ドライセン単語

ドライセン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ドライセン(AMX-009)とは、アニメ機動戦士ガンダムΖΖ』及びその関連作品に登場する架人型ロボット兵器 / 人型機動兵器モビルスーツ(MSMobile Suit)である。

概要

AMX-009
頭頂高 22.0m
本体重量 36.7t
全備重量 66.8t
ジェネレータ出 2,380kW
ラスター推 107,800kg
武装 3連装ビームガン×2
ビームランサー
ビームトマホーク
トライ・ブレード×3

ジオン公国軍一年戦争時に開発したドム(MS-09)の流れをむ、重モビルスーツである。ネオ・ジオンが同時期に開発したモビルスーツ較して、複雑な機構が存在せず、信頼性や耐久性が高かったと言われている。このことから、第一次ネオ・ジオン抗争中盤以降ではネオ・ジオン軍の機として活躍した。

携行火器を持たず、射撃戦はもっぱら、腕部に内蔵された3連装ビームガンに頼っていた。このため、長距離戦闘はあまり得意でなく、ビームガンに格闘武装のビームランサービームトマホークを絡めた近接戦闘体とした。特筆すべき武装として、背部に装着されたトライ・ブレードがあげられる。このトライ・ブレードは、入された座標へ向かって3枚のブレードを回転させながら突撃する射出武器となっている。基本的には大気圏内用の武装であるが、バーニアが搭載されているため、宇宙空間でも使用可であった。

このように、設計上はドムの系譜にあたるが、得意とする戦闘距離ドムよりも短く、むしろ固定火器による射撃・牽制とサーベルによる格闘を得意としたグフ(MS-07)に近いといえる。ドムの機動性をもって格闘戦に当たるわけであるから、むしろ最適解なのかもしれない。

袖付き仕様

オリジナルに対して、携行火器であるジャイアントバズ(シナンジュロケットバズーカ良品)とヒートサーベルが追加され、よりドムらしい運用が可となっている。また、袖付きで運用された多くのモビルスーツ近代修(例えば、バウは固定兵装の追加と復座化が実施された)が実施されたが、本機はその基本性の高さから最低限の修のみが行われたと言われている。

関連動画

ドライセンは7:57あたりから

関連静画

左:オリジナル, 右:袖付きver

関連商品

左:オリジナル, 右:袖付きver

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ドライセン

1 通りすがり
2020/06/14(日) 14:03:52 ID: CNKLN0lctV
ひとまず,誤字脱字等の修正に留めましたが,
以下の点についても修正が必要だと思うんですよね.
ご存知の方,いませんかね?

[1]ネオ・ジオン軍の機になったのは「グリプス戦役」?
  ZZの時期となると,「第一次ネオ・ジオン抗争」じゃないのかな.

[2]武器名称は「・」有り?し?
  スペック表の方に合わせ,本文中の表記を「・」付きに変えたが,
  そうなると,「ビームガン」「ヒートサーベル」も同様ではないのだろうか.

[3]ハンドガンビームガン?ビームキャノン
  他のWiki系資料でも,表記がまちまち.どれが正解なのか?
2 ななしのよっしん
2020/09/16(水) 10:36:03 ID: W22AT2donW
>>1
遅レスですが
[1]ご摘の通り「第一次ネオ・ジオン抗争」ですね。直しておきました。
[2]MS大全集では「・」有りで書かれていますので「・」有りが正解のようです。
[3]これはなんとも言えませんね・・・
3 ななしのよっしん
2020/12/09(水) 21:50:49 ID: Yn3M2cGBxn
傑作機だけどトライブレードはいらんかった……そんなものつけるぐらいならバックパックの推アッププロペラントタンク増設しておけば更に良かった。
4 ななしのよっしん
2021/01/01(金) 15:07:44 ID: UWuzMzqF1G
試作ランドセルビームバズーカ(仮)が却下された理由としては遠距離支援が可量産機(ズサバウ等)が既に配備されていたのがよく理由に挙げられる
5 ななしのよっしん
2021/02/03(水) 13:28:53 ID: W1v2sxsH+C
袖付き機みたいに最初からハードポイントにしとけば…もしくはドム トルーパーみたいな実弾ビーム複合火器を載せるとか、
6 ななしのよっしん
2021/03/01(月) 00:40:59 ID: RhujUrUwD6
ビームライフル普通に使えるし、大バックパックなんて載せてたら一般兵向け量産機には出来なかったと思うコスパ悪くて