今注目のニュース
少年法、18・19歳の厳罰化へ 死刑宣告受けた元少年を支える牧師「犯罪の恐ろしさを考えさせられる」
あす9日 台風が発生し沖縄に接近 お盆休みに影響も
約100本のキャンドルを部屋に飾りプロポーズに臨んだ男性 火が燃え移り部屋が大炎上(英)

転売単語

テンバイ

  • 7
  • 0
掲示板をみる(298)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

転売とは、自分で買った物をさらに他人に売りつける行為である。

【貴重】解説0円スタート!! 【数量限定】

広義的な意味では商売人は全員が転売を行っている。

山にいる人はにいるが欲しくてもを獲る技術がい、山の中にいるからにいくまで多大な労がいる。を獲る人はを売る時間がい、欲しい人に売って運ぶ手段がない。その問題を解決するのが商人であり、の人からを買い、山の中まで運んでを買いたい人に売れる値段で売るのである。供給地から需要地へ、これが商売の基本であり、転売の基本である。発生自体は言よりも歴史は古い

但し現在では企業や商店が販売するものは大抵それを加工する、責任がある販売権を得るなどして最終的なエンドユーザー々に至るのが普通の買い物である。

インターネットの普及と転売屋

インターネット時代になり、とりわけネットオークションやマーケットプレースの普及により個人でも容易に転売が可なったことで、ある種の問題が表面化している。それは、商品を買い占めし、他の人が本来の価格で入手することの妨をしつつ、高額で商品を転売する行為の横行である。

生産数が限られており市場流通数量そのものが少ない各種グッズや、抽選制のコンサートチケット、何らかのイベント限定販売品やなど、多くの品物が転売されている。

これを専門に行う人達のことを、俗に転売屋と呼ぶ。

近年のそれは以前よりかに規模が拡大しており、転売行為が社会問題化している。

特にインターネットショッピングサイトの大幅な販売配送規模の拡大とその利便性向上に伴い、ポチると称される簡単かつ格安で大量のものをにものを言わせて購入できる世代により、人気商品をいとも簡単に多く仕入れることが可になり、さらにそれを見越して高値を付けてでも手に入れる消費者が増加している。

転売屋の善悪

本来物を購入してそれをどう使うかは自由である。しかし、転売行為については現在賛否両論である。

転売を容認するとして「転売されている商品の入手が困難であるから、さえ出せば自分が手に入れられるようにしてくれる存在はありがたい」というものがある。限定商品や同人即売会などは遠隔地の人には入手しづらい。また、生命の危機も感じられる長い行列に並ぶのは大変だし、交通費や時間、労を消費するというのは、大変な行為である。ゆえに「追加のを支払えば自分の欲しい物が楽に手に入る」という点だけを見た場合、一部の人にとって、転売屋はありがたい存在ということである。しかし、これに対し、「そもそも転売屋が購入しなければ、その分多くのユーザーが商品を入手できた。入手難易度を上げているのは転売屋であり、転売屋に活動資提供している転売屋利用者自身である」という意見がある。
ただ、それは現地にいる人達にしか適用されず、そうでない人が慢した所で自分は手に入れることができず、名前も知らないかが手に入れるだけであり、納得させるのは難しいのが現状である。

備考

なお、転売屋は必ずかるというものではない。自身の論見が外れれば原価割れで商品を売ることになり、必ずしもでもできる楽な商売とはいえない。また、近年まで存在しなかったわけでなく、人気ミュージシャンコンサート会場やボクシングプロレスなどの格闘技会場に必ず一人はいる『ダフ屋』とい呼ばれる存在はずっと前から当たり前に出没していた。これについては都道府県条例により違法とされている場合もある。

インターネット時代以前でも、商人が買占め必要な人に渡らず、暴動が起きた米騒動など、転売で起こる問題は古来より存在している。

また、人気を煽るためにワザと生産数量を絞ることでこの『転売効果』を強調する炎上商法ステルスマーケティング的な手法も近年増加傾向にあり、企業モラルも問われる事態が度々発生している。知名度、人気度に対して販売場所、個数が限られていて明らかでも買えるとはいえない販売方法もある。また、限定個数にもかかわらず、購入個数を制限しなかったせいで最初の人が全部買い占めたという事例もあり、店側の不手際による問題もある。

ただしあくまでも売買の自由約束している資本主義では供給地から需要地に転売をすることは商売の基本であり、全ての転売が違法だ、ということはないということも留意してもらいたい。

転売規制の例

2020年新型コロナウイルスの感染拡大を受けてマスク買い占め、高額転売が発生した。

これに対応し、日本政府2020年3月民生活安定緊急措置法の政正した。15日に施行され、これ以降は購入価格をえる価格でマスクネットオークションなどで販売すると違反になる。罰則は1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰[1]

同年5月26日からは、消毒等用アルコールも転売禁止対に追加された。[2]

関連動画売ります!格安!!

転売に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品は他では売ってません

関連コミュニティ、NCNRで

転売に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目!送料負担!!

脚注

  1. *マスク高額転売「懲役1年か罰金100万円以下」にexit 2020.3.10
  2. *消毒用アルコール、転売禁止が決定exit 2020.5.22
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/08(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/08(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP