警報単語

ケイホウ

警報とは、危険があることを知らせる仕組み、情報のことである。

概要

様々な警報があるが、最もよく聞く警報は気象警報であると思われる。大警報、波浪警報などがあり、特に「暴警報」は学生にとって救世主のような扱いをされている。ただし気象警報が出ている場合は相当の危険があるため、用のない外出や、波浪警報が出ている際の海水浴等は控えるべきであるし、災害の発生も覚悟してめに行動しなければならない。警報は音が伴うことが多いが、気象警報については警告音はないため、各自で天気予報を確認しておく必要がある。

他にも、警報の伝達手段の一種としてJアラートが知られる。これを通じて、ミサイル発射情報などが伝えられる。

また、火災報知器踏切の音、自動車クラクションも警報の一種である。自動車クラクションが「ピー!ピー!ピー!ピー!」と鳴り始めることもあるが、セキュリティシステムが作動したときにこうなる。リモコンキーで施錠後、リモコンキー以外の手段で開錠するとこのような音が出ることが多い。

アニメでは機械の操作パネルデザインで表示されることが多い。

関連動画

現実


創作

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%AD%A6%E5%A0%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

警報

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 警報についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード