泣いて馬謖を斬る単語

ナイテバショクヲキル
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

泣いて馬謖を斬るとは、故事成語の一つである。「ふるって馬謖る」とも。

概要

故事の元は三時代のの武将である「馬謖」から。

西暦228年の「亭の戦い」において、馬謖が犯した失態により軍は大敗。この責任を取るため、馬謖は処刑されることとなるが、の軍師てあり馬謖の師である諸葛亮は規のためとはいえ、子である馬謖を処断してしまうことを嘆き、を流した。
このことから現代の日本では「どんなに優秀な者であっても、法や規を曲げて責任を不問にすることがあってはいけない」という意味で使用されることが多い。

この出来事の詳細は馬謖の記事に詳しいだろう。彼の馬良も「」の逸話で知られており、兄弟って故事成語に名を残すこととなった。

正史』の三国志と『三国志演義』では諸葛亮を流した理由が違っており、正史は上記通りなのだが、演義では、かつての君である劉備馬謖を重用してはならない」と遺言を遺されており、その言葉を守れなかった自身の不明を嘆いた。とされている。

なお、小説漫画など多くの作品では、三国志演義ベースにする内容が多い中、この逸話は前者の正史の解釈をされることが多い。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B3%A3%E3%81%84%E3%81%A6%E9%A6%AC%E8%AC%96%E3%82%92%E6%96%AC%E3%82%8B
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

泣いて馬謖を斬る

35 ななしのよっしん
2021/05/12(水) 00:02:05 ID: iw5UKks4S4
まさに「ないてばちょうをきる」って覚えてる。

検索するとちゃんと「泣いて馬謖を斬る」も含めた検索結果を表示してくれるので
最近の検索エンジン本当優秀。

そしてはいつまで経っても「ないてばしょくをきる」を覚えない。
36 ななしのよっしん
2021/05/12(水) 21:13:39 ID: tgtW9KVZbH
ないとぱじゃまをきる
37 ななしのよっしん
2021/05/13(木) 12:38:44 ID: r9+RlF95/C
座学は優秀でも現場揮経験ゼロをいきなりトップにしてはいけないってだな

いきなりトップに据えても実績ないにはも従わない→なら実績作って黙らしたろうじゃないの!→玉砕のコンボが待ってる

そういうプレッシャーとか焦りもあったんだろう。趙括なんかもこれだろうし、陸遜辺りも一歩間違えばコレになってた可性がある
38 ななしのよっしん
2021/07/30(金) 14:35:20 ID: naif950xX9
馬謖戦場に出さずに内政とかに
回せばマシな展開になれただろうか・・・
39 ななしのよっしん
2021/07/30(金) 14:42:54 ID: zhOZIbs6K3
>>37
演義ならともかく、史実の陸遜は既に現場で実績上げてるからね。
だからにとっての秘密兵器みたいな立ち位置だからね。
40 ななしのよっしん
2021/10/25(月) 08:29:50 ID: zItLLxPcBZ
山の上に取ることをした王平を御しきれず敗北して責任を押しつけられてられることになった馬謖さん
41 ななしのよっしん
2021/10/25(月) 08:34:13 ID: 0R8yxIm8bY
最終回は泣きながら馬謖を調理して終了
42 ななしのよっしん
2022/01/01(土) 21:41:00 ID: gk0zv3N39L
関羽ポンして馬謖を切る
43 ななしのよっしん
2022/01/14(金) 17:04:45 ID: 25XRt03SvP
近年発掘された馬謖遺体科学調では、どうやら馬謖は長年の軍務で脊椎の軟が硬くなる持病を患っていたらしい。
さらに詳細な調で、その硬くなったところにちょうど傷が残っていたことから、斬首される際にこれのせいでりにくかった……というのが『泣いて馬謖を斬る』の相らしいぞ。
44 ななしのよっしん
2022/04/07(木) 20:59:50 ID: uWVCmmz3QE
どうにせよ三国志正史の解釈が一番ためになる話