今注目のニュース
「おがすげなものは投げねでけろな」 山形弁全開!他県民には難解すぎる注意書きが話題
ビットポイント、仮想通貨流出で緊急会見 「原因は調査中」 ホットウォレットの秘密鍵、窃取か
キモくてうまい! 高校生と地元企業が共同開発したヌメッとリアルな「オオサンショウウオこんにゃく」が話題に

聖獣単語

セイジュウ

掲示板をみる(83)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
曖昧さ回避 以下の項に関するレスポンス当該記事でお願いします。

聖獣とは、人々に崇め奉られるたちのこと。ともいう。

概要

簡単に言えば、人間を災いから守るたちの事をす。
神社や宮殿などに動物をかたどった像が置かれているのを知っている、もしくは見たことがあるという人は多いであろう。
それが聖獣の像である。なぜ聖獣の像を配置するのかというと、聖獣がなる地(聖地)を守る守護だからである。

しかし、後述のように場所が変われば扱いが変わる者たちもいる。このあたりは宗教における悪魔などと同じであるため、彼らのことを話題に出す際には、周囲への配慮を忘れないよう心がけた方が良いだろう。

四神

多くの人が知っているであろう青龍朱雀白虎玄武の四体は「四神」と呼ばれている。

中国神話の四方それぞれをる聖獣であり、京都の四方にも配置されていた。

魔獣との違い

さて、資料によっては魔獣とか悪魔扱いされたりするヤツもいるのだが、これはどういった違いがあるのか。

それは人々を守る役割も持っているか、彼らが崇めるへ恩恵を与えるかなどの違いによるものである。だが、扱われる書類によって違うのもあるので注意。

例えばフェニックス不死鳥火の鳥の代名詞であり、エジプトより現れたとローマギリシャ人が書き記しているとあるが、一方ではソロモン72柱序列37番の大いなる侯爵として扱われる場合もある。

また、ピラミッドと共に知られているスフィンクスファラオを守護し敵を打倒する聖獣であるが、古代ギリシャでは自分の出したなぞなぞに答えられなかった人間を食べてしまう怪物として恐れられていた。

主な聖獣の皆様

聖獣を扱った作品の一例

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP