三菱F-1単語

ミツビシエフワン

三菱F-1Mitsubishi F-1)とは、航空自衛隊が運用していた三菱重工業製の戦闘機戦闘爆撃機)である。

概要

三菱F-1
Mitsubishi F-1
用途 戦闘機 / 戦闘爆撃機支援戦闘機
分類 ジェット戦闘機 / ジェット戦闘爆撃機
製造者 三菱重工業
運用者 航空自衛隊
総生産数 77
初飛行 1975年6月3日FS-T2
1977年6月16日F-1
退役 2006年3月9日

三菱重工業MHI)が開発・製造、2006年まで航空自衛隊で運用されていた産の双発式ジェット戦闘爆撃機。以前は「支援戦闘機」という区分であったが、現在では「要撃」や「支援」という区分は扱われなくなったため、防衛省の資料では単に「戦闘機」と称されている(後継の三菱F-2も同様)。

三菱T-2の後席をつぶして電子機器室としたほか、レーダー装置などの電子機器を追加している。構造面で大きな違いはない。後方視界を考えると後席をパイロット席とした方が良かったのだろうが、そうなると設計、改造、試験を追加しなければならなかったであろうことを考えるとやはり予算上の制約で見送られたのかもしれない。

M61A1 20ミリバルカン砲を固定装備する。兵装はASM-1対艦誘導弾。低侵攻からの対艦ミサイルによる攻撃は非常に強で、ソ連軍を抑止していたがアップデートがほとんど行われず、電装品を中心に陳腐化が立っていたのも事実であった。

アップデートの行われなさはエンジンにも現れている。同機体を操縦したパイロットたちの評価は総じて悪いものではなかったが、エンジン非力さについては運用中も摘が行われた。もともと「三菱T-2」の練習機のときに搭載されたエンジンだったのだが、電子装備など実戦配備に必要な装備をつけたことで自重が増えたもののエンジンが変わったわけではないので、如実にエンジン非力さが現れたという。

機体形状から、同時期開発のSEPECATジャギュアのコピー?とか言われるが…まぁ、どうなんだろうか。開発時期はジュギュアのほうが数年いが、同じくアドーアエンジンを搭載し、同一の運用スタイル(練習機/攻撃機の併用)をめたら同じスタイルに収斂したと考えるべきか。

配備開始後にGCS-1(91爆弾用誘導装置)の運用が付加された。
77機生産され、3個飛行隊に配備された。幸か不幸か実戦を一度も経験せず2006年に全ての機体が退役している。

また内開発機体ということもあり、技術ライセンスの転用縛りも少ないため航空自衛隊の先進技術実機「心神」のコクピット周りにT-2/F-1の部品が流用されているのも有名な話である。

アドーアの悲劇

先述したエンジンは、ロールス・ロイス・チュルボメカ RT.172 アドーアのライセンス生産品で、石川島播磨重工(のちIHI名)製の「TF40-IHI-801A」。だが問題のきっかけはライセンス生産にあたって元としたのがアドーアエンジンの先行量産型だったことだった。

エンジンのみ先行で導入したのはいいが、先行量産品であるため性はカタログスペックを満たしておらず、ついでに開発とは異なる高湿度の運用状況ということなどもあって、あまりいい性を発揮したとはいいがたく、これに対して開発メーカーエンジニアなどを呼んだものの、あまりいい対応をしてくれないわ、必要な情報は教えてくれないわ、と散々なサポート状況。

さすがに憤ったIHI技術者達は、TF40-IHI-801Aエンジン良に乗り出すことになる。まともなジェットエンジンの開発を行ったこともない状況で散々たる苦労の末F-1の運用までに何とか燃料ポンプ周りの良や生産性の向上、信頼性の向上に努めることになった。なのでライセンス生産といっても、微妙となっている。

と こ ろ が

これにより得られた日本側の技術情報善策は、エンジン導入時の契約上、丸ごと開発メーカーの手に渡って、アドーアエンジンはあっさりと良・善版として出てくる。「じゃあ、そのエンジンもらえるよね?」と思いきやそうならず、F-2導入前にそのアドーアエンジン良版が売り込みされるということに。

自分たち(日本側)の技術で修正・良したものをタダで持っていかれる、しかもそれを有料で売りつけられるという、この展開には、さすがに自衛隊中の人激怒したとかしないとか。やらずぼったくりとはまさしくこのことであるといえるだろう。この一連のやりとりが当時の技術者、開発自衛隊中の人(制服組・背広組)などが嗟と血涙る、俗に言う"アドーアの悲劇"の末でもある。

一応、後のF-15に搭載されるP&WF-100エンジンライセンス生産を可としたのだからこの苦労と血涙駄にはなっていない。しかし、自衛隊中の人的には、欧州メーカー製に対する拭いがたい不信感の元となっているようである。

仕様

F-1
乗員 1名
全長 17.85 m
全幅 7.88 m
全高 4.45 m
面積 21.17 m2
前縁後退 42.29°
下反
基本運用重量 6,550 kg
最大離陸重量 13,700 kg
搭載燃料 1010 gal (3823 ℓ) - 機体搭載燃料
220 gal (833 ℓ) × 3 - 増槽燃料
荷重制限 +7.33 G ~ -3 G
最大速度 Mach 1.6
実用上昇高度 約1,5240 m (約50,000 ft)
航続距離 277,800 m (150 nmi) - 機体搭載燃料のみ
2,592,800 m (1,400 nmi) - 増槽3基搭載、フェリー航行時
戦闘行動半径 277,800 m (150 nmi) - 要撃戦闘時 (AAM × 2発、機体搭載燃料のみ)
351,880 m (190 nmi) - 対地攻撃時(500lb爆弾 × 8発、増槽 × 2基)
555,600 m (300 nmi) - 対艦攻撃時(ASM × 2発、増槽 × 1基、Hi-Lo-Hi飛行時)
エンジン製造者 石川島播磨重工
メインエンジン IHI TF40-IHI-801A × 2基
最大推 22,753 N (2,320 kgf、5,115 lbf) - ドライ
32,460 N (3,310 kgf、7,297 lbf) - アフターバーナー使用時推
重量 0.48
固定武装 住友重機械工業JM61 バルカン 20mmガトリング砲 × 1門 (750発)
搭載兵装 AIM-9サイドワインダー空対空ミサイル×4、増槽×2(装備)
AIM-9サイドワインダー空対空ミサイル×2、ASM-1対艦誘導弾×2、増槽×1(対艦装備)
AIM-9サイドワインダー空対空ミサイル×2、Mk-82 500ポンド通常爆弾×12、増槽×1(近接航空支援

バリエーション

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E8%8F%B1f-1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三菱F-1

55 ななしのよっしん
2017/05/16(火) 13:22:20 ID: cp5/Y7VHJ6
>>54
飽和攻撃と簡単におっしゃるけど、77機しか生産されてないF-1に年間25発製造のASM-1で果たしてソ連太平洋艦隊の防艦を飽和させられたのでしょうかね…?

そりゃ当たらんわって…実戦では相手がチャフやECMで妨してくるのは当たり前です
まさかスターク事件みたく相手が全く回避・迎撃行動を取らないケースを期待するとでも?

それと不安定要素とは言いますけど、言ってしまえば信管が正常に作動するかどうかも不安定要素ですよ?
あと最大射程からでも十分な運動エネルギーを維持しているという根拠は?
フォークランド紛争やタンカー戦争等でも対艦ミサイルの命中事例は有効射程内に限ってたはずですが…?
56 ななしのよっしん
2017/05/18(木) 22:49:45 ID: 9fUn0AJDTT
別人なので
>あと最大射程からでも十分な運動エネルギーを維持しているという根拠は?
だけつっこむが、シースキマーで動喪失したら即没するからだろ。
逆に言えば燃料が残ってる限りは似たような速度ってことだし、燃料がだと貫通できないなんて間抜けな設計はしない。

