単語

ホウ

とは、方向、方角のことである。また以下のことを表す。

  • 方法や様子を表す接尾辞
  • 人を数える助数詞(丁寧な言い方)

人名

中国語圏に方姓がある。

架空のキャラクター

漢字として

Unicode
U+6238
JIS X 0213
1-42-93
部首
方部
画数
4画
Unicode
U+6C78
部首
氵部
画数
7画
𤙗
Unicode
U+24657
部首
画数
10画
Unicode
U+2F45
意味
上下左右前後の方向、東西南北の方角、遠方、外方、外地方、異民族、方法、手段、の調合、四まっすぐいかだい船、並べる、べる、特別な技術、ちょうどのその時、まさに、~にあたる、という意味がある。またと通じて傍ら、と通じてほしいまま、妨と通じて逆らう、という意味がある。
説文解字・巻八〕に「併せたる船なり」とあり、い船の意味とある。
字形
諸説ある。
説文〕は「舟の、きて、頭を緫(むす)びたるの形にる」と、二つの舟を結んだところの形とする。方をの初文する説である。ただ甲文、文の形は舟には見えない。
白川静は、人の死体を横木に架けたところの形とし、死体をして界の呪禁とする風俗があったとする。そこから外方の意味があるといい、の意味も、方が架屍であるとして解説する。
ほかに、鋤の形とする説(徐中舒)、形とする説(葉玉)がある。
音訓
読みはホウ(音、音)、訓読みは、かた、くらべる、みち、まさに、え、へ、べ。
名のりに、あたる・お・しげ・すけ・たか・ただし・たもつ・つね・なみ・のり・ふさ・まさし・み・やす・より、がある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校2年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
方は部首方部を作る。方やに従う字が属する。
方を符とする漢字には、仿、坊、妨、彷、芳、、邡、、昉、枋、肪、房、瓬、、紡、、趽、、𨾔、鈁、髣、䲱、魴などがある。
方案・方位・方円・方音・方外・方角・方眼・方形・方言・方向・方・方今・方策・方士・方式・方術・方丈・方針・方・方寸・方正・方内・方任・方便・方法・方面・方略

異体字

  • 汸は、〔説文〕にある古文
  • 𤙗は、〔字彙補〕にある古文
  • 㕫は、方、仿の異体字、訪の俗字とされる字。

互換文字

  • ⽅はUnicodeにおいて方と互換とされる字で、部首としての方を表す。

ネット上では

棒人間が両手を広げ足を曲げたポーズに見えることから、キックジャンプ、倒れた様子を表すことがある。

関連動画
仮面ライダーナイトの倒れた姿が方の字に

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%96%B9
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2015/02/08(日) 19:35:06 ID: PvAKkeDQfh
とび膝蹴りに見える
2 ななしのよっしん
2015/02/11(水) 04:11:17 ID: 8EChkHDpav
>>1
それにしか見えなくなったじゃねえかwww
3 ななしのよっしん
2015/02/11(水) 05:59:10 ID: iSrJVjjB07
    方ー
_人人 人人人_
> 偽りの自由
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