今注目のニュース
レース付マスクを手作りした結果… 「ブラマスク」爆誕にネット歓喜
クルーズ船の乗客2人が死亡 下船して入院中だった80代日本人男女で男性には持病あり
関東地方で最大震度4 津波の心配なし

三菱・ギャランフォルティス単語

ミツビシギャランフォルティス

  • 2
  • 0
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

三菱・ギャランフォルティスとは、三菱自動車工業2007年から2015年まで製造・販売していた自動車である。

概要

 2000年発売のランサーセディアCS系)以来、三菱が7年ぶりに内で発売したセダンである。


 「ギャラン」と名前が付いているが、式名が「C」で始まる事からわかるとおり、もともとランサーの後継種である(実際、外ではランサーとして販売されている)。しかし、内ではボディが大化したことにより3ナンバーのミドルセダンになることと、かつてのギャランディアマンテユーザーを取り込むため、小セダンイメージが強いランサーの名前を敢えて使わず、ギャランの名前を復活させサブネームフォルティスをつけて発売した。
とりわけボディサイズが先代ギャランに近くなったため、三菱自動車社内においても「こんなのランサーじゃないギャランだ」というが多くあがったことも、ギャランの名前を復活させた理由の一つと言われている。
 尚、ランサーエボリューションⅩ(CZ-4A)はギャランフォルティスをベースにしているがこちらはランサーのままである。

 当初「ドライビングセダン」というフレーズとともに販売されたように、過さこそないもののその走行性の高さには定評がある。特にランエボベースになることを視野に入れたプラットフォームは同クラスセダンえた非常に高いボディ剛性を誇っており、コーナリングの安定性等、高い評価を得ている。特に「RALLIARTグレードはランエボの陰に隠れがちで立たないが、足回りはフロント/ヘリカルLSDリア/機械LSDを装備するACD付きフルタイム4WDというエボRSと同様の機構で、これを4B11ターボエンジンによりTC-SSTを介して駆動するという、地味三菱の本気仕様である。ちなみに「RALLIART」は2011年11月時点でデュアルクラッチトランスミッションを搭載するでは最も安く買えるでもある。
また、一方で最小回転半径は5.0mとかなり小さく、とり回しの良さも魅である。

 欠点については、長所の裏返しでボディ剛性の高さが招く重の増加により、他社の同クラスセダンべると一回り重い重になっている事と、内装がチープであるとの評価が、特にかつてのギャランディアマンテユーザーを中心に
あるということである。 
更に「ドライビングセダン」も時代の波には勝てず、エコカー減税に適合させるためマイチェンで排気量が2.0Lから1.8Lになってしまったことも悔やまれるである。

 しかし、エコカーばかりがもてはやされるご時世の中、はっきり言ってエコカー減税に適合させるためのマイチェンを実施されたギャランフォルティスであるが、マイチェン後もRALLIARTグレードがそのまま残っているあたり、その後の展開が期待されていた。

 なお、名のギャランフォルティスはフランス語の「勇ましい」「麗な」を意味する 『GALANT』と、ラテン語で「勇壮」「勇敢」を意味する『FORTIS』から。また、『SPORTBACK』は「スポーティー」と「ハッチバック」を組み合わせた造。 

初代(CY系、CX系)

 2007年8月発売。当初はベースグレードの「EXCEED」と18インチタイヤスポーツサスペンションを装備した「SPORT」の2グレードのみだったが、2ヶ後に内装を充実させた「SUPER EXCEED」が発売された。
さらに翌2008年7月にはかつてのVR-4ほどではないがターボチャージャー+ACD付きフルタイム4WD+TC-SSTを装備した「RALLIART」が発売された。

 また、同年12月には欧州仕様であるハッチバックモデルが「ギャランフォルティススポーツバック」として発売された。

 2009年12月にはマイチェンが実施され、エコカー減税の対となった。

 なお、この時のマイチェンで「RALLIART」を除く全グレードが4B112.0Lエンジンから4B101.8Lエンジンに換装された。

 2010年8月のマイチェンではエンジンの小良と電動パワステを4WD(RALLIART除く)へも搭載し燃費を向上。また「RALLIART」も点火プラグの換装、SSTの制御最適化により燃費向上を図る。ほか全グレードにて小良を施す。

 2011年10月のマイチェンでは「RALLIART」を除く全グレードでエンジンを4J101.8Lエンジンへ換装(アイリングストップ付き。MIVECもバルブタイミングだけでなくリフト量も変化するタイプへ)を中心とする良を実施。また、グレードが整理され、セダンで「SPORT」、スポーツバックで「TOURINGグレードが止された。

2014年末に「RALLIART」が生産終了、2015年初頭にはそれ以外のグレードも生産終了となり、終売となった。

関連動画

関連リンク

ギャランフォルティス&ギャランフォルティススポーツバック公式サイトexit

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/20(木) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/20(木) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP