杉井ギサブロー単語

スギイギサブロー

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

杉井ギサブローとは、日本アニメーション監督である。

概要

1940年静岡県沼津市出身。

ディズニー映画バンビ」を見て衝撃を受け、アニメ業界入りを決意。しかし、どうすれば業界に行けるのか分からず、中学3年生の時に取り敢えず漫画家うしおそうじに子入り。

1958年になって類に東映動画(現・東映アニメーション)の人を紹介され、弱冠17歳で入社。長編アニメーション伝」では大塚康生の下でアニメーターとして参加。だが、同時に大塚仕事ぶりを見て『まぎれもない一つの挫折(本人談)』を感じる。

当時社内で流行っていた労働組合運動にも嫌気が差し、1961年東映を退社。すると手塚治虫アニメーションスタジオを作るという話を聞き虫プロダクションに参加。1963年から放送された日本初の本格TVアニメ鉄腕アトム」に演出の中心スタッフとして関わる。この時、同じく中軸として活躍したスタッフには富野由悠季りんたろうが居る。

その後、1967年出崎統奥田治、吉川惣司らとアートフレッシュ、1969年にはグループ・タックと複数のアニメスタジオを設立し、手塚治虫原作作品を中心に監督業を開始。

1974年には「まんが日本昔ばなし」の製作立ち上げに関わるが、これを最後に突如放浪の絵売りに転身。本人く「成り行き任せの業界が嫌になった」とのこと。ただ、この間にも家族生活費のために東京と連絡を取りつつ少しだけ演出業をしている。

1983年あだち充原作の「ナイン」で本格復帰。放浪中にあだち充漫画を読んでいたのが切っ掛けだという。

続いて1985年から監督した同じくあだち充原作の「タッチ」は記録的大ヒット作品となる。

また、「ルパン三世」のアニメ化の立案者であり、1969年の『パイロットフィルム』では作画を担当。しかし、1971年から始まったテレビ1stシーズン(所謂ジャケ)には参加せず、その後のシリーズにも関わらなかったが、四半世紀を経た1996年TVスペシャルトワイライトジェミニ秘密』で監督を務めた。

主な監督作品

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/09(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/09(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP