけだった。

引退後は闘で蓄積されたダメージによるパーキンソン病に苦しめられ、長きにわたる闘病生活の末、敗血症ショックにより2016年6月に74歳でこの世を去った。

モハメド・アリとは様々な分野のパイオニアであり、イスラム教への宗やベトナム戦争での徴兵拒否などで国家を敵に回してまで己が信じる「正義」と「反抗」、そして「勇気」をその行動で如実に示して見せ、人種組みを一人で取っ払ってのけたスーパーヒーローである。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
麻倉もも[単語]

提供: (o・∇・o)

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/16(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/16(火) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP