騎兵単語

キヘイ

掲示板をみる(57)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

騎兵(きへい,Trooper,Cavalry)とは、に乗って戦う兵士(兵種)の事である。

以外にも、砂漠地帯で活躍してきた駱駝騎兵(らくだきへい,Camel cavalry) などが存在する。

近年はゲームか、戦騎兵と呼ぶこともあるようである。

また欧の現代軍においても儀兵の他、に伝統的な呼称としてロマン的に使用されている場合がある。(アメリカ陸軍第一騎兵師団、イギリス王室騎兵連隊など)

概要

古代中世近代以前の戦争においては、その高い機動と集団を組んだ際における衝撃で他の兵種を圧倒する戦いが出来た。

また、その高い機動を買われ偵察・伝・警行動などに使われ、機動と攻撃を生かして奇襲・突撃・追撃・背面攻撃・側面攻撃といった多な戦術に組み込まれていた。

なお、現代では騎兵の担っていた任務は機甲兵ないし戦車兵に引き継がれたとされ、今でも「騎兵」を名乗っている部隊はに機甲偵察を任務とする場合が多いほか、実質は機甲部隊である例も存在する。ただし、戦車歩兵支援を初期の的として誕生した兵器であり、騎兵から直接機甲兵に進化したものではない。

関連動画

関連商品

騎兵に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 55ななしのよっしん

    2021/09/22(水) 16:22:15 ID: tpMwYiHEsu

    >>53
    特別な事例で中隊サイズまでとなると、多くて150騎のまとまりだから、やはり大規模運用は行われていないというべきだろう
    中世後期のヨーロッパも(日本ほどではないが)較的起があってもあったが、本格的な会戦だと1000騎ぐらいは騎兵を集中させていたからね
    また、百年戦争期のイングランドが下騎兵として重装騎兵を用いていた(一方、ロングボウ兵は乗歩兵で、戦場外ではで移動した)ことを考えると、武田あたりも、150騎の独立部隊が戦闘に巻き込まれた際には、かなりの程度が下してたりしてたんじゃない?

  • 5653

    2021/10/09(土) 23:18:18 ID: nxsAY1IEgI

    >>55
    一応補足すると規模については岩付衆の編成で上衆500余騎で奉行5人と書いてあったので小隊~中隊と書きました。
    尚、岩付衆は全体で1600人弱です。

    また、騎乗戦闘については信長公記に記述が残っています。

  • 57ななしのよっしん

    2021/12/11(土) 18:44:11 ID: 5isp1odXRk

    >>54
    シャテーナル(ザンブーラキ)というのが中近東で既にあった
    ラクダだがでも運用されてる

    どっちもそこまで流行らなかったからやはり使いにくかったっぽい

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/18(水) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/18(水) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP