MOTHER3単語

マザースリー

2.3千文字の記事
掲示板をみる(970)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(21)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

MOTHER3

奇妙で、おもしろい。そして、せつない

カエルMOTHER3とは、2006年4月20日GBAソフトとして任天堂から発売されたRPGである。

概要

MOTHER3 タイトル画面

当初はSFC向けソフトとして開発されていたが、64DD、その後にN64向けソフトへと計画が幾度も変更。当初はサブタイトルがついており、開発が進むにつれていろいろ(キマイラ王の最期、帰ってきたどせいさん等)と発表された。
だが、延期に延期を重ねた末、GCの発表もあり、結局色々あって2000年8月開発中止が発表されてしまった。

しかし2003年4月に放映されたGBAソフトMOTHER1+2』のCMにおいて、

はしごごっこどせいさんまさ゛ー3 も け゛ーむほ゛ーいあと゛は゛んす て゛

つくってるて゛す。 ゛んまけん。

という衝撃的かつ正式な開発再開発表が行われた。ちなみに『MOTHER1+2』の発売もこのCMで初めて発表されたため、MOTHERシリーズGBA移植と『MOTHER3』の復活という2つの話題ファンの間で同時に駆け巡った。

そこからさらに3年後、発足からは実に12年の難産であったが、2006年4月にようやく本作は発売された。

序盤で非常に重いイベントが発生するため、2のノリでやっていると確実にむので注意。
また出てくる敵も「作られた」怪物ばかりなのでその点でも1、2のような敵として登場する「純な」動物は少ない。
前作のトラウママップムーンサイド」の様な狂気世界も存在する。

トーリが章仕立てになっており、それぞれに主人公が決められている。特に第三章の主人公サルサは防具が装備できない代わりに「サルまね」 で相手の攻撃をやり返すことが可PSIが使えないのにPKだろうが大砲だろうが問答用でやり返す)。また前作のようにNPCが一時的に仲間として加わることがある。

第四章からこのゲーム主人公リュカが使用可になる。またリュカは『スマブラX』にも登場している。

2015年にはWii Uバーチャルコンソールでの配信が決定、12月17日より配信中である。

MOTHER3のドラムロールシステム

前作から引き続きドラムロールが存在する。基本的なシステムは前作と一緒だが微妙に変わっており、受けたダメージHPが0になった場合、減少中に回復してもダメージリセットされるわけではない。
前作ではどんなにHPが0になるダメージを受けても回復が間に合えばその時点で減少はストップし、回復量分増加するが、
今作ではガッツいのでダメージを受けた時点での現HPは0と判断される

ため、減少中に回復させるとHP0からの回復となる。
よってダメージ値よりも回復量が少ない場合、その回復量まで減少は続く。

以下例

  1. 致命的なダメージを受けた後HP60台でHP120回復
    • HP120まで回復する
  2. 致命的なダメージを受けた後HP160台で120回復

主な登場キャラ

リュカ

NINTENDO64版

本来の『MOTHER3』は、『2』の発売から割と間もない1994年ごろ、SFC向けに開発がスタートした作品だった。
それがN64の登場と共に、先述のように同機向けのソフトとして企画が変更された。
既にストーリー子は完成していたが、全12章と、製品版よりもさらに長い予定だったようだ。
また、糸井によれば、GBA版よりもどぎつい描写が多かったとか。 

この段階の本作は、フィールドキャラクター3Dポリゴンで描かれたフル3DCGグラフィックの作品で、どちらかというと当時人気を博していたFFシリーズに近い雰囲気を持っていた。
現在残っているトレーラーを見ればだいたいわかるだろう。

懐かしの振動パック対応である。

このトレーラー1999年のもので、字幕すとおり、本来ならば2000年5月に発売予定だった。
しかし実際には、この日を過ぎてもなお開発は終了しなかった。既に開発開始から6年が経過していたのにも関わらず、であった。
結局、2000年8月をもって、任天堂は開発終了を決定。
3年後に企画が再スタートするまで本作は休眠状態に入り、GBA向け作品に決定したことで、このN64版『MOTHER3』は永久に封印されることになった。

ちなみに以下は、当時発表されたサブタイトルである。いずれも、製品版のストーリーに合致している。

余談・その他

  • 2006年時点のインタビュー記事において、糸井は『MOTHER4』を作る気はないとしている。ゲームの作り方や遊ばれ方も時代とともに変化してきており、「今後は作品規模も制作環境も小さく軽いものになっていくだろう」との見通しを話している。 [1]

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

ピコカキコ

あいのテーマ
245
MOTHER3について語るスレ >>10
MOTHER3 愛のテーマ FC音源
2212
MOTHER3について語るスレ >>35
悲しみのタツマイリっぽいもの
1787
MOTHER3について語るスレ >>29
ひらけ!ゴマどうふ
2246
MOTHER3について語るスレ >>38

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *『MOTHER3』の気持ち。 (ほぼ日刊イトイ新聞 2006-05-02-TUE)exit
この記事を編集する

掲示板

  • 968ななしのよっしん

    2022/01/02(日) 14:10:18 ID: l7DFhbWKE3

    >>962->>965
    スペースワールド99の体験版ならワンチャンないかなあ
    (任天堂ソースコードが残っているかはさておき)

  • 969ななしのよっしん

    2022/01/22(土) 07:25:52 ID: m96YzkWYx8

    現代RPGめてた人。からは違うものって思われてもしかたない出来。4章かららしくはなるけど一応発展させただけの異世界だし結局は。

  • 970ななしのよっしん

    2022/01/23(日) 17:31:00 ID: 0inD6FdFZa

    タネヒネリ島の狂った感じは好きだったわ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/24(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/24(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP