表定速度単語

ヒョウテイソクド
1.6千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

表定速度(評定速度)とは、交通において二地点間の停止時間を含む均的な速度のことである。停時間を除く均的な速度速度と言う。

表定速度は停時間を含む速度なので、鉄道であればや待ち合わせなどの停時間が少ない程高くなる。よってトップスピードが高ければ高いほど表定速度も高くなるとは、一概には言えない。実際、トップスピードで上回る列車よりも、トップスピードは低いが停時間が短い列車の方が表定速度が高くなる事例はある。

表定速度と平均速度との違い

身近な交通の一つである自動車での例え話

A君は道新ホールで観劇する為に、函館市中心部から札幌市中心部まで自動車で行くことにしました。
経路は以下の通りです。

函館駅前~国道5号函館国道5号国道37号~豊でUターンするように曲がって入るターマックの狭い道道97号~道道285号~国道230号すすきの

上記経路を通る走行距離245kmです。
途中、長万部中山で15分ずつ休憩を取り、合計30分の休憩時間がありました。
休憩を含むA君の移動時間は4時間30分でした。

この時の(1)表定速度(2)速度めなさい。
なお、信号待ちの時間は無視するものとし、また揚げいもを食べる時間は休憩時間に含みます。

(1)と(2)では約7km/hの差がでた。この速度差分だけ休憩時間(停時間)にあてられたことになる。自動車の場合は信号待ちがあるので、厳密な速度はさらに高くなるが、雰囲気的にはこのようなものである。

表定速度を高くする為に必要なこと

日本の在来線表定速度ランキング

2011年3月版のものがこちらのサイトexitめられている。集計方法が関連動画にあるものとは違うので注意。
1位の「スーパー北斗15号2位の「はくたか」21号とは3km/hの差がある。トップスピードは「はくたか」の方が30km/h程高いのにも関わらず表定速度で逆転するのは、先述の通り「はくたか」の停時間がスーパー北斗より長い為。

ル・マン24時間レースで例えると、「スーパー北斗」はピットストップの時間が短く、「はくたか」はピットストップの時間が長い。よってトップスピードが高い「はくたか」よりも、均的に速度を高められる「スーパー北斗」の方が先にチェッカーを受けられるのである。

ただし、その後「スーパー北斗15号2013年11月に運転とりやめとなったため、2014年現在は「はくたか」1・2・26号の102.5km/hがトップとなっている。ただし、この「はくたか」も2015年3月止されるため、それ以降は「サンダーバード」31号106.3km/hがトップとなる。
なお、料不要の列車に関しては大阪駅19:07発姫路3513M新快速が85.1km/hでトップであるが、2015年3月から運行開始するほくほく線JRと直通)で2015年3月から運行開始予定の「超快速スノーラビット」が表定速度87.1km/hとなるためトップが変わることになる。
(このあたりのソースこちらexitから)

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A1%A8%E5%AE%9A%E9%80%9F%E5%BA%A6
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

表定速度

1 ななしのよっしん
2012/07/17(火) 12:59:39 ID: bijmnIJXAw
地元民だからわかるけど随分ローカルな例題だなあw
2 ななしのよっしん
2015/07/31(金) 01:17:00 ID: ikLxzY3yJK
コーナリングやらセッティングやらノリがまるでF1電車でDか何かの様でワロタ
3 ななしのよっしん
2015/07/31(金) 23:45:41 ID: P9ReZq143R
のぞみ1号 東京博多 240.6km/h
はやぶさ5号 東京新青森 239.2km/h