軽油単語

ケイユ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

軽油は軽自動車の燃料ではありません。絶対に入れないで下さい。


軽油とは、原油から精製される、油の一種である。

概要

原油を約170350度の間で蒸留して精製される石油製品で、第4類危険物のうち、第2石油類に属する引火性液体である。
ディーゼルエンジンの燃料として使用されている。
高温高圧での燃焼効率が良いのが特徴である。
精製時は色だが、ガソリン灯油との区別の為にに着色される。
軽油という名称は、重油に対応して付けられたもので、軽自動車用の燃料」という意味ではないので注意。

それでも軽自動車に軽油を給油するミスは年間200~300件起きており、JAF(社団法人日本自動車連盟)は入れ間違いや勘違いなどのミスを起こさないよう燃料の種類の確認や慎重な給油を呼びかけている。
最近では、ディーゼルフューエルリッド(給油口フタ)の色をにしてDIESEL」と刻字されていたり、ガソリンスタンドの中には軽油をディーゼルと表記したり、セルスタンドの場合は軽油の給油ノズルの色をにして給油ミスの予防をしている場合もある。

また軽油は寒さに弱く、気温が低くなると凍結する恐れがある、JIS規格によって特1号1号2号3号・特3号の5段階に分けられており、特3号に近づくほど凍結しにくくなる。

軽油とガソリンを間違えるとどうなる?

さて、前述のように軽自動車に間違えて軽油を入れてしまう事故が少なからず起きているわけだが、現在日本で発売されている軽自動車にはディーゼルエンジン搭載はない(仮にあったとしてもエンジン重いし、製造コストが高いためメリットよりもデメリットが大きい。詳しくは「ディーゼルエンジン」にて)。

ガソリンエンジンに軽油を入れた場合

間違えて給油した場合、エンジンの直前の燃料パイプにほんのわずかにガソリンが残っているため、一応エンジンはかかるが、軽油はガソリンよりも気化しにくいため、点火プラグが汚れる。
やらかした場合、出が大幅に下がる他、な排気ガスが出てやがて止まる。点火プラグエンジンオイルあたりは交換になる可性が高い。

ディーゼルエンジンにガソリンを入れた場合

ガソリンは軽油よりも潤滑性が悪いため、燃料の噴射ポンプやノズルに致命傷が入る。
乗用車では燃料が潤滑油の役割もしているため速攻でぶっ壊れるが、トラックではエンジンオイルで潤滑させるものもあるため、すぐ壊れるわけではない。
ガソリン同様最初のうちは動くが、出が大幅ダウン、やたらい排気ガスが出て同様に動かなくなる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%BB%BD%E6%B2%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

軽油

1 ななしのよっしん
2013/04/27(土) 08:05:32 ID: nJ5cEv6zgE
作成ありがとうございます!
軽自動車に入れないで!と言うくだりを冒頭に持ってくるとは意表を突かれました。
2 ななしのよっしん
2015/01/03(土) 22:38:48 ID: /dpCshKRCQ
海外ガソリンスタンドだと、軽油の方が高かったりするんだよね。
3 ななしのよっしん
2015/02/22(日) 09:55:04 ID: gr0bqVeQT7
日本でも税分を差し引くとガソリンの方が安価
4 ななしのよっしん
2020/01/04(土) 03:53:02 ID: 32QuC2o2Ls
バカに合わせるのは癪だとは言え、実際バカにできないほど馬鹿やらかしてるから軽油って表記はよくない。ディーゼル油とかの表現にしたほうが良いな

ガスタービンにも使うだろとかディーゼルは重油も使えるタイプがあるぞ、っていう突っ込みをするは燃料に詳しいことはわかってるし一般のガソリンスタンドではつかわないわけで

つーかGSホース給油口が間違った組み合わせは
物理的に突っ込めないようにするのが最適だけど

おすすめトレンド