韓国学校 単語

38件

カンコクガッコウ

2.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

韓国学校とは、韓国人のための学校である。

概要

在日韓国人の児童へ韓国語によって教育を行う学校大阪に2校のほか京都東京茨城の各都府県に1校ずつ存在する。各種学校である東京韓国学校を除いては、学校教育法上の一条校であることが北朝鮮側の朝鮮学校との大きな違いである。
建前上は日本法律に則ったカリキラムに従った上で民族教育を行っているとされる。

用地問題

日本死ね騒動といった待機児童の問題が起きている中、2016年3月16日に都立商業高校跡地へ韓国学校を新設することを当時東京都知事だった舛添要一が決定し、大きな問題となっている。現在新宿区小学校の仮校舎として使用している同校跡地だが、その込地区一帯は待機児童が現在でも多く、更に今後大幅な増大が見込まれるとして新宿区が都へ借用の交渉を行っていた。保育所のための用地が足りないため、ここを取得して区営の保育所を新設する計画を立てていたのだ。

これに対し東京都側は新宿区の要請を突っぱね、韓国側へ土地を貸し出し韓国学校を新設することを決定した。添知事が有権者である都民の待機児童問題を置き去りにすることへの非難が上がる一方、新宿区には既に韓国学校が1校存在しており、都内の一等地への建設そのものへの是非を疑うが上がっている。

2016年6月21日舛添要一東京都知事を辞職。
新しく東京都知事になった小池百合子は土地を有償貸与する計画について「白紙に戻す」と明言した。

問題の経緯

建設反対派の主張

  • 都は都民の利益のために働くべきであり、都民への福を差し置いて他へ利益を図るのは間違っている。
  • 都有地は都民の財産なのに、そこに韓国学校を建設しては都民が活用できなくなる。
  • 憲法違反である。
    • 日本国憲法第89条その他の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又はの支配に属しない慈善、教育若しくは博の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。」に抵触する恐れがある、という
  • この件は舛添要一1人の独自外交のための政治パフォーマンスでしかない。
  • 他の々の外国人学校は自で土地を確保し校舎を建設しているのに、韓国だけ土地も校舎も提供する特別扱いするのはいかがなものか。
  • 防衛省の本部がある韓国学校を建設するなど言
  • 韓国に恩などない[2]
  • 反日国家である韓国へ利益供与を行うのがそもそもおかしい

などいろいろなが行われている。

建設擁護派の主張

  • 老朽化したソウル日本人学校を移転した際にソウルが協したのだから、東京都も恩返しとして協するべきである
    • なお、移転であって新校の開設ではないという違いがある。用地買収にソウルが一役買ったことは事実だが、それまで日本人学校があった敷地をソウル側が活用したいという思惑もあったと記すに留める。
  • 在日も「都民」なのだから、韓国学校を建てることはおかしいことではない
  • 使われなくなった高校の校舎の使用法として、ここを取り壊して保育所を建設するよりも適切である
    • なお、その事実自体が「都民を差し置いた他への利益供与である」と言われている(校舎も都の財産である)ほか、新宿区としては隣接する敷地の小中学校の用地として利用する考えもあった(この地区では待機児童に限らず子供の数自体が増えている)ため、区が校舎を再利用する可性もある。
  • ここへ建設するものが韓国以外の外国人学校であったら、ここまでの騒ぎにはなっていない
  • 反対するやつは皆レイシストでありヘイトスピーチである

などなど。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *増田寛也と小池百合子
  2. *石平太郎のツイートexit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
ニコニ広告[単語]

提供: E.A.Crowley

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/21(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/21(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP