今注目のニュース
「自殺教唆」で三菱電機の教育主任が異例の書類送検 「会社の社会的責任も追及すべき」
「被害者に”お前が止まらなければ!”とか言われたくない」横断歩道を渡ろうとする歩行者がいたので停車したら後続車がヤバすぎる運転をして物議!
『キングダム ハーツIII』のDLC「ReMind」発売日が明らかに。1月23日にリリース決定、価格は3800円に

魔導書の神判単語

マドウショノシンパン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(92)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

魔導書の神判とは、遊戯王OCGカードである。2014年2月現在禁止カード

概要

LORD OF THE TACHYON GALAXY」(2013年2月16日発売)で登場。

速攻魔法
このカードを発動したターンエンドフェイズ時、
このカードの発動後の自分または相手が発動した魔法カードの枚数分まで、
自分のデッキから「魔導書の神判」以外の「魔導書」と名のついた魔法カードを手札に加える。
その後、この効果で手札に加えたカードの数以下のレベルを持つ
魔法使いモンスター1体をデッキから特殊召喚できる。
「魔導書の神判」は1ターンに1枚しか発動できない。

※「LORD OF THE TACHYON GALAXY」収録のカード(LTGY-JP063)による

発動ターンに発動された魔法カードの数に応じて「魔導書」をサーチし、さらにその枚数に応じてデッキから魔法使いモンスターを特殊召喚できる。


まず、「グリモの魔導書」で「セフェル魔導書」をサーチし、セフェル墓地のグリモの効果を適用して適当魔導書をサーチ、使用すればそれだけでエンドフェイズに3枚の魔導書サーチが約束される。このカードを含めても消費したカードは2枚のはずだが、なぜかエンドフェイズには手札が増えている(セフェルに必要なモンスターを出しておく必要はあるが、コストにするわけではない)。
手札に「魔導書士 バテル」とこのカードの2枚があれば、このコンボは達成可。セフェルに必要な魔法使いもバテル自身で条件を満たせる。

また、別に魔導書を発動しなければサーチできないわけではないので、「トゥーンのもくじ」を使えば損失0枚(正確にはこのカードの分1枚だが、後半の特殊召喚も入れれば差し引き0)で3枚のサーチが可

その上、魔導書自体のスペックも低くなく、サーチに始まり、攻撃強化(サーチ付き)に魔法耐性、ドロー(除去したら生)、種別を問わないカード除外などなど、いろいろとっている。

さらに魔導書を利用するモンスターのほうも、手札の魔導書3枚を見せて(「捨てて」ではない)特殊召喚でき、手札か墓地魔導書コストに万除去ができる「魔導法士 ジュノン」などがっている。前述の3枚を発動すれば、エンドフェイズにこのカードの効果で3枚をサーチし、さらに「魔導教士 システィ」を特殊召喚してその効果でジュノンをサーチすることで、次のターンにはジュノンが出せてしまう。ついでに2枚判も一緒に手札に入れておこう。

ちなみに、ジュノンで除外した魔導書普通ならもう使えないというデメリットになるはずだが、「アルマの魔導書」で手札に回収可。そのアルマ自体もこのカードでサーチできる。

遊戯王は基本ルールとしてマナなどのカード発動コストを特に設定しない(個別に手札やライフを要するものはある)ため、手札の枚数がそのまま行動の限界となるのだが、そのようなバランスカードゲームにおいて、損失を0にできるどころか使えば使うだけ手札が増えるというだけでもかなり強いことがわかる。

同名カードのサーチは不可能になっているが、「グリモの魔導書」などほかのカードでサーチはいくらでも可であり、しかもそのサーチ用のカード自体をこのカードで呼びこめてしまうため、あまり大きなデメリットとはならない。


サーチだけでも強だが、加えて特殊召喚の効果付き。
前述のシスティのほか、有用な魔法使いモンスターをいろいろと使える。「昇霊術師 ジョウゲン」を出しておけば、相手の特殊召喚を封じて防御が可。その他、当時の環境では墓地除外を封じる「霊滅術師 カイクウ」なども強であった。


強いてこのカードの弱点を挙げるなら、サーチが優れすぎているため、エンドフェイズの手札上限6枚をえる恐れがある点。
とはいえ、どうしても気になるならば上限以上にサーチしなければいいだけの話であり、また、仮に墓地へ捨ててしまってもジュノンや「ゲーテの魔導書」のコストとして使いがあるので駄にはならない。

ほかの弱点としては、サーチしたカードは次の自分ターンまで待たねば使用できない点。
これも、「一時休戦」を使えば少なくともライフを減らされる恐れはほぼなくなり、後は前述のジョウゲンなどを出しておけばほぼ相手の反撃の芽は摘める。


元々魔導(書)自体は、大会上位になるほどデッキではなかったはずだが、このカードの登場で一転、征竜環境を二分するトップデッキと化した。このカードの対策となる「闇のデッキ破壊ウイルス」や「ドロール&ロックバード」などの採用率も急上昇、大会の環境を大きく変えた。
青き眼の乙女」の登場で、シンクロ召喚や「青眼の白龍」という攻撃を手にして1ターンキル(1ショットキル)も容易になり、大会上位デッキタイプに【征竜】や【魔導】が並ぶこともしくなくなった。

こんなカードだが、初出でのレアリティノーマル

このように流行したため、2013年9月1日制限改訂で、制限カードからいきなり禁止カード定された。登場から禁止まで197日という速度で禁止定と相成った。
この訂では、魔導環境を二分した征竜キーカード4枚(通称「子征竜」)も禁止定を受けており、この4枚のうち2枚は登場から169日で禁止定となっており、禁止最速はこちらになっている。

雑記

後半の特殊召喚効果の存在から、「神の警告」で効化されてしまう。
とはいえ、先攻1ターンに使われたら防ぎようがない。この場合の防御手段は「ドロール&ロックバード」など、非常に限られる。

速攻魔法なので、相手ターンにも発動可。相手が発動した分の魔法カードもサーチ枚数にカウントされるので、相手ターンの初めに発動しておけば相手を牽制することができる。手札に複数枚たまってしまった場合の使い

カードモチーフタロットの大アルカナ20番、「審判」(JUDGMENT)か。正位置で「復活、結果」、逆位置で「行き詰まり、悪い知らせ」などの意味を持つ。対応するアルカナフォースは未登場。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 90ななしのよっしん

    2019/01/08(火) 22:17:48 ID: +4uDUxWCQ1

    今でこそぶっ壊れってのが共通認識だけど、出た当初は「魔導は増えた手札を活かせるデッキじゃないから環境取れるほど強くならない」、「特殊召喚効果も魔導じゃあまり意味がない」、「判は過大評価」みたいな意見が当の魔導使いから出てたからな
    コンマイ恣意的に強くしたわけじゃない可性もある(どうせリクルート先もシスティジュノンくらいしか想定してなかっただろうし)
    ジョウゲンの存在を失念してたのと、この後眼ストラクを発売したのは何考えてんだと思うけど

  • 91ななしのよっしん

    2019/05/08(水) 02:54:02 ID: 4CCX53Ga5K

    いや情報出た時点で
    どっちか1つのみ1ターンに一度じゃないの?
    それなら通常魔法じゃないの?
    何で魔導と名の付くモンスターじゃないの?
    とか魔導使いもそれ以外からも明らかに頭おかしい事になりだしたと言われてたよ

  • 92ななしのよっしん

    2019/10/17(木) 22:52:24 ID: Uftj8FLDDY

    2枚引くだけのカード永久BANゲーム
    条件付きとはいえ複数サーチにモンスターのサーチ+タダ出しがオマケにつくとか何考えて作ったんや・・・

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/11(水) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/11(水) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP