高杉さん家のおべんとう単語

タカスギサンチノオベントウ


高杉さん家のおべんとう
とは、漫画家柳原先生が描く、おべんとうハートフルラブコメディである。


コミックフラッパー』にて好評連載中。
2012年12月時点で、コミックスは6巻まで刊行されている。

くわえて、漫画内に登場する料理再現したレシピ本、
高杉さん家のおべんとう もふーっとなるHappyレシピ』が主婦と生活社より刊行中。


あらすじ


無職大学の研究員だった温(当時・31歳)に、彼の叔母の死が知らされる。

その叔母には一人・久留里(当時・12歳)が存在した。


他に身寄りがない久留里を引き取り、家族として迎えた温
が、コミュニケーションを試みようとも寡黙な久留里。打ち解けあう事はできるのか?

『・・・家族理かも・・・・・・』
にはくも保護者としてのにぶつかり、挫折心が芽生えていた。

―そんな久留里との距離を近づけていったのは、「お弁当」の存在だった。


この物語は「おべんとう」を通じて、『人』と『家族』との心の繋がりを描く、ハートフルラブコメディである。

作品概要


連載開始は2009年5月号。

雑誌の知名度(注・掲載雑誌・『コミックフラッパー』は発行部数が少なく、一般書店にて見かける事はまれである)から、連載当初は知名度があまりなかった。

だが、コミックス1巻が発売されると、その絵柄の可らしさと内容により人気が徐々に広がり、1巻発売から1ヶ後には第2刷が発行される事となっている。

現在も口コミで人気が広がっていると思われ、連載雑誌の表を飾る事や、一挙2話掲載など、名実共に『コミックフラッパー』の看作品になりつつある。

その表れか、マンガ大賞2012」にノミネートされる事にもなった。

…なお、結果は同率8位となっている。

作品内容こぼれ話


この作品は作中での時間の流れが現実の連載期間とリンクしており、連載当初(2009年)は中学1年生だった久留里も、今は(2012年10月現在高校1年生になっている。

刊誌の為、描き切れないエピソードも多く存在しているのだが、その部分はコミックに新規描き下ろしとして描かれる事がある。

久留里の誕生日エピソードコミックス描き下ろしとなっている(久留里の誕生日3月であるのだが、3月は色々な行事エピソードが存在する為に、雑誌本編では久留里の誕生日話は描かれていなかった)。

注意部分&人気部分


31歳の主人公美少女中学生と同居…という設定だけ聞くと、ライトノベルエロゲーでよくある×××な展開を期待される方もいらっしゃるかもだが、そういう部分は皆無に等しいので、注意してもらいたい。

この作品の一番の人気部分はヒロイン・久留里の

らしさ、愛し

にある、と言っても過言ではないだろう。

それは外見だけの事ではなく、久留里が温をはじめ、皆の為に行動する部分がおしくて仕方ないのである。

これは作品を読めばかならず伝わると思うので、未読の方は是非読んでもらいたい所である。

なお、それ以外の見所は論色々あるのだが…それもコミックスを読んで確認して欲しい。

登場人物


メインキャラは以下の通り。ここでは簡易説明だけにしておきますので詳しい説明はWikipediaexitなどを参考にしてもらいたい。

高杉 久留里(たかすくるり
この物語ヒロイン母親である美哉を亡くしている。父親は不明。
心を抱いている。

高杉たかすぎ はるみ)
一応主人公現在助教。久留里の心にはまったく気が付いていない、鈍感男。

小坂 りいな(こさか りいな)
の同僚で久留里の敵。29歳、悩めるお年頃。

香山 子(かやま れいこ)
の同僚。准教授。ざっくばらんな性格。のなつ希は久留里の中学時代のクラスメイト

香山 なつ希(かやま なつき)
子の。久留里の中学時代のクラスメイト現在は久留里とは違う高校に。

丸宮 (まるみや みつる
久留里の中学時代のクラスメイト。久留里に心を抱き、何度かアタックしているが、久留里の眼中になし。

関連動画

紹介やMAD動画など

作中の料理再現

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

高杉さん家のおべんとうに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AB%98%E6%9D%89%E3%81%95%E3%82%93%E5%AE%B6%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%B9%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%86

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

高杉さん家のおべんとう

51 ななしのよっしん
2015/07/26(日) 11:31:24 ID: hKYFwWvkEm
かなり久々に覗いたが、随分と痛々しいのが湧いてんのな
ここは作品を全肯定するための場じゃないから作品自体への批判は別に構わんと思うが
理路整然とした批判じゃなく「自分が気に入らない展開だから」って理由で批判してるばかりで大層香ばしい

ともあれ最終巻読了
てっき高卒後は実家スーパーで働くと思っていた丸宮が、東京でホストクラブ勤め中なのには苦笑した
お前せっかく自然に感情表現出来るようになりつつあったのに
結局作り笑顔とヨイショスキルフル活用するに行っちゃったのかよ、と
52 ななしのよっしん
2015/08/10(月) 23:15:26 ID: ruIWEoyqw8
作者と編集がタイトルを忘れて、「少女漫画的ドロドロやったらウケルだろ」と思ったのが一番の間違い。
一番空気読めてなかったのはハルでも丸宮でもない、作者だったというオチ
53 ななしのよっしん
2015/09/01(火) 17:14:08 ID: Vm1CIpb1Ib
まあ作者さんも自分のしたい話をやるという事で意志を貫いてこういう結果になったのだから
それはそれでいいのではないかな
54 ななしのよっしん
2015/09/28(月) 19:24:22 ID: gmMiM9BeAX
家族仕事、生活する地域社会との関係などで悩んだ経験の軽重で
作品の受け取り方がまったく異なると思う

きょうび氾濫してるようなテレビアニメ的娯楽作品に飽きた人には
具合的にちょうどいい重さだと思うけど
高校生20代ぐらいだと(当然だけど)テーマが未知過ぎて
どう転がっても消化不良は不可避だわな…
55 ななしのよっしん
2015/10/21(水) 00:25:09 ID: MlpUISbz9v
現実時系列と同時進行」という縛りになったせいか
ハル線で進行する話の割には久留里に惹かれていく過程が
若干唐突ないしは説明不足かな?というようなツッコミどころはあるし、
そもそも万人向けの当たり障りのない話でもないけど、それにしたって
なぜそこまで?と思うほどの叩き方されてるのは正直言って不思議だし、
最低限の理屈はついてるかなと。
ただうさドロと同列にるのは余りにも表面的で浅薄な解釈であり背景その他を
読み込めてないというか、玉子焼とオムレツ同一視するようなもの
だと思う。序盤の展開から先読みと期待が膨らみ過ぎて、その期待と実際の展開の
乖離に耐えられなくなったのか、いは護する者とされる者との関係性が
消滅している中で、その変化についていけず脊髄反射生理的嫌悪を
感じているのか。前者であれば読むのに向いてなかったんだねとしか言いようがないけれど、
後者であればじっくり読み込んでみると違ったものが見えてくる気がする。
56 ななしのよっしん
2015/12/29(火) 12:48:11 ID: P+LVTxShXA
長文書いてるやつもいるけど
社会で悩んだ経験があればあるほど不可解な作品だよこれ
57 ななしのよっしん
2016/02/20(土) 14:12:22 ID: Vm1CIpb1Ib
終わったのか
58 ななしのよっしん
2017/04/18(火) 19:29:05 ID: XaIDpB2DuZ
ハルと丸宮の連中の扱いの差は田中太郎に通じるものがあるな。
59 ななしのよっしん
2017/08/08(火) 14:02:18 ID: m/8uA0O9A2
とんでもねぇクソマンガでしたねw
はじめ面かったのにどうしてこうなった・・・
60 ななしのよっしん
2018/02/04(日) 08:52:37 ID: uuS23ZmWEJ
>>35
作者の男向け漫画なんて一部の例外を除けばこんなもんでしょ
非モテの男主人公が理不尽にsageられて女キャラ不自然に持ち上げられる(女にとっての)ご都合作
作者少女漫画出身だけど、やっぱりなと思ったわ
主人公イケメンだったらどうせマンセー漫画になってたんだろ
一番の問題はこんなゴミ然と男向け雑誌で連載しようとした編集部なんだけど