天使と悪魔(葛藤の表現)単語

テンシトアクマ

天使と悪魔とは、漫画アニメなどで登場する「良心の呵責」「心のせめぎあい」の表現である。

概要

「あっ!駄菓子屋のおばあちゃん、間違えてお釣りをとっても多く渡してくれていたみたいだ!」

<ホワンワンワン(擬音)>

悪魔ラッキーじゃねえか、そのままもらっちまえ!」)

「えっ……いいのかな……」

天使「いけません、きっとおばあさんが後で困ってしまいますよ?返しに行きましょう」)

「そうだね……やっぱり返しに行こう……」

だいたいこんな感じの表現。この後に天使と悪魔が喧を始めることもある。

漫画作品などでよく見るが、「天使人間の良心を応援し、悪魔人間に悪い行いを唆して堕落させる」というアイディア宗教的な書物などで古くから存在していたようで、それにルーツがあると考えれば漫画アニメといった表現技法自体よりも古いかもしれない。しかし漫画アニメとしてが最初に使用しはじめたのかは興味深いところである。

アメリカ合衆国での古めの例としては、1938年開のディズニー短編アニメドナルドの腕時代」などで既によく似た表現が確認できる。これよりさらに遡れるかもしれない。日本漫画アニメアメリカカートゥーンから多大な影を受けて発展してきたことや、天使悪魔の姿がいわゆる欧で一般的なキリスト教デザインで描かれることが多いことを考えると、この表現もアメリカから日本へと伝播したものかとも考えられる。

2011年に行われたある有名な講演会(TEDカンファレンス)でアメリカ合衆国テレビ業界人が、テレビについて「天使と悪魔が両肩に乗っている漫画のように考えています」("I kind of think of it as this cartoon devil or angel sitting on our shoulders.")と表現している[1]。この「肩に乗った天使(と悪魔)」という表現については、本記事「関連リンク」にある英語版WikipediaShoulder angel」の記事も参考になる。

「内面のである」ことをわかりやすくするためか、天使と悪魔の双方が「している本人の顔」をしていることが少なくない。

ギャグ漫画などでは「天使の方がむしろたちの悪いことを言っている」「天使の口調は丁寧だが実は悪魔とほぼ同じことを言っている」などの捻りを入れたネタとなっていることも。

ダイエット中だけどカロリーが高いものを食べるかどうか」と言った、「善悪」や「良心」の問題ともまた異なるタイプの誘惑/自制のせめぎあいでこの表現が使われることもある。

関連動画

関連静画

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *ローレン・ザラツニック: テレビの良心 | TED Talk Subtitles and Transcript | TED.comexitより引用

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%81%A8%E6%82%AA%E9%AD%94%28%E8%91%9B%E8%97%A4%E3%81%AE%E8%A1%A8%E7%8F%BE%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

天使と悪魔(葛藤の表現)

1 ななしのよっしん
2017/06/08(木) 08:21:10 ID: RwEB5vrurw
日本漫画での最初の例ってのは気になるね あさりちゃんには天使と悪魔の表現あったハズ
2 ななしのよっしん
2018/02/18(日) 14:10:11 ID: 4l9E/sa/2f
天使の方は大体い羽に頭に輪っかで固定されてるが
悪魔の方はい羽が生えてるほかにも
フォーク(?)持ってるパターンもあるよね
3 ななしのよっしん
2018/08/08(水) 01:46:10 ID: 7GFHppkNC9
悪魔しか出てこない」ってのも定番のギャグパターンのひとつ
4 ななしのよっしん
2019/05/30(木) 15:33:38 ID: kju6JD4IrE
天使がぶっ飛びすぎてて悪魔ツッコミに移るなんてのもしばしば