今注目のニュース
「コモドール64」の復刻コンソール「THEC64」12月5日に発売決定。オリジナルを再現したキーボード型の本体に64本のゲームをインストール、外部プログラムの動作も可能
Facebookの仮想通貨「Libra」の価値は何か 日本の法的解釈は
エモい? イオンモール名古屋みなとの現状に注目あつまる

Ninja250単語

ニンジャニヒャクゴジュウ

掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Ninja250RおよびNinja250とは、川崎重工業が販売している250ccクラスオートバイの名称である。

概要

85年発売のGPZ250R(冷まで遡ると79年のZ250FT)より受け継がれる高回転250ccDOHC4バル冷並列2気筒エンジンを最新の排出ガス基準に対応させるため大きく設計変更して搭載している。
 日本ではツアラーZZR250の後継種という位置づけであるが、ベースになったのはその先代種で北等で最近までラインナップされていたGPX250Rであり、同とはスポーツ性重視の軽快なハンドリングや鋼管ダイヤモンドフレームなどの共通点がある。(ちなみにGPX250Rの北での名称もNinja250Rであった。)

 Ninja250R (2008 - 2012年モデル)

ninja250rライムグリーン2008年発売。外見は同社のスーパースポーツであるZX系をモデルにしているが、先代種と同様の高い位置のセパハンを採用しており、ネイキッドやツアラーのような自然なライディンポジションになっている。さらに中低速域から扱いやすいエンジン特性もあり、快適な乗りやツーリング、軽快なスポーツ走行などあらゆる用途に使える万スポーツアラーとなっている。

発表当時、GPZ900Rのペットネームであった"Ninja"を名にしたことに一部で物議を醸したが、排出ガス規制強化により普通自動二輪クラス人気だった直列4気筒を中心に多くの種が生産終了していく中で発売された種は、最近の普通二輪では重なフルカウルや、扱いやすさ、安めの価格設定(後に値上げしたが)などから250ccクラスを代表する人気種となった。

 

Ninja250

(2013-2017年モデル)

2012年8月フルモデルチェンジが発表された。現行のZX系や大排気量のNinjaシリーズと共通したイメージの二眼ライトを持つデザインに変更し、エンジンフレームの再設計、リアタイヤワイド化、デジタルメーターの採用など大幅な刷新が行われた。さらにABS仕様ラインナップされた。これに伴い、名が『Ninja250』に変更された。日本国内では2013年2月に発売。

なお、海外の一部地域では排気量を296ccに拡大したNinja300が販売されている。アシストスリッパクラッチを搭載しており、2015年モデル以降の250にも搭載された。
さらに、ネイキッドストリートファイター) 版であるZ250も販売されている。

(2018-)

Ninja250Rが火をつけた250フルカウ市場にもYZF-R25CBR250RRなど強ライバルが出ってきた中、2017年10月に発表された。体、エンジンともに全新設計となり最高出R25,cbr250RRを上回る39ps/12500rpm、車両重量は先代ABS仕様より7kg減の167kgとパフォーマンスは大幅に向上している。
また、これまではNinja650と共通体であったNinja400250と共用したグロバルモデルになる。

Ninja250SL (Ninja RR mono)

日本国外向け車両として販売されていた2st150ccNinja RR(KRR ZX150)の後継種としてネイキッド仕様Z250SLとともに2014年に発売された。新設計トレリスフレームにKLX/Dトラ単気筒エンジンを高回転セッティングして搭載している。トップブリッジ下にマウントされた低いハンドル位置と150ccクラスの軽量コンパクト体で、よりスポーツ性を重視したスタイルとなっている。日本国仕様2015年4月に発売。

スペック

R(2012最終モデル) 無印(2014モデル)
形式名 JBK-EX250K JBK-EX250L
全長 2085mm 2020mm
全幅 715mm
全高 1110mm
ホイールベース 1400mm 1410mm
最低地上高 130mm 140mm
シート 775mm 785mm
車両重量 168kg 172kg(通常)
174kg(ABS付き)
最小回転半径 2.7m 2.4m
エンジン形式名 EX250KE
総排気量 248cc
冷却方式
気筒数 並列2気筒
ストローク数 4ストローク
吸排気弁構造 DOHC4バル
内径×行程 62mm×41.2mm
圧縮 11.6 11.3
最高出 31PS/11000rpm
最大トルク 2.1kgf/8500rpm
エンジン潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル使用量 1.7L 2.4L
燃料供給装置 燃料噴射装置
使用燃料 レギュラーガソリン
燃料タンク容量 17L
燃費 40km/L(60km/h定地走行テスト値) 40km/L(60km/h定地走行テスト値)
25.7km/L(新基準 WMTCモード値)
エンジン始動方式 セルスターターのみ
点火方式 電子進トランジスタ
クラッチ形式 湿式多
トランスミッション 常時噛合式6速MT
タイヤ 前:110/70-17 54S
後:130/70-17 62
前:110/70-17 54S
後:140/70-17 66S
ブレーキ 前:290mmシングルディスク
後:220mmシングルディスク
ABS なし メーカーオプション設定
サスペンション 前:Φ37mm正立テレスピック
後:スイングアーム式・モノサスペンション
フレーム形式 ダイヤモンド
製造 タイ王国 タイ王国日本
価格 53万3000円~ 53万8125円~(通常)
603225円~(ABS

関連動画

20082012年モデル

2013年2017モデル

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 15:00

ほめられた記事

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP