編集  

F-15J単語

エフジュウゴジェイ

F-15Jとは、航空自衛隊の現戦闘機である。

概要

元機体の概要F-15を参照されたし。

F-104J/DJの後継機として配備され、現在に至るまでアップデートを繰り返しながら航空自衛隊戦闘機として運用されている。

導入[1]

1974年から日本F-104の後継機を選ぶための調を開始、翌年には補を7機種に絞り込んだ。1976年補はF-14F-15F-16の3機種まで絞りこまれた。同年に行われた航空ショーではF-14F-15が連日デモライトを行い熾な売り込み合戦が行われたが、1977年末の会議F-15の採用が決定された。
装備数は当初100機を予定していたが、最終的に213機になった。

F-15CベースにしたF-15J(単座)が165機、F-15DをベースにしたF-15DJ(複座)が48機作られた。両者とも完成品輸入、ノックダウン生産の後ライセンス生産が行われた。

F-15Jの最終機は1998年に、F-15DJの最終機は1999年完成している。

米軍型との違い

米軍F-15では左側の垂直尾の先端にTEWS(戦術電子システム)のアンテナの膨らみがあるが、航空自衛隊F-15にはい(左右とも垂直尾の先端は細いマスバランスになっている)。TEWSはレーダー警受信機、尾部警セット、干渉ブランカー、内蔵電子戦キット、フレア/チャフ投下装置で構成されており、敵の脅威を検知し、パイロットに対処方法を教える装置だが、アメリカは機密扱いとし、日本への技術移転は行わなかった。このため、レーダー警装置(J/APR-4)、ECM(ALQ-8)を内で開発して搭載している。また、BADGEと連動するデータリンクASW-10)も日本独自の装備である。爆撃照準機中給油もそのまま残された。[2]

その他の日本独自の装備としてはJ/APQ-1(レーダー警受信機)、脱出時にキャノピーを破壊するキャノピーブレイカーがある。ディスペンサーは後日輸出が解禁されたため、S/N 879から生産段階で搭載となっている。

武装は固定武装の20mmバルカン砲米軍と同じAIM-9LサイドワインダーAIM-7F/Mスパローの他、1990年代中ごろから産装備のAAM-3が使用される。

MSIP

昭和60年度のc-6契約以降の機体はMSIP(多段階良計画)により良された後期量産型で、MSIPによる良を受けていない初期をpre-MSIP、後期をJ-MSIPと呼んでいる(米軍自衛隊では良点が異なるため自衛隊MSIPにはJを付けて区別している)。MSIPではコンピュータ更新や機材の追加が行われているが、一番大きな変更点はMIL-STD-1553Bデジタルバスの装備で、これはAIM-120Cのようなアクティブレーダーホーミングミサイルを運用するためには必須となる。機体の配線をすべてり替えることになるので、pre-MSIPをJ-MSIPに修するのは簡単ではない。実際のpre-MSIPからの修は定期修理の際に少数が実施されているだけのようだ。[3]

※pre-MSIPでは「H-009」というデータバスが使用されている[4]

近代化改修[5]

J-MSIPを対にした近代化プログラム1997年度より開始されている。F-15Jの近代化修では「形態1」「形態2」の2種類の修試作機が作られた。(形態1で1~3、形態2で4~7のテストが行われた)

  1. レーダーをAN/APG-63(V)1へ換装
  2. セントラルコンピュータの換装
  3. 発電機と冷却装置の換装
  4. IEWS(統合電子戦システム)の搭載
  5. CMD(チャフ/フレア・ディスペンサー)の換装
  6. AAM-5の運用
  7. FDR(フライトデータレコーダー)の搭載

量産機修では上記の1-3、6-7に

を追加した修が2004年度から予算化されている。 2008年度からはHMD(JHMCS)の対応修も追加された。 量産機に適用されていなかったIEWSとCMD換装についても7機分が予算計上され、修された機体が2014年には登場しているはずである。

偵察型

pre-MSIP機を対に、減勢する一方のRF-4E/EJ偵察機の代替として偵察ポッド偵察機の搭載が考えられていたが、防衛省偵察機への修を請け負っていた東芝との契約を解除しており、計画は頓挫している。[6]

スタンドオフミサイル

防衛省平成30年度予算で、F-15等の空自戦闘機スタンドオフミサイル(LRASM/JASSM)を搭載するために必要な機体修の適合性調を行なう費用を計上している。[7]

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *自衛隊戦闘機はどれだけ強いのか?」青木謙知 サイエンス・アイ新書 pp.122-123
  2. *F-15イーグル 世界最強の制戦闘機」J・エセル著 1985
  3. *スーパーインターセプター!『F-15kai)』」石川潤一 軍事研究 2014年10月
  4. *https://trafficnews.jp/post/79264/2
  5. *「特集 自衛隊機近代化修」航空情報 2013年12月号 No.843
  6. *http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD3100K_R31C11A0EB2000/
  7. *http://www.mod.go.jp/j/yosan/2018/yosan.pdf

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/f-15j
ページ番号: 5146010 リビジョン番号: 2590381
読み:エフジュウゴジェイ
初版作成日: 13/09/23 00:56 ◆ 最終更新日: 18/05/17 23:34
編集内容についての説明/コメント: 概要に追加しました(スタンドオフミサイル
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

F-15Jについて語るスレ

28 : ななしのよっしん :2015/07/02(木) 01:57:12 ID: /vjLUyzB6p
>>25
財務省が許してはくれないだろうな…
あと確かに体ない様な気はするけど、ガタのきてる所全部直した上で近代化修を続けていくよりもF-35更新してしまった方が将来的にはお金掛からないと思うな
どの古い機体はいつかは更新しなきゃいけないんだし
29 : ななしのよっしん :2016/03/17(木) 00:52:36 ID: K9dTiHouTy
F-15シリーズの中で航空機による撃墜が確認されてる一のF-15という嬉しくない記録持ってるよね
30 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 09:59:42 ID: S4eRcQYg9C
AAM-4すごいとはいってもスパローのパイロンに4発しかつけられないだろあれ
射程はAMRAAMよりちょっと長いけど中距離空対空ミサイルを撃ちあう現代においてそれで足りるのやら・・・
31 : ななしのよっしん :2016/07/17(日) 23:45:01 ID: dp/ik4eXaa
ぶっちゃけ1ソーティで撃った中距離AAM均が4発だし
そもそも4発以上搭載するのが稀なんだから問題ない
32 : ななしのよっしん :2016/07/27(水) 19:03:24 ID: viNwq55qtS
F-15J太陽を一撃粉砕するロケット100発装備するべき
15年4か前からそう言い続けている

>>29
それも同じF-15に撃墜されている
33 : ななしのよっしん :2016/12/16(金) 13:08:45 ID: R+67i+y3W3
>>30
aim-120だって基本は4発だけども。
34 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 17:22:05 ID: 4/cyLpmmSU
F-15Jはオムニバースレベルクラスの攻撃に耐え抜くほどのキャノピーを装備、本仕様の場合はオムニバースレベルマックスクラスの攻撃にも耐え抜ける
35 : ななしのよっしん :2017/01/30(月) 19:44:21 ID: Doa7llvkP8
那覇で前輪が取れたみたいだけどタイヤ交換してボルトの締め忘れとかあったのかな?
36 : ななしのよっしん :2017/09/14(木) 10:40:30 ID: 8SMNIXTyhk
この記事のスレ>>26>>32>>34は何?IDは違うけど意味わからないこと言ってるし…
37 : ななしのよっしん :2017/12/06(水) 19:42:10 ID: mpRbQtoCed
JASSM-ER搭載修するかもって報道が出てきたな
射程900㎞オーバーステルス対地ミサイルなら防えて攻勢対航空戦も視野に入ってきそうだ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス