ヴァーノン・ロマックス・スミス単語

ヴァーノンロマックススミス
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ヴァーノン・ロマックス・スミス(ヴァーノン・スミス)とは、アメリカ経済学者である。2002年ノーベル経済学賞受賞。

概要

実験経済学と呼ばれる経済学者心理学実験のような実験をもとにした経済理論を構築した。

受賞理由は「経験的経済分析、とりわけ不確実性の基に置ける人間の判断と意思決定についての心理学的研究による統合的洞察」

 2005年に自らがアスペルガー症候群であることを表した。

その生涯

実験経済学としてノーベル賞と受賞するまでに権威を高めたスミスであるが、その生涯はけして坦なものでなくむしろ苦難の連続であったと言える。

略歴

1927年 カンザス州ウィチタで生まれる。

1932年 父親世界恐慌で失職。カンザス州ミラン近くの農場に引っ越す。

1945年 カルフォルニア工科大学へ進学。専攻は物理学から電気工学へ。

1952年 カル工卒業後感ざる大学経済学修士号を取得。ハーバードでマクロを、MITでサミュエルソンからミクロ経済学を学ぶ。

1968年 マサチューセッツ工科大学で教を取る。69年にはアメリカエコノミックレビューの編集委員に。

1972年 ブラウン大学終身教授職を得る。

1986年 実験経済学会初代会長

2001年 ノーベル経済学賞受賞。

若き日のスミス

母親は若くしてを二人持ったが、22歳の夫を交通事故でなくしてしまう。その後、再婚してスミスを産んだ。しかしスミス父親世界恐慌で失業。

スミス一家は前夫の保険を使って小さな農場を買い、そこに移り住む。スミスはその時を振り返って「両親にとって重労働の連続で、電気トイレもない生活であった」と述べている。結局農場も借のかたに失ったスミス社会主義に傾倒していった。

それからスミス学校に通いながらソーダを売ったり、ボーイング社の間勤務をしたりと、一生懸命働いて系を支える生活を送った。

その後一年の受験勉強を経て最難関大学のカルフォルニア工科大学へ進学。スミスはそこで挽肉機と形容されるも週末もない勉強だけの生活を送る。1949年学位を取得。

スミス物理学工学を学びながら、社会のあらゆる義の根底に流れる「経済原理」に興味を持ち始め、方向転換を決意する。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヴァーノン・ロマックス・スミス

1 ななしのよっしん
2017/11/08(水) 22:41:15 ID: uQLS4ZTm3v
記事に「ノーベル賞と受賞する」とありますが、「ノーベル賞を受賞する」では?
また、略歴に「感ざる大学」とありますが「カンザス大学」でしょう。
同じく略歴に「2001年 ノーベル経済学賞受賞」とありますが、受賞したのは2002年です。

急上昇ワード