今注目のニュース
ビットポイント、仮想通貨流出で緊急会見 「原因は調査中」 ホットウォレットの秘密鍵、窃取か
有吉、女性のヒール着用見直す動きに共感「ヒールはずっと履いてられない」「普通の靴のほうが動きやすい」
「インターンシップで企業は本来の姿を見せていない」識者が指摘 入社後のミスマッチで離職率が上がる傾向

IPv6単語

アイピーヴイシックス

掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

IPv6(Internet Protocol version 6)とは、現在インターネットので用いられているIPv4(TCP/IPIPの部分)の後継である。

概要

詳しい解説はインターネット上にあふれているので、ここではあえて庭用ルータの設定をちょっとかじるレベルの人を対に簡潔に解説する。

なぜIPv6なのか

インターネットにつながるコンピューターの数が増えて、コンピューターに割り当てるIPアドレスが足りなくなったから。もちろんいろいろ良はされているが、IPv6導入によりパフォーマンスが劇的に善するといった類のものではない。IPアドレスの不足さえなければIPv6への移行の話は出てこなかったと思われる。

なぜIPv5でないのか

インターネットIPアドレス等の資を管理していたIANAという組織がある(現在ICANNに移管)。IPv4やIPv6の番号はこのIANAでの管理番号に該当し、5番の管理番号はST-IIという別のネットワークプロトコルに割り当てられていた。そのためIPv4の次のプロトコルには5ではなく6が割り当てられた。

何が変わるのか

事実限のIPアドレスを使用できるようになるので、グロバルIPアドレス一家に一つから一台に一つになる。

アドレス表記について

IPv4が32ビットを4つに分けて4つの10進数(0~255)で表されるのに対し、IPv6は128ビットを4桁×8つの16進数に分けて表記する。0がたくさん入ることが多いので省略法が決められている。

IPアドレスの表記法

ルータはもう守ってくれない?

庭用ルータの設定をよく見たことがある人は、IPv4には多数ある設定項がIPv6にはほとんどなくなっていることに気づいたかもしれない。もし、IPv6対応に切り替えるつもりであるならば、ファイアウォールルータでなく個々のPCに設置されるという点を意識する必要があるだろう。

IPv4でのファイアーウォール

これまで、「ルータを通してインターネットに接続すれば侵入されにくい」といわれてきたのは、ルータがLAN内のPCからの要があった時以外は、外から中へのパケットを遮断して内部のPCを外部から隠していたからである。

IPv4 自宅
サーバ インターネット

ルータ
(ファイアーウォール)
有線・無線LAN

PC
(ファイアウォール)

たとえPCファイアーウォールの設定を間違えても(たとえば、リモートデスクトップ接続をLAN外からも受け付けるように設定していたとしても)、ルータファイアーウォールではじかれるために、実際に被害が起きることはなかった。

IPv6でのファイアーウォール

IPv6では、個々のIPアドレスグロバルアドレスになるので、外からの接続もIPv6アドレスがわかれば可になる。外からの接続をはじくのは個々のPCが持つファイアウォール仕事になる。

IPv6 自宅
サーバ インターネット

ルータ
(原則として全パケットを通す)
有線・無線LAN

PC
(ファイアウォール)

もちろん、IPv6でもルータファイアーウォールの役をさせることは理論上可であるが、IPv6対応をうたう販のルータというのは、基本的にこの構想に基づいて設定されている。

従って、もしPCの設定を間違えて、たとえば、リモートデスクトップ接続をLAN外からも受け付けるように設定してしまうと、IPv6のアドレスが相手に分かると(相手にパケットを送ったらその中には自分のIPアドレスが含まれている)、相手は外部からリモートデスクトップ接続を試みることができ、パスワードなどの設定が甘いと、そこからログインされてしまうという事態も考えられる。

これを避けるためにIPアドレスが変わったりする仕組みもあるが、ここでは解説しない。

いつ、何をする必要があるのか

IPv6推進に熱心な方々には申し訳ないが、サーバを外部に向けて運営している人を除けば、将来はともかく2012年12月時点ではまだ何もする必要がないといえる。

本当に対応が必要になるとすれば、IPv6アドレスしか割り当てられないサイトが本格的に増えてきたときだと思われるが、2012年12月時点でIPv4アドレスの割り当てを受けていないためIPv6でしかアクセスできないサイトは、実験的なサイトのみである。

IPv4しか対応していないサイトにIPv6で接続しようとすると、「IPv6で接続を試みて失敗してからIPv4接続する」という手順になるため、パフォーマンスが落ちることさえある。

IPアドレスの元締であるIANAの在庫は2011年2月になくなり、IANAから割り当てられた在庫をアジアで割り振りするAPNICでも枯渇し始めていることから、日本でもIPv4のアドレスがもらえずIPv6でしか接続できない一般サイトが出てくるのは時間の問題と思われる。ただ、2012年12月時点ではまだそういうサイトは出ていない。

関連動画

動画の数からもIPv6の時代はまだ来ていないことが伺える。

関連商品

プロバイダの方から来ました。このたびインターネットはIPv6に切り替わることになりましたので、ルータをIPv6対応のものに交換しないとインターネットに接続できなくなります。是非この機会にこの最高級ルータをご購入下さい。」というような訪問販売が来ても応じる必要はない

最近の製品であれば庭用であってもほとんどのルータはIPv6対応ができており、またPCスマホOSもIPv6に対応はしているので、IPv6に切り替えるとしても設定の変更だけで済むことが多く、ハードウェアの変更が必要な環境はかなり少ないと思われる。

関連リンク

関連項目

無関連項目

掲示板

  • 21ななしのよっしん

    2018/11/28(水) 13:50:40 ID: tS1JkQb3uY

    >>17
    トラフィックベースだとIPv6に対応してるYoutubeNetflixだけで
    世界の3割以上、北だと5割以上のトラフィックを占有してるよ。

  • 22ななしのよっしん

    2019/03/02(土) 12:57:01 ID: 81isEOLEAG

    他所がIPv6で高速化してきてるのに、プロトコルの問題で実効通信速度でも差をつけられたら先見の明がなかったと言われるね。

  • 23ななしのよっしん

    2019/05/17(金) 20:06:50 ID: T2y+a8dC2y

    つべabemaで対応したから間でもかなり速い
    ニコニコは逆に帯域制限かけてるから最後までやらんでしょ
    帯域制限かけてプレミアム誘導
    ユーザーへってるのに軽くならない理由がコレで
    昔は平日の午前5時とかみてたけど混雑してますと止まってたのがわらえた
    サービス開始の1-2年ぐらいは明け方だけは爆速だったから良かったんだけど、このサイトは品質をわざと落としていったのがダメな所だな

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP