編集  

Pay to Win単語

ペイトゥウィン

概要

Pay to Win」とは「払って勝つ」という意味。

マイクロトランザクション課金サービス)を導入したオンラインゲームにおいて、現で購入したゲームアイテムなどを利用することで相手プレイヤーよりも有利になれるというゲームバランスになっているもの、つまりは"現を支払った者が勝者になるゲーム"を例えた言葉。略称は「P2W」。この呼び方は英語圏で基本無料ゲームFree to Play(F2P)を捩ったものである。

英語圏では課金サービスを"乱用した"ゲームの問題点として広く知られている言葉である。日本国内でも課金サービスの問題点こそは何かと話題になる一方で、それらを総括する言葉や解釈はいまいち浸透していないようで、一部のコミュニティでは課金サービスへの認識や評価に若干齬がある様子も散見される。

P2WとF2P

当然ながらPay to WinP2W)とは文字の通り、現が勝敗に影するというゲームバランスが成り立っていないゲームして呼ぶものであって、課金サービスといっても、"プレイヤーの見たが変わるだけのアイテム"のようなゲーム内容に影を与えないもの、つまりゲーム内容がである健全なFree to Play(F2P)はこれに含まれない。こうした健全なF2PP2Wの混同は、しばしコミュニティ上の議論や話題で混乱を招く原因にもなっている。ニコニコ大百科課金サービスを扱うの記事でも何となくそうした様子が伺えると思う。

P2Wとされるゲームにおいて、一部のコミュニティ内の人物、もしくは公式運営側から「時間をかけてゲーム内通貨を集めれば無料で(有利になれるアイテムが)賄える」という選択肢を理由に「P2Wではなくである」という意見が挙がることもある。しかし、それを現で購入できるサービスが用意されている以上はゲームであるとは言い難くP2Wであることに変わりはないだろう。プレイヤー個人の利用方法の違いではなく、ゲームバランスに影を与えてしまう課金サービスそのものがP2Wと呼ばれているのである。

P2Wの評価

P2Wという言葉自体は問題のある課金サービスすものであり、否定的な意味合いで使われているのがほとんどである。

しかし、こうしたサービスが導入される理由としては、そういった内容のゲームを望んでいて現を支払っているプレイヤーが多く存在しているからである。そして当然ながら、そのような課金サービスの利用やゲームプレイ自体は消費者側の任意で利用規約の同意のもとであり、決してP2Wを導入したゲームに違法性があるというような話ではない。また、P2Wと同様のサービスは最近出たものというわけではなく、2000年代中半頃から一部の基本無料オンラインゲーム日本国内向け含む)では導入され運用され続けていた。

また、P2Wが導入されたゲームプレイヤーからの肯定的な評価として、コミュニティ上では「ゲームが苦手なプレイヤーに必要なハンディキャップ」といったような意見を見かけることもある。


を支払えば勝利できるゲーム自体の是非や評価は別問題として、あらかじめそういったゲームであることが明らかにされているのであれば、あとは単にプレイヤーの好みという話といったところだろう。

このような言葉が作られて問題視されるのは、F2Pを謳いながら実際にはP2Wというケースが存在しているからである。特に後からアップデートP2Wが導入されたゲームの評価は大きく分かれているだろう。P2Wの問題点はプレイヤーコミュニティ側だけの解釈というわけではなく、F2Pタイトルの開発・運営側も把握しており、コミュニティ摘を受けてP2Wのシステム止した例や、P2Wを導入しないゲームであることを宣言しているタイトルも多い。

F2P基本無料ゲームゲームを楽しみたい場合は、P2Wではないかを見分けることが大切かもしれない。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/pay%20to%20win
ページ番号: 5489359 リビジョン番号: 2616381
読み:ペイトゥウィン
初版作成日: 17/06/09 01:11 ◆ 最終更新日: 18/08/16 10:49
編集内容についての説明/コメント: 文章の推敲、細かい部分の加筆修正など
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Pay to Winについて語るスレ

14 : ななしのよっしん :2018/07/09(月) 10:37:46 ID: gE+iQrYnJY
ソシャゲだとと運があれば無双できる
運だけあればいいんじゃなくて運試しやら何やらとにかく何をするにもがいるんだけど
議論するまでもなく当たり前だと思う
15 : ななしのよっしん :2018/08/30(木) 22:13:58 ID: RslgxydVET
上手いが勝って下手なが負けるのが普通の対戦ゲーム常識
でも基本無料でそうすると集出来ないから出したが有利になるようにするわけだ。
16 : ななしのよっしん :2018/09/15(土) 14:36:13 ID: C7wrowb1Tg
ゲームルールの中で、選べる手段、に特長、弱点はあれどもほぼ対等の前提でPSや思考、戦術を競うから対戦ゲームは面いんであって、そこに突っ込んだから大幅有利です、とかいうゲーム外要素が入ってきたら醒め以外の何物でもない。
そういうゲームで例え上位に行ったとしても銭感覚の怪しいアホし上げみたいなもんで猶更プレイしたくなくなる。
17 : ななしのよっしん :2018/09/21(金) 00:09:04 ID: Fwn3DQRcVZ
リアルですら、と運で大体上にいけるっていう世界なのに、ゲームにまでそれ持ち込まれたらリアルゲーム混同させんじゃねぇ・・・ってなってざめどころかゲームですらないと言われるのもやむなしかと
18 : ななしのよっしん :2018/09/26(水) 22:25:08 ID: qyImJPRDgH
ゲームにはルールがある

しかしpay to win ではどちらかが有利な状態でゲームが始まる

これにルールがあると言えるのだろうか

けど、これを不当に思わない人がいるからpay to winくならない

頭が悪過ぎて不当だと思えないのかな
19 : ななしのよっしん :2018/10/05(金) 14:01:14 ID: ZO3swfCxIb
ソーシャルゲーム」の単語記事過去の版の内容は、ある編集者によって書かれた独自研究の記述が大半を占めていました。その内容の多くは『問題点まとめ』『課金制度に物申す』といったようなものでした。
http://dic.nicovideo.jp/r/a/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/2559589

なんですが、妙なことに『ただし、P2Wは問題には当たらない』みたいな一文と当人の自論がわざわざ付け加えられてもいました。その記述を引用すると『勝敗の不感については課金者が分をわきまえ』…だそうで。これだけでも首を傾げたくなる文章ですが、直前の文脈や当人が大量に書いていた他の自論とも何だか矛盾しているようなヘンテコな記述でした。

実のところ、その人物が書いた大量の文章をよく読んでみると、例えるならゲーム機本体とゲームソフトの区別が付いていないような状態で、「ゲームジャンルとは何か」「ゲームとは何か」を解説するにあたって大前提
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
20 : ななしのよっしん :2018/10/05(金) 21:28:24 ID: qyImJPRDgH
個人的に対人ゲームpay to winはあり得ないけど
一人用ゲームpay to winはあっていいと思うよ
21 : ななしのよっしん :2018/10/11(木) 20:23:10 ID: WMxxuvZTn5
そっちのが暴動が起きそうだが...
Pay to Winといっても、露に強い課金アイテム用意するよりもアップデートバランス急変させて流行を作り出す感じを良く見掛ける。
意図したものかどうかは知らんけど。
22 : ななしのよっしん :2018/10/14(日) 06:51:25 ID: qyImJPRDgH
一人用ゲームNPC相手に勝って当たり前だから払って有利になってもいいけど(そもそもも文句を言わない)

対人戦で勝って当たり前という感覚はおかしいよな?
負ける可性は十分あるんだから

対人戦のpay to winやってるは実がないのに勝ちたい、勝った気分になりたいみたいだけど
それは一人用ゲームやってるのと同じだろ
23 : ななしのよっしん :2018/11/08(木) 23:05:32 ID: E7wCbg6zJn
自分も一人用ゲームでのpay to winは文句はないな
pay to winへの不満は、自分が技術や戦術を駆使しても、結局はで勝敗が左右されることへの不感であって
自分が自己満足するために課金するかは自由だと思う
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス