今注目のニュース
「引きこもりの弟がなんか作ってたから観てあげて~!」→緻密すぎるピタゴラ風装置に絶賛
「さすが女帝」「耳を疑った」 上沼恵美子、クッキング番組での発言が話題
“ランチも食べられる”スタバが銀座にオープン イタリアンベーカリーとのコラボで、デザートメニューも豊富に

牡蠣単語

カキ

掲示板をみる(101)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

牡蠣牡蛎カキ)とは、二枚の一種である。英:oyster(オイスター)。

概要

毎年、食中毒となる好者が絶えない、美味しいけどリスクのある食材。日本では広島を中心とした瀬戸内地方宮城三陸など)が産地として名高い。ほかにもサロマ佐渡伊勢志摩、久美湾、有明海などにも産地がある。

栄養価にも優れ、たんぱく質ミネラル分が豊富に含まれることから『海のミルク』とも渾名される。

Rの付く、つまり9月英語で「September」)から4月英語で「April」)までが食べごろとも言われる。ただしこの言葉は「牡蠣(マガキ)の産卵の時期にあたっておりその時期には味が落ちるため」であったり「冷蔵技術が未熟で鮮度管理がしづらかった時代の名残」であると言われている。冷蔵技術が進んだ現在では、牡蠣はともかく岩牡蠣(イワガキ)にはこの「Rの付く」という安は当てはまらない。岩牡蠣の旬はのころである。

洋の東西を問わず世界各地で古くから親しまれてきた食材であり、生、フライなどで食する。また、中華料理では蠔油(ハオヨウ)と呼ばれるカキベースにした調味料があるが、言うまでもオイスターソースのことである。

魚介類の生食があまり一般的でない西洋でもカキに関しては例外であり、カキに据えた料理店(オイスターバー)も多く存在する。むしろカキに限って言えば、生食の習慣は日本よりも西洋の方が先行しており、日本で生のカキを食べるようになったのは明治以降である。

そのため、日本では生食用と加熱用があるが、カキフライにして食すなら加熱用の方が縮まない上に殺菌処理を施していないので味が濃厚でオススメである。また、厳密には自治体によって生食用、加熱用の調理規定が異なっている。

方では、牡蠣(牡蛎)を音読みボレイと呼び、殻を用いる。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP