今注目のニュース
やるからには勝つよ『オーバーウォッチ』より「D.Va」がfigma化
許せない、、幕張メッセで行われた「ジャンプ」のイベントで撮影された少年達のひどすぎる行為が拡散され炎上!
上沼恵美子が賞賛「すごいな、松本人志さんて」

木下勝俊単語

キノシタカツトシ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

木下勝俊1569~1649)とは、戦国時代の武将である。
また歌人・長子としても知られた人物でもある。

概要

豊臣寧々(高台院)木下定の長男で、小早川秀秋。仙蔵。式部大輔従。通称若狭従。
ただしあくまでも俗説だが、豊臣秀吉の側室・子と前夫・武田元明の間に生まれた連れ子という伝承もある。

寧々との縁で木下定一族は豊臣秀吉に仕え、おそらく1584年の小牧長久手の戦い初陣1586年頃に、1598年頃に六万二千石の小になった。

と、ここまでは特に何も事績がない、豊臣秀吉の一門衆というだけで抜された織豊大名の一人にすぎなかった人物であったのだが、木下勝俊に試練が訪れる。そう、1600年の関ヶ原の戦いである。木下勝俊は東軍に属し、鳥居元忠らと伏見に籠した。一方西軍では小早川秀秋伏見攻略の攻め手の一人となり、兄弟で戦いが繰り広げられる…はずだった。

ところが、木下勝俊はとんでもない行動に出る。籠中のから逃走し、叔母である寧々のもとに駆け込むのである。こうして伏見が落し、関ヶ原の戦い本戦で東軍が勝利するなか、寧々に属し中立であった木下定と共に寧々の警護につき、悪く言えば何もしなかったのである。

その結果、この暴挙に徳川家康激怒。東軍方で数少ない易処分が行われ、大名の地位を失ったのである。さらに妻の森可成想をつかして出ていったそうだ。

1608年に木下定没後、木下利房とともに足守を相続し、再度大名に復帰した。が、木下勝俊はまたやらかす。相続分を独占し、木下利房に領地を与えなかったのである。その結果、徳川家康はまた激怒1609年に足守易され、木下勝俊はまた大名から転落したのである。

同時に易処分をされた、木下利房が大坂の陣で奮戦し、足守を再する一方、木下勝俊は京都に在住し、以後歌人として過ごしていった。歌人としては、細川幽斎に師事し、『挙集』などの著作を残し、「近世の和歌は長子こと勝俊に始まる」と称されたほどであったそうだ。

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける木下勝俊の力一覧。

創造で久々に登場しているが、やはりあまり値は高くない。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 60 智才 94 政才 142 71 野望 24
将星 戦闘 26 智謀 45 政治 61
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 24 智謀 45 政治 57 野望 11
蒼天 統率 22 知略 46 政治 45
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 31 武勇 29 知略 56 政治 56

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP