GSG-9単語

ゲーエスゲーノイン
1.3千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

GSG-9とは、ドイツを代表する特殊部隊である。ちなみに「ゲーエスゲーノイン」はドイツ語による発音であり、英名では「ジーエスジーナイン」となる。

概要

SATの手本にもなった警察系対テロ特殊部隊の代表格であり、ミュンヘンオリンピック事件(後述)で人質を取られた状況を処理する手段を持っていないことを痛感した当時の西ドイツが設立した。

軍事部隊を創設することはかつてのSSを想像させるといった様々な理由から、部隊は連邦警備隊(BGSBundesgrenzshutz)内の準軍事組織として、警備隊第9対テロ部隊(GSG-9:Grenzschutzgruppe 9)という名前で発足している。本来はテロリストに対抗する国家HRU(Hostage Rescue Unit:人質救出部隊)として活動するつもりだったが、危険性を伴う重要人物の警護や、襲撃されそうな西ドイツ大使館の警備、非常事態が起きた際の重要軍事施設の警備も見込まれていた。[1]

GSG-9はイギリス特殊部隊SASからの導のもとテロ制圧に有効なノウハウを取得したほか、兵器開発にもを注いでより専門的な武装の確立を図った。

GSG-9設立後の1977年、「ルフトハン航空181便ハイジャック事件」が発生する。この事件においては、ソマリアのモガディッシュに着陸したハイジャック機に対しGSG-9が強行突入、人質を全員救助した事から「モガディッシュの奇蹟」と賞賛され一躍有名となった。

おこの事件により、使用されたサブマシンガンH&K MP5」とフラッシュバンの組み合わせによるテロ制圧が有効であることが実され、以降SASSDU、SEALsデルタフォースSWATなど世界各地の特殊部隊で採用されている。

組織は2005年に「連邦警察局」へ名しているが、特殊部隊に冠されたGSG-9の名称は継承された。

ミュンヘンオリンピック事件

1972年に発生した、テロ組織がイスラエル選手村を襲撃した事件。当時はまだドイツ特殊部隊はなかったためこの事件には警察が対応したが、人質救出を阻する様々な要因、およびテロに対応した知識・経験の不足による不手際などが積み重なり、結果として2名が襲撃時に死亡、人質となった9名も解放作戦の失敗により全員死亡という最悪の結果に終わった。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *世界最強テロ部隊」 レロイ・トンプソン 訳:毛利元貞 グリーンアロー出版社 1993 p.127

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

GSG-9

1 第4帝国の国民
2011/07/29(金) 18:41:32 ID: peFLtnK8cB
世界でも高いレベルもつ特殊部隊。たぶんトップ5に入るのでは。
2 ななしのよっしん
2020/01/08(水) 06:57:15 ID: F71ZqjA0tu
連邦警備隊はBGS
GSGは警備群なので第9警備群の略称と書くべき

設立のきっかけとなった事件を起こしたのが九月GSG-9発足後に東独でも発足した特殊部隊が第9人民警察中隊(第9勤務隊)

なぜみんな9なのか?
いやテロ組織はちゃんと由来あるけどさ