編集  

グリプス戦役単語

グリプスセンエキ

グリプス戦役とは、アニメ機動戦士Ζガンダム」で行われた戦役。ティターンズエゥーゴ戦争とも。

概要

連邦軍内の軍閥であるティターンズエゥーゴとの間で行われた連邦史上最大の内戦であった。

宇宙世紀00857月31日に発生したティターンズによる30バンチ事件を発端とし、00873月2日エゥーゴによるガンダムMK-Ⅱ奪取作戦を経て本格的な戦闘へと発展。第三勢アクシズの参戦などの混乱を挟みつつ、同年11月16日のダカール戦を経て、00882月2日のグリプス宙域戦(メールシュトローム作戦)によりティターンズが壊滅したことにより終結した。

最終決戦地がサイド7・2バンチコロニーのグリプス(グリーンノア2)であったため、グリプス戦役と呼称される。

戦闘経過

前史

宇宙に作られた居住施設であるコロニー群の独立または自治権獲得(ジオニズム)を標榜したジオン公国とそれを認めない地球連邦との戦争は、00801月1日、実質的なジオン公国敗北で終わった。一年戦争と呼ばれたこの戦いで勝者となった地球連邦ではあったが、本貫の地であった地球ジオン軍によるコロニー落としとその後に行われた地上戦で、統治下にあったコロニー群であるサイド1・2・4・5もいわゆるコロニー潰し(ガス注入や核攻撃)により壊滅し、物心ともに疲弊。戦争終結時には人口は戦前の半分にまで落ち込んでいた。

008310月、懸命な戦後復が進む中で、ジオンの敗戦を認めないエギーユ・デラーズ率いるデラーズ・フリート起。コンペイトウ(旧ソロモン要塞)で観艦式に参加していた連邦艦隊を核攻撃で壊滅させ、建設中だったサイド4のコロニーを北に落下させる事件を起こす(デラーズ紛争)。この過程で連邦軍内穏健だったジョン・コーウェンは失脚し、対スペースノイド強硬アースノイド至上義を掲げたジャミトフ・ハイマンが台頭。ジオン残党への脅威の高まりを利用し、連邦軍内にエリート部隊ティターンズを設置する。

30バンチ事件とエゥーゴ結成

スペースノイド間ではサイド3の他でも一年戦争以前から反連邦意識が芽生えており、戦争による難民の発生や戦後のベビーブームによる人口の秩序な増加、建設から80年を経たことによるコロニーの老朽化、これに加えて強圧的な連邦軍、特に反スペースノイドを標榜するティターンズ軍事的支配に不満が高まっていた。

00857月31日サイド1・30バンチコロニーにおいて反地球連邦デモが発生。このデモ自体は平和的なものであったが、鎮圧を依頼されたティターンズの現場指揮官バスク・オムはガスG3)をコロニー内に注入。連邦支持・不支持問わず1500万人の人間をもろともに殺した。

この事件はバスク・オムの全な暴走であり、連邦軍の示はもちろんのことジャミトフ・ハイマン示すらなく、更なる反発を恐れたジャミトフらは伝染病による災害として隠ぺいした。しかし、情報を知り得た連邦軍軍人、とりわけスペースノイド寄りの軍人たちにはこの事件は衝撃をもって迎えられた。

その中の一人、ブレックスフォーラは連邦議会に議席を有する連邦軍良識の生き残りであり、アナハイムをはじめとした政財界とのコネを背に然と反ティターンズ運動を行った。このため連邦軍内で疎まれ、半ば軟禁状態におかれていた。30バンチ事件後、連邦大尉クワトロ・バジーナによって救出されたのち反連邦組織エゥーゴを結成。ここにティターンズへの対抗組織が誕生した。

ガンダムMK-Ⅱ奪取作戦

結成当時は規模こそ小規模なエゥーゴではあったが、アナハイム面)に支持基盤を有するブレックスとアクシズから地球圏では未知の技術を手に入れていたクワトロとの合作により、MS技術は飛躍的に進歩。高性機ディック・ディアスの導入と長期航行にも耐えうる機動巡洋艦アーガマ工、さらに旧ジオン系将兵の高い練度を存分に活用し、ティターンズの作戦を拘束する規模にまで成長した。

この様なスペースノイドの反抗機運を挫くべく、ティターンズ一年戦争連邦軍勝利の立役者となったガンダムあやかサイド7・1バンチ(グリーンノア1)において再びガンダム開発計画を進めた(ガンダムMk-Ⅱ)。しかし、この情報エゥーゴ側に漏れていた。

00873月2日、前戦争ガンダムの脅威の矢面に立っていたクワトロは、このMSを重要視し奪取作戦を実行。環境や因縁から反連邦・反ティターンズ志向を有していたコロニー住人カミーユ・ビダンの協を得て奪取に成功した。MK-の存在もさることながら、天才的なニュータイプパイロットであるカミーユの参戦により、局地的な戦で双方は互となり、これをもって本格的な内戦へと突入することになる。

ジャブロー降下とカラバの攻勢

エゥーゴ支持者であったアナハイムは、連邦の圧強化などで焦りを感じ始め更なる戦果の拡大を要連邦軍本部があった南ジャブローの占領作戦を下令した。作戦の難易度徴的な戦果しか望めないジャブロー占領にエゥーゴ側は難色を示したが、強権的に押し切られ5月11日に降下を開始。

しかし、ティターンズ側はエゥーゴの作戦意図を理解しており、ジャブローを意図的に放棄。二級戦部隊が戦闘を行っているうちに、エゥーゴ降下部隊を味方やジャブローごと核により消滅させるを仕掛けていた。

捕虜の尋問により核のの全貌を知ったエゥーゴは間一で脱出。占領対であったジャブローは消滅し、地球での協組織であるカラバを頼り宇宙への脱出を図る。この脱出作戦においてカミーユはカラバと共に地球に残留し、宇宙に向かったクワトロと分離して戦闘活動を継続した。

カミーユの参戦によりカラバは戦闘を優位に進め、ホンコンティーの戦いにおいてベン・ウッダー隊を撃破。カミーユ宇宙へ帰還後も重要拠点があったニューニアをはじめ、アジア太平洋地域からティターンズ駆逐して行く。

アポロ作戦とブレックス暗殺

8月10日ティターンズエゥーゴの背後にいたアナハイムへの恫MS・補給の供給を断つべ面の重要都市フォン・ブラウン制圧作戦を決行(アポロ作戦)。パプテマス・シロッコの活躍により一時的な占領に成功するも、MS隊が撃退され発電所施設を抑えらえたため維持が不可能となり撤退。エゥーゴの勝利に終わる。

8月17日連邦軍の軍権をティターンズに移譲する法案が連邦議会に提出され、これを阻止しようと議会に参加していたブレックスが寝所で襲撃される事件が発生。側近であったクワトロエゥーゴ揮権を委ねたのちに死亡し、以後クワトロが最高指揮官となる。

グラナダ戦、アクシズの帰還

面での戦闘は長引き、8月24日にはティターンズによるエゥーゴの支持基盤があった都市グラナダへのコロニー落とし作戦が決行される。サイド4のコロニーが降下を開始するも、コロニーに取り付けられていた核パルスエジンを作動させることにより軌が逸らされ都市部に降着せず作戦は失敗。

相次ぐ敗戦によりティターンズはより強硬的な手段を模索。30バンチ事件以降は行っていなかったコロニーへのガス攻撃を本格化させる。9月21日エゥーゴ支持住民の多いサイド2・25バンチを攻撃。この攻撃はエゥーゴ側の必死の防戦により阻止されるも、以降攻撃対エゥーゴからスペースノイドそのものに移って行くことになる。

10月12日ハマーン・カーン率いる旧ジオン軍残党アクシズが、ザビの正統血統を有するミネバを擁して拠点の小惑星と共に地球圏へと帰還。戦いは三つどもえの様相を呈して行く。

ダカール演説

エゥーゴ・アクシズ間の同盟交渉はクワトロハマーンの確執により失敗。ハマーンティターンズと交渉し、エゥーゴ宇宙において不利な立場となる。

11月2日、カラバの支援衛星上から行っていたクワトロが攻撃を受けて地球へと降下。そのままカラバと合流し戦場は地上戦へと移行した。

11月16日エゥーゴは戦局打開のために連邦首都カールで行われていた連邦議会を占拠し、地球連邦市民ティターンズの非さを訴える行動に出る。本来味方であるはずの連邦議員への攻撃もいとわず形振り構わない防戦を続けるティターンズに、クワトロ演説台に登りその場で自身が一年戦争英雄シャア・アズナブルであり、ジオニズムの創始者であったジオン・ズム・ダイクン長男キャスバル・レム・ダイクンであることを明らかにしエゥーゴの正統性を訴えた。また、ティターンズの横暴さも映像付きで流し、多くの民にその醜態を知らしめる結果となり、ティターンズ支持連邦内でも急速に退潮して行くことになる。

グリプス前哨戦

このダカール演説により地球でも支持基盤を失ったティターンズは移動要塞ゼダンの門(旧ア・バオア・クー)へと拠点を移す。また攻撃兵器としてコロニーレーザー(グリプス2)も完成スペースノイドへの恫を本格化させ、12月7日サイド2・18バンチを試射として攻撃。コロニーは破壊され、住民全員死亡した。

行してガス攻撃も行われ、12月14日バスク旗下の舞台がサイド2・21バンチにガス注入。これによってまたもやスペースノイドが殺戮される事態となる。バスクは全てのスペースノイド・コロニーが攻撃対となり得ることも宣言し、スペースノイドを震撼させた。

グリプス2の次の標となったのは再びグラナダであり、グリプスは移動を開始。ことここに至りエゥーゴはアクシズと結ぶことを決意。戦争終了後にサイド3を割譲することを条件に、グリプス2の発射阻止を提案しハマーンから承諾を受ける。

00881月18日エゥーゴMS部隊がグリプスへの攻撃を開始。双方が疲弊した時点を見計らい、アクシズ側がグリプスの核パルスエジンを破壊した(表向きはアクシズ側の誤射)。これによりグリプス2は停止し、周辺地域での戦闘に移行して行く。

ハマーンはさらにティターンズ部への攻撃を企図し、交渉を偽装してジャミトフの暗殺を図るも失敗、これによりアクシズ-ティターンズ間の戦闘は本格化。アクシズ側の意図的な衝突によりゼダンの門が破壊され、その間隙をついてグリプス2を占拠する。

追い詰められたジャミトフは再びハマーンと接触。しかし、クワトロの手により会談の場であったグワダン騒乱が起き、シロッコ旗下のサラ・ザビアロフの攻撃によってグワダンが破損。その隙をついてシロッコがジャミトフを殺ハマーンによるものと喧伝。弔い合戦の揮を執ると称してティターンズ揮権を握る。

メールシュトローム作戦

2月2日20日説あり)、エゥーゴはアクシズと断交。グリプス2の奪取作戦を決行(艦が潮流のようにグリプス2を包囲する態様からメールシュトローム作戦と呼称)。グリプス2を占拠し、ティターンズ→アクシズエゥーゴと代えた。

アクシズは再びティターンズと同盟。グラナダにアクシズを落下させようとするも、エゥーゴ側のコロニーレーザーの攻撃で失敗。

2月20日、雌雄を決すべくティターンズ・アクシズはグリプス2で戦いを続けるエゥーゴへ総攻撃を開始。圧倒的な戦差を前にしつつ、揮を執ったアーガマ艦長ブライト・ノアはグリプス2による懺滅作戦を立案。カミーユらのり強い(と言うよりも病的な)働きで発射までの時間稼ぎとティターンズ艦隊の掃射軸への嚮導に成功。22日、グリプス2からのレーザー発射によりティターンズ艦隊は消滅。導者となっていたシロッコカミーユに討ち取られティターンズは壊滅。ティターンズエゥーゴ戦争自体はエゥーゴの勝利に終わった。

なお、アクシズ日和見的な参加に止まり、被はほぼなかった。

その後

勝利したエゥーゴであったが、導者であったクワトロ行方不明、勝利の立役者カミーユ精神崩壊し戦線を離脱。部隊は壊滅または散り散りとなり実質的な戦アーガマのみとなった。連邦正規軍も統一した揮系統を有しておらず、地球圏は一種の空白域となり、この間隙を漁夫の利的にハマーンのアクシズネオジオン)が埋めて行くこととなる(第一次ネオジオン抗争)。

兵器と戦闘の様態

一年戦争決戦兵器となったMSはこの戦役において飛躍的な進歩を遂げた。特に周囲モニターリニアシート・イジェクションポッドの採用、ムーバブルフレームの導入、装甲材としてガンダリウムγの使用が認められるMS二世と呼ばれ、それ以前の式のMS駆逐。以降のMSはこの時代の直系となる。

このMS開発の発展は連邦系の技術と旧ジオン系の技術の習合が大きく、アクシズの技術も導入されると言う特殊な例であったがリックディアスにそれが徴されている。エゥーゴティターンズ両軍ともに前述のリックディアスの他にもハイザックなど、いわゆるジオンMS徴であったモノ・アイ(一つ)機を導入しており、一年戦争の頃のような「敵味方の分かりやすい区別」はなくなっている。

もっとも、技術者・軍人共にこの状態を喜んだ訳ではなく、ティターンズの手によるガンダムMK-Ⅱ連邦系の技術者のみで極ジオン系の技術を排して開発が進められ、のちに本機の奪取作戦に参加し性を評価したエゥーゴアポリー(旧ジオンパイロット)もリック・ディアスの方に着を持っていることを明言している。

ジオン公国で行われていたニュータイプ研究も連邦が引き継いでおり、ムラサメ研究所やオークランド研究所と言った研究機関が設立され人口ニュータイプである強化人間の「製造」が行われ本格的な実戦導入がなされている。サイコガンダムなどのニュータイプ専用機も百花繚乱であり、種類だけを見ればこの戦役が行われた一年がもっとも充実したラインナップをそろえていた。

大気圏内の戦闘はMS搭載が可な大航空機ガルダ級)の導入により、それまでの単純な地上戦からを含めた三次元戦へと発展。一年戦争では限定的だったサブフライトシステムドダイなどの無人機)を利用した中戦術も当然の前提となっている。また、可変機の導入も始まった。

艦艇の進歩はMS以上のものがあり、エゥーゴ勝利の立役者となったアーガマを筆頭に、強な火を持つラーディッシュアイリッシュ)、連邦初の正規MS運用艦で大量のMS搭載を可としたアレキサンドリアビーム兵器の直撃にも耐えうる防御を有するドゴス・ギアなどのちの時代にも影を与えた艦が多い。また、量産艦であるサラミスも、この頃には一年戦争の頃のような支援艦艇を必要とせず単独での整備運用が可修がなされ、艦艇ではあったがMS中心戦術を揺るぎのないものとすることに一役買った。

戦闘態様は両軍共に正規軍ではないため、ゲリラ的な奇襲により相手のMSや艦艇を攻撃する戦闘が中心となり、グリプス2争奪を除くと一年戦争期では的とされた拠点や要塞の制圧などはあまり行われなかった。むしろ、占領よりは(コロニー落としガス攻撃、惑星による体当たりのような古典的な戦術はもちろん)コロニーレーザーを使った差別攻撃が常套手段と化し、兵士のみならず多くの市民を巻き込む懺滅戦となってしまう傾向も産んだ。

影響

ティターンズは消滅し生き残りは連邦正規軍へと編入。その際、厳しい問が行われ、多くは退役または閑職へと追いやられた。0096年が舞台の機動戦士ガンダムUCにも、閑地のトリトン基地においての嘆を託つ元兵士の姿が描かれている。また、罪状によっては裁判にかけられ、死刑や懲役刑を科された兵士もいた。旧ジオン残党のように戦闘継続を訴える動きは少数であったが、一部部隊はエゥーゴ憎しのあまり、皮なことにハマーンネオジオンに参加したと言われる。また、戦役末期には小惑星ぺズンの駐留部隊(もともとティターンズではない説あり)が反乱を起こし、地球連邦軍の討伐作戦が行われている。

エゥーゴは勝利しつつも実質的には壊滅。ハマーンネオジオン自体には新戦であったジュドー・アーシタらの活躍で再び勝利したが、連邦軍のとはなれず、厄介払いの意味とスペースノイド対策のための使い捨ての駒として連邦軍外団体ロンド・ベルへと発展解消。これはスペースノイドからは裏切りとして捉えられ「第二のティターンズ」として蔑まれ実質的な支持基盤をも失った。

一年戦争べ、人的被は少なかったが、ガス攻撃やコロニーレーザーコロニーに対する掃射など負の側面による人心の荒はすさまじく、0093年のシャアの反乱では多くのスペースノイドは連邦を支持せず、反乱に参加しないまでもその成り行きを傍観した。逆に連邦0096年のラプラス戦争において、ジオン共和モナハン・バハロに対し、一般住民を巻き込むコロニーへの差別攻撃をしない姿勢を鮮明にしている(半分は軽率に政略を弄ぶジオン共和への恫であったが)。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%97%E3%82%B9%E6%88%A6%E5%BD%B9
ページ番号: 5533681 リビジョン番号: 2602643
読み:グリプスセンエキ
初版作成日: 18/06/28 14:58 ◆ 最終更新日: 18/06/28 14:58
編集内容についての説明/コメント: 第一稿。書いていてデラーズってマジで要らんことしてることに気付く。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グリプス戦役について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/08/18(土) 07:03:40 ID: SO6fqkR34D
ティターンズは消滅し、アクシズネオジオンも壊滅、エゥーゴも吸収され結局全ては元に…
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス