単語

  • 2
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、数字の4を表す漢字である。

ニコニコ大百科仕様上、四、㊃、㆕がこの単語記事に対応します。

漢字として

Unicode
U+56DB
JIS X 0213
1-27-45
部首
画数
5画
音読み(常用)
訓読み(常用)
よ、よつ、よっつ、よん
Unicode
U+4E96
JIS X 0212
16-30
部首
二部
画数
4画
𦉭
Unicode
U+2626D
部首
画数
6画
𠁤
Unicode
U+20064
部首
画数
5画
Unicode
U+3283
Unicode
U+3195
意味
数の4、4回、4番、という意味がある。
字形
横棒4本による事。〔説文解字・巻十四〕では「陰なり。四分の形にる」とあるが、昔の字形は亖であり、と同様の形である。亖では三と紛らわしいので四の形を用いるようになったという。四の字形は呬から仮借したものという。じゃあ呬(息とか休むとかという意味)の四はなんの形かというと、口の形らしい。
音訓
音読みはシ(音、音)、訓読みは、よ、よつ、よん。
規格・区分
常用漢字であり、小学校1年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
説文解字〕では部首として扱われている(が、含まれているのは四だけ)。
四を符に持つ漢字に呬、、柶、、駟などがある。
・四悪・四夷・四・四君・四史・四肢・四書・四神・四・四大・四達・四知・四天王・四・四八十寺・四分五裂・四方・四方八方・四民・四面・四面楚歌・四欲・四六
参考
大字は

異体字

  • 亖は、〔説文〕にある籀文。JIS X 0212補助漢字
  • 𦉭は、〔説文〕や〔集韻〕にある古文
  • 𠁤は、〔字彙補〕にある異体字。

互換文字

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2017/12/08(金) 17:13:35 ID: RwD4zq+ynX

    古字であるは、部首「二」が下部にくるしい字。

    同様の字で現在も使われているものは多分「」しかない。
    」の「」は部首が「」である。

    古字の例:
    𠄤=純
    =斉(斎やは別字で、旧字体)
    =歳
    𠮡=
    =太・泰
    ※𣄾(=)は「下」の古字である「𠄟」が下部にある古字。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/26(金) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/26(金) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP