アポロ1号単語

アポロイチゴウ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

アポロ1号とは、アポロ計画ミッションのひとつ。アポロ船の有人初飛行となるはずだったが、地上テスト中の火災により宇宙飛行士が死亡ミッションキャンセルされた。

概要

アポロ1号は1967年2月21日に打ち上げられる予定だった。その前の1967年1月27日、プラグアウトテストと呼ばれる地上でのテスト中、船内で火災が発生、爆発した。宇宙飛行士3名は発生したガスを吸い込み、わずかな時間のうちに死亡する結果となった。

死亡したグリソムはマーキュリー計画オリジナルセブンの一人でジェミニの初飛行も担当したベテランホワイトアメリカ人初の宇宙遊泳を果たした人物でもあった。

火災の発生公式には明らかでないが、擦り切れた配線が火元と見られる。ここから発生したスパークが純酸素で満たされた船内のプラスチック材に延焼し、爆発的に燃え上がったものと推測された。飛行士たちの着用する宇宙もナイロン製であり、火災によって解けてしまうほどだった。開発を急ぐあまり安全性が犠牲にされてきたことに、NASAをはじめ関係者全員ショックを受けた。この反省に立ち、船内の環境制御の見直しや底した不燃材使用が実施された。このため、アポロ7号で初飛行を達成するまでに1年9ヶを要することとなった。

アポロ1号の名称

このミッションの正式名称は当初AS-204 (Apollo-Saturn 204)だった。これより以前に、サターンIBによる人打ち上げが3度実施されていた(打ち上げ順にAS-201AS-203AS-202)。この順序からいけば、AS-204は本来「アポロ4号」と呼ばるはずだった。

グリソムたち乗員は「初の有人飛行であるから」という理由でアポロ1号と命名することを希望し、ミッションパッチ等も作成して準備を進めていた。しかし事故によって、NASAのお付きをもらう機会を逸してしまった。

事故後、NASAでは名称についてしばらくの間議論が続いたが、最終的にAS-204をアポロ1号とし、2号3号欠番、他のAS-201AS-202、AS-203記号のままとすることに決定した。ただこの決定がなされる前に慣例的に呼ばれていた名残としてAS-203アポロ2号AS-202をアポロ3号とする資料も存在する。

クルー

コマンドパイロット バージル・I・「ガス」・グリソム
ニアパイロット エドワード・H・ホワイト
パイロット ロジャー・B・チャフィー

関連動画

関連商品

アポロ1号に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

アポロ1号に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD1%E5%8F%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アポロ1号

1 ななしのよっしん
2009/07/16(木) 14:31:56 ID: ca6YY8Gmdy
ガス・グリソムはマーキュリーで自分のカプセル没したことでかなりかれたりした。その後ロケット開発の最前線に居続けたのもマーキュリー辱をらしたいという思いもあったんじゃなかろうか

エド・ホワイトアメリカ初の宇宙遊泳を果たし、その感動的な体験をした彼は、ヒューストンの再三のカプセルに戻れという命視して最後までカプセルに戻ることを渋っていたという。アポロで再び宇宙へ、あの素晴らしい体験をもう一度!!という思いは強かったに違いないと思う。

アポロ1号の名前を見ると、そんな彼らの志半ばで死ななければならなかった念さを思い、せつなくなる… (;ω;)

急上昇ワード

2020/02/29(土)10時更新