ドッとKONIちゃん単語

ドットコニチャン
1.3千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ドッとKONIちゃんとは、2000年当時のザテレビジョンマスコットキャラクターを担当しており、KONISHIKIモデルとしたKONIちゃんが主人公カオスアニメである。

概要

アニマックス2000年11月26日から2001年5月29日まで放送。アニメーション制作あのシャフトである。

KONIちゃんと仲間たち(HIGHMORO、NARIあふろ)の周りで起こる&巻き起こす日常物語ストーリーだが、基本的に会話はマシンガントークのように速く、ついていくのが精いっぱいなほど速い。登場人物も例によらず、町中のみんなに人気アイスを何度食べてもアタリが出るKONIちゃん、熱血で、ヒートアップした際には体中に炎が出るHIGH語尾に「みゅう」をつける口癖がありお色気のシーンが多いMORO、何でもお金で解決しようとするお金持ちの息子NARI、何故かしゃべることができるあふろなど個性的なキャラが多い。

シナリオあかほりさとるが担当。監督はれときどきぶたエクセル・サーガでお染みのワタナベシンイチ(ただし、13話まで)。上で述べたあふろはナベシンを当てている。14話からの監督は後にしゅごキャラ!監督を担当することとなる安田(本作のクレジットでは安田ケンジ名義)が担当。

ナベシン監督作品ではよくあるとおり、面い、つまらない、視聴して疲れた、などの意見は本作にも当てはまる賛否両論作でもある。監督が代わってからは賛否の「否」が強い傾向にある。

日本国内では知名度が高いとは言い難い。衛星放送・ケーブルテレビ向け放送であるアニマックスでのみ放送されたため、そもそも視聴可人間がやや限られていた。さらに「アニメファンKONISHIKIファンは層が被らない」「子どもに訴するにも、KONISHIKI子ども人気が高かったわけでもない」という問題点もあった。

だが、意外なことに中南(特にアルゼンチンチリコロンビアなど)ではかなりの人気を集めた。これは、スペイン語化を担当したメキシコの会社が「日本ギャグを正確に翻訳するのは理だ」と判断して、大胆にラテンアメリカ向けの変を行ったことが功を奏したらしい。

オープニング曲「キャラだもん」は篠原ともえ宇崎童が組んだユニット「篠」が歌っている。このユニットは本作をきっかけに立ち上げられたもので、地上波テレビ放送の歌番組などにも出演して「キャラだもん」を歌い、対照的な印の二人が話題になった。だが、それにつられて本作も話題になったりはしなかったようだ。なおエンディング曲「Sailing Dream」は篠原ともえソロで担当している。

現在バンダイチャンネルで全26話配信中。

関連動画

↓本作のアフレコ風景

関連商品

関連項目

上記3つの作品はナベシンワールド全開もそうだが、本作と同様、南央美三石琴乃メインで出演している。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%89%E3%83%83%E3%81%A8koni%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドッとKONIちゃん

1 ななしのよっしん
2015/07/23(木) 20:20:24 ID: j/YYnd/Di9
昔見てた記憶はあるが、最終回いっこうに思い出せん
2 ななしのよっしん
2016/05/04(水) 16:44:43 ID: PlmFT6HVyo
いいとも100アンケート
3 ななしのよっしん
2021/05/20(木) 10:47:21 ID: pRiogsF7hE
サントラパッケージKONISHIKIに失礼すぎるような……わざわざ隠さなければいけないほど人気が低かったんだろうか

おすすめトレンド