やひろ単語

ヤヒロ

やひろとは、ゆめにっきフリーゲーム)、MOTHERアレンジニコニコインディーズおよびVOCALOIDオリジナル曲を中心に活動しているアマチュアミュージシャンである。

直近の作品

概要

ニコニコ動画では、ゆめにっきフリーゲーム)、MOTHERアレンジVOCALOIDオリジナル曲ニコニコインディーズを中心に活動している。

ポストロックエレクトロニカを得意とし、オリジナル曲カバー曲ともに芯の通った安らかな音楽が聴く者の幸せにする。

また、現在自身のブログにて、ニコニコインディーズのおすすめ動画十選を毎選定している。氏自身のNNIへの投稿も活発であり、これからの活躍が期待される。

専用ブログ http://blog.livedoor.jp/yahiro2000/exit でその活動の一端を垣間見ることが出来る。

つみきのうた 【巡音ルカオリジナル曲】exit_nicovideo」にてVOCALOIDオリジナル曲も作り始めている。

2010年11月14日THE VOC@LOID M@STER 14にてアルバムenigmaexit_nicovideo』『ex machinaexit_nicovideo』を同時リリース。他にも数々のアルバム動画制作しており、現在SUMMERexit_nicovideo』『ゆめにっきアレンジまとめexit_nicovideo』、そして上記の『enigmaexit_nicovideo』『ex machinaexit_nicovideo』を全曲ニコニコ動画アップロードしている。

活動

氏は基本的にアルバムをひとつの単位として活動しており(番外編・例外もある)、シリーズ完結後はひとつのアルバム動画にまとめているため、作業用BGMにも最適である。是非聴いてみてほしい。

第1弾:ゆめにっきアレンジ

第2弾:MOTHERアレンジ

第3弾:『SUMMER』

オリジナルインストシリーズブログCDを購入することも出来る。完結

第4弾:『eNiGMa』

オリジナルアルバムシリーズCDアルバムenigmaexit_nicovideo』のリリースをもって完結。全曲開済

第5弾:『images and sounds』

『絵から聞こえてきた音を音楽にする』をコンセプトに掲げたシリーズ。おもにニコニコインディーズ楽曲を中心に発表している。

第6弾:『エレクトキタニカ』

時田エレクトロニカエレクトキタニカ。2012年4月29日アルバムがリリースされる。exit_nicovideo

第7弾:『Acoustic Kingdom』

生音系+架空言語アルバムでのリリースを予定。

 

シリーズの系譜からは外れるが、VOCALOIDオリジナル曲をまとめたアルバムex machina』もリリースしている。こちらもCDアルバムとしてリリース後、現在全曲がニコニコ動画アップロードされている。作業用BGMに。とらのあなにもまだCDの在庫があるので、高音質で聴きたい人はめに買うことをおすすめする。→ 通販リンクexit

その他の関連動画

VOCALOIDオリジナル曲

2010年2月5日現在巡音ルカを使用している。ルカによるオリジナルアルバムex machinaexit_nicovideo』をリリースしている。 → とらのあな通販exit

NNI(ニコニコインディーズ)

関連マイリスト

左がメイン、右がまとめ動画のみのリストとなっている。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%84%E3%81%B2%E3%82%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

やひろ

1 ななしのよっしん
2010/08/06(金) 01:54:21 ID: b9Oj4nmiRN
安心して聴ける
2 ななしのよっしん
2011/01/28(金) 00:21:04 ID: Us93yOuZ+x
まだ記事に書いてない新シリーズについて、ご本人ブログより。

Acoustic Kingdom」:コンセプトは、『アコースティック架空言語』。
全な架空言語歌詞をあやつり、エレクトロニカ的なサウンドを極排してアコースティックな仕上がりにしたい。
あんまり立つメロディーリフを入れないようにして、曲の個性を消していくようなつくりにしていきたい。
3 ななしのよっしん
2011/09/28(水) 01:49:35 ID: QY7Sf0DE7a
この人の作る曲大好き
4 ななしのよっしん
2014/09/07(日) 17:36:49 ID: Us93yOuZ+x
kvoldの(ほぼ)全てのアルバムを掲載しているBandcampへのリンク加筆しました。
これまで同人CDとしてリリースしたアルバムも含め、全曲ブラウザ上でフル視聴できるほか、
MP3だけでなくFLAC等の高音質ファイルダウンロード購入することも出来ます。
アルバム」という単位にこだわりを持っているやひろさんの価が発揮されていると思います。
アルバムに感心を持たれた方はぜひ。

あとはまあ、とっくに取り扱い終了した通販リンクり続けるのもアレでしたし…。

急上昇ワード