まぁ燃料がだと『不発だったけどうまい事引火してダメージ与えた』とかはいだろうな。
57 ななしのよっしん
2017/05/22(月) 16:30:18 ID: EFZjweBtvw
>防艦を飽和させられたのでしょうかね?
あちらさんの防システムの性と艦数を考慮するとできなくもなかったんじゃないか、という気はするけども。ソ連艦隊が相手となれば当然米軍も出てくるわけだし。

>そりゃ当たらんわって
とりあえず流れを理解しようか。
>>50
「射程距離ってのは弾が当たる距離じゃなくて当たって効果が出る距離のことなんだよね」
>>52
ミサイルの射程距離は『迎撃や回避がない場合』に高確率で命中する距離のことだ」
という流れなのに、>>53ガチで迎撃、回避しまくった事例を挙げて反論とするのは全く話がかみ合ってないが。

>相手が全く回避・迎撃行動をとらないケースを期待するとでも?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
58 ななしのよっしん
2017/05/23(火) 07:15:41 ID: cp5/Y7VHJ6
>>57
>そんでもって、もしかしてお前、「最大射程」を、弾と同様の「とりあえず飛びはするけど当たるか分からない距離」と定義して使ってるのか?
>大抵のミサイルは、そんな距離を飛ぶ前に自爆するようにできてるはずだが。
>多分ウィキペディアの記述みにして「最大射程」って言い方してるんだろ? ここでの「最大射程」は「有効射程ギリギリ」のことであり、厳密な意味での最大射程ではないぞ。

最大射程の定義をご自分で勝手に作られてもなぁ…
まぁミサイルの本当の「最大射程」がどこまでなのかは々には知りようもないことなのではありますが
ただ方は実際の戦闘では対空ミサイル対艦ミサイルも知られている「最大射程」よりも接近した状態で発射・命中させたケースどなのはどうご説明なさるつもりですか?
59 ななしのよっしん
2017/05/23(火) 15:28:45 ID: EFZjweBtvw
>>58
じゃあどういう定義なのか伺いたいものだな。まさか自分で定義の定まっていない言葉を使っているわけじゃあるまい。
多くのネット辞書では前者の意味で使われているし、ウィキペの該当ページでは文脈からすると後者の意味だ。

まぁ英語版じゃ単に「long range」と書かれているだけなんだけど。

「どうご説明」と言われても「当たり前だろ」としか。最大射程がどっちの意味だとしても、運用がその内側で行われるのは説明の必要がない当たり前の話。
60 ななしのよっしん
2017/11/27(月) 00:13:28 ID: cp5/Y7VHJ6
>>59
だったらそんな喧で噛み付かないで頂きたかったのですがねぇ…
私の書き込みの一体何がそんなに気に入らなかったのかはわかりませんが
61 ななしのよっしん
2018/01/01(月) 12:14:15 ID: EFZjweBtvw
久々に見にきたら、>>60は6ヶぶりに何を言うとるんだ…

6ヶ月経っても結局回答は用意できていないようだし。
62 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 21:14:54 ID: M/CW9YwuV1
おもうんだけど、F4よりひどいん?
F4はようやく退役が始まったけど
63 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 01:51:57 ID: DkZhMBkXWW
ほぼ同時期に配備が開始された日本爆撃削除をされているF-4EJとの較なら支援戦闘機としては優秀
そもそもF-104導入の際にF-86もそのまま使用するための言い訳だった支援戦闘機の方向性を決定づけた
迎撃機としてはエンジン非力すぎたためにまったく較にならない
F-4EJが後に修されて支援戦闘機として運用されるようになった時点でほぼ役を終えたとも言える
F-35配備を待つのみで事実上はF-15F-2が任務を遂行する現在F-4と同じようにだったのは20年ほどかと
しかし技術的な意義は必要な過渡期の産物としてこれがければ今以上に米国製に頼った編成になっていたはず
64 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 09:24:59 ID: Anb3YN/OXE
艦のお仕事シーキミング高度の対艦ミサイルレーダー線上に上がって着弾までの約90間が勝負

イージス以前の防艦にとってはこんな代物でも十分脅威だったろう