はれときどきぶた単語

ハレトキドキブタ
4.3千文字の記事
  • 12
  • 0pt
掲示板へ

『はれときどきぶた』とは、矢玉四郎作の児童文学、及びそのテレビアニメ化作品である。通称、「はれぶた」。

はれときどきぶたはれときどきぶた:ぶゆぃ by 6gatu11niti

はれときどきぶた』とは、矢玉四郎作の児童文学、及びそのテレビアニメ化作品である。通称、「はれぶた」。

概要

児童書版

主人公畠山則安は、ママ日記を読まれてしまう。次に読まれたときに驚かしてやろうとウソ日記を書きはじめる。が、未来のことを書いたウソがなぜか本当になってしまう。これは日記を読んだママたちのお芝居なんだと考えた則安は、ママたちには絶対できないようなもっと非現実ウソ日記を書くが、どんなウソを書いても本当になってしまう。次第にウソエスカレートしていって…。

矢玉四郎原作初版1980年刊行。
とぶ金魚えんぴつ天ぷら等など非常にシュールな描写、そしてそういった非日常へ誘われる則安の不安とパニックなど、おかしさとスリルが絶妙な作品である。
後にこの則安を主人公にした、いわゆる「はれぶたシリーズ」がこの「はれときどきぶた」を含め10巻刊行されている。最新刊は2013年刊行の「はれたまたまこぶた」。則安の想像が様々な要因で現実化してしまうストーリーシリーズ全作品で共通している。

アニメ映画版

1988年3月開。はれぶたシリーズ原作第1作の「はれときどきぶた」と第2作の「あしたぶたの日ぶたじかん」が映画化された。原作に準じた内容となっており、各40分程度。ちなみに主人公同級生には、代々の鬼太郎声優っている(野沢雅子松岡洋子高山みなみ)。

制作OH!プロダクション学習研究社(現・学研)。エモーション(現バンダイビジュアル)によってVHS化されていたが現在では入手困難となっている。

ニコニコ動画にもアップされているが、いつ削除されてもおかしくない。GyaO!exitにもあるので、そちらを確認した方が良いだろう。

テレビアニメ版

1997年7月から1998年9月までテレビ東京系列にて放映。

主人公小学三年生、丸顔畠山則安(十円安)と、則安が書いたの絵日記「はれときどきぶた」の通りにから降ってきた子ブタの「はれぶた」と、ひとクセもふたクセもある個性的な周りの登場人物達が織り成すドタバタ劇、非日常スラップスティックである。

書籍版による原作の話は、アニメ版にてほとんど使われておらず(第1話・第4話)、また内容が原作の児童文学的な側面を一切持たないギャグアニメであるために「原作レイプ」のように見えてしまうが、後述するように原作許可の上である。また本来2クールで終了予定だったのだが、思わぬ人気によって61話まで続けられた。そのシリーズ構成はあの鬼才浦沢義雄。61話全てが彼の脚本であり、純度100%ワールドを堪できる。

ワタナベシンイチ監督の手によるアニメ版は氏の持ち味をたっぷり活かした作品となっており、児童書が原作とは思えないほどのカオスっぷり。最近のアニメで時折見かけることのあるメタ要素のあるシチュエーションや発言も良く見かけられたりと、当時の夕方アニメとしてはかなり斜め上を行く作品であった。主人公の則安はその方向性からアニメが文部省に推薦されないことを嘆いていた。

ワタナベシンイチはその後、この手法を活かして「ぷにぷに☆ぽえみぃ」や「エクセルサーガ」を作り上げている。

よく原作レイプの代表格にあげられるテレビアニメ版だが、「思ったことが現実になってしまう」「しかもその内容はかなりシュールである」などは原作をほぼ踏襲しており、実は原作の意向にかなり忠実であるという見方も出来なくはない(さすがに原作メタ要素は出てこないが)。なお、原作者の矢玉四郎はこのテレビアニメ版を非常に高く評価しているようで、はれぶたのようなドタバタ劇が日本で評価されていないことを残念だとも思っているようである。(参考リンク)exit

ニコニコ動画上で見られる動画アニメ版のものが大半。

この作品の挿入歌であるかないみか(はれぶた役)の「吸うなんて…」などが、のちに電波ソングとして有名となった。ミサトさんの「絶叫マシーン」も……

時折劇中に挿入される挿入歌のMVやブーブーダンスは今で言う尺稼ぎと見られる。MVは同じものを使っているが、ブーブーダンスは場面により登場キャラやモーションが変わり描き直す必要があるので、決して手抜きではない。

増田俊朗が手掛けたBGMはよくテレビ番組のBGMに使用されており、「お天気お姉さん」や「ハイパー則安」、「X'masはめでてーな」などは使用率が高い。特にX'masはめでてーな」は編集してジングルになっている方が知られている(おもしろ荘など)。同作曲者によるだぁ!だぁ!だぁ!BGMも同様によく使われている。いずれもサントラCDの購入は困難になっているが、実はTSUTAYAレンタルで扱っていたりする。

またビデオDVDはすでに生産されておらず、手に入れるのが非常に困難となっている。DVD-BOXはプレミアムがつき新品で10万円を越えてしまった。そんなわけでアニプレックスさん、再販お願いします。
ってかぼのぼのニコニコ公式配信されたんだからそろそろはれぶたもだな・・・ 

登場人物

畠山 則安 (南央美)
  丸顔が特徴の小学三年生。あだ名は十円安。周囲の異常に濃いキャラクターべれば思いな面があるなど較的まともな方だが、メタ発言が多かったり、小学三年生とは思えない発言が飛び出したりと、まともかと言われれば疑問が残る。ママ教育方針に納得しておらず勉強熱心な面もある。
  を演じる南央美による挿入歌「デュッデュワ~丸頭」がある。

・はれぶた (かないみか)
  則安の日記に書いた、明日の天気は「はれときどきぶた」という内容により発生してしまったぶたの一匹。則安が日記を消した時に1匹だけ消し忘れてしまったために現実世界に残り、則安ので暮らすことになる。則安の学校にもついていき、クラスの一員として認知されている。パワーで人の考えていることを吸い、現実化させることができる。
  基本的に鳴きでしか喋らないが、稀に喋っている(ように聞こえる)。
  を演じるかないみかによる挿入歌「吸うなんて…」が後に電波ソングとして有名になる。

・玉ちゃん (間宮くるみ)
  則安の。本名は畠山 玉江。
  に対するツッコミはとても厳しく、時々容赦のない言葉をぶつける。
  極度の電話嫌いで、電話の子機を破壊しようとしたことがある。

パパ (梁田清之)
  本名は畠山 玉則。眼鏡を外した顔はテレビでは見せられないほど恐ろしいらしい。
  一流大学を出て一流企業に就職したが、バブル崩壊で会社をリストラされ、ママ実家の印刷工場部長(名ばかり)を務めている。本人はこのことを非常に気にしているため、下手に話題に出してしまうと眼鏡を外してしまう。

ママ (松井菜桜子)
  本名は畠山 安江。
  パパのようになってほしくないという理由から「手に職、足にも職、勉強すると頭が悪くなる」というの持論で則安に勉強をさせない。

・矢玉アナ (渡辺美佐)
  テレビ局BOO-TVアナウンサー。放送当初は「お天気お姉さん」として登場していたが、20話にて矢玉アナという名前であることが判明した。
  解説者的立ち回りで、フレーム内外からどこにでも出没する。ぶたを適切に通訳することができるため、一部の回では専ら通訳にしていることもある。物語後半にはライバルキャラとして矢玉も登場(声優は同じ渡辺美佐)。言動こそのある発言が多いが結局矢玉アナ同様の役回りが多くなった。
 テレビ東京アナウンサーの矢玉みゆきモデルで、本人が出演する案もあったという。

町屋おばさん渡辺美佐
畠山戚。ことあるごとに入院をしては電話をかけて来たり、パパママお見舞いに行ったりしている。パパママ不在の分かりやすい理由付けとして存在するキャラで、一貫してしか登場しない。

ワタナベシンイチ結城比呂(現:優希比呂))
 則安のクラスメイトで通称ナベシン焼き肉屋でもじゃもじゃ頭が特徴。監督モデル

おにぎり山(水田わさび
 則安のクラスメイトであだ名の通りおにぎりの大きな体が特徴。は個人経営の病院で両のことをダディマミィと呼んでいる。

武蔵小金井くん(塩屋翼
 則安のクラスメイトで自他ともに認める変人。
 「歴史に残る偉人は幼少期変人だった」ことからまず変人になることを志す。荒唐稽な言動を繰り返し、変人だと摘されることに快感を覚えてしまうほどの変人になってしまった。あまりの自由ぶりにクラスの面々も呆れ果て、アニメが進むほどにスルーされる傾向が強くなるがめげずに変な言動を続けている。一矢玉アナだけは突っ込み続けてくれるため彼女を慕っている。ある意味テレビアニメ版を徴するキャラクター

・和子先生三石琴乃
 則安のクラス先生。若くて美人ナイスバディだが、ことあるごとに「ああ、美しいのね私…」と言って勝手にナルシストモードに突入する。を演じる三石琴乃による挿入歌「絶叫マシーン」は歌詞MVもぶっ飛んでいる。

また終盤の58話にゲストとして当時放送開始から1年ほど経過したおはスタから山寺宏一レイモンドも出演している。放送当時はれぶた役のかないみか山寺宏一夫婦だったため、それを踏まえたネタも使われた(後に離婚)。

OP

ED

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 12
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%AF%E3%82%8C%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%A9%E3%81%8D%E3%81%B6%E3%81%9F
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

はれときどきぶた

97 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 22:37:16 ID: EgHupLaSlu
これとたこやきマントマンは当時アニメを見て驚いた
本と雰囲気が全然違くて子供ながらたまげたわ
98 ななしのよっしん
2020/02/24(月) 19:44:12 ID: /BFBEvXyTQ
原作えたアニメとか存在しない」とか言ってイキっているやつにはれときどきぶた話題出すと皆きょとーんとする感じになるのは笑える。所詮井の中のを知らずよ
99 ななしのよっしん
2020/05/22(金) 20:40:03 ID: aaYnfZuk+Q
dアニニコニコ支店記念カキコ
100 ななしのよっしん
2020/05/22(金) 20:43:51 ID: xZ6J/3V2EQ
このアニメ人間関係が意外とドライな気がする
クラスメイトが「学校ねーからお前とはクラスメイトでも何でもないや」とか言って相手にされないとかあるし
101 ななしのよっしん
2020/05/27(水) 20:46:31 ID: HpuaMdWX9k
dアニ支店に来たと思ったら映画版の方か
テレビアニメ版をコメつきで見たいよう
102 ななしのよっしん
2020/09/08(火) 14:44:39 ID: gDU+kmoXnb
>>95
ちょっとだけyoutubeにあがってる
公式配信してくれたらそれが一番いいんだけどね
103 ななしのよっしん
2021/02/14(日) 13:21:00 ID: KDPyfnWnYX
>>98
無責任艦長タイラーを忘れるな
104 ななしのよっしん
2021/07/12(月) 16:19:25 ID: 6U/WTzBRLe
映画版の十円安が子役時代の浪ビビったわ
105 ななしのよっしん
2021/08/14(土) 04:51:20 ID: q1tfohaGvl
DVD BOXがアマゾン224,694円で笑った
今やYouTube時代
コジコジ全話やクレしん原作公式でやってる
このアニメもやってくれよ〜!
106 ななしのよっしん
2021/09/26(日) 20:49:43 ID: ygx5k/u8zk
「BOO~おなかがくほど笑ってみたい~」 
作詞 阿久悠 / 作曲 筒美京平

マジかよ…。えらい