Pay to Win単語

ペイトゥウィン

概要

Pay to Win」とは「払って勝つ」という意味。

マイクロトランザクション課金サービス)を導入したオンラインゲームにおいて、現で購入したゲームアイテムなどを利用することで相手プレイヤーよりも有利になれるというゲームバランスになっているもの、つまりは"現を支払った者が勝者になるゲーム"を例えた言葉。略称は「P2W」。この呼び方は英語圏で基本無料ゲームFree to Play(F2P)を捩ったものである。

英語圏では課金サービスを"乱用した"ゲームの問題点として広く知られている言葉である。日本国内でも課金サービスの問題点こそは何かと話題になる一方で、それらを総括する言葉や解釈はいまいち浸透していないようで、一部のコミュニティでは課金サービスへの認識や評価に若干齬がある様子も散見される。

P2WとF2P

当然ながらPay to WinP2W)とは文字の通り、現が勝敗に影するというゲームバランスが成り立っていないゲームして呼ぶものであって、課金サービスといっても、"プレイヤーの見たが変わるだけのアイテム"のようなゲーム内容に影を与えないもの、つまりゲーム内容がである健全なFree to Play(F2P)はこれに含まれない。こうした健全なF2PP2Wの混同は、しばしコミュニティ上の議論や話題で混乱を招く原因にもなっている。ニコニコ大百科課金サービスを扱うの記事でも何となくそうした様子が伺えると思う。

P2Wとされるゲームにおいて、一部のコミュニティ内の人物、もしくは公式運営側から「時間をかけてゲーム内通貨を集めれば無料で(有利になれるアイテムが)賄える」という選択肢を理由に「P2Wではなくである」という意見が挙がることもある。しかし、それを現で購入できるサービスが用意されている以上はゲームであるとは言い難くP2Wであることに変わりはないだろう。プレイヤー個人の利用方法の違いではなく、ゲームバランスに影を与えてしまう課金サービスそのものがP2Wと呼ばれているのである。

P2Wの評価

P2Wという言葉自体は問題のある課金サービスすものであり、否定的な意味合いで使われているのがほとんどである。

しかし、こうしたサービスが導入される理由としては、そういった内容のゲームを望んでいて現を支払っているプレイヤーが多く存在しているからである。そして当然ながら、そのような課金サービスの利用やゲームプレイ自体は消費者側の任意で利用規約の同意のもとであり、決してP2Wを導入したゲームに違法性があるというような話ではない。また、P2Wと同様のサービスは最近出たものというわけではなく、2000年代中半頃から一部の基本無料オンラインゲーム日本国内向け含む)では導入され運用され続けていた。

また、P2Wが導入されたゲームプレイヤーからの肯定的な評価として、コミュニティ上では「ゲームが苦手なプレイヤーに必要なハンディキャップ」といったような意見を見かけることもある。


を支払えば勝利できるゲーム自体の是非や評価は別問題として、あらかじめそういったゲームであることが明らかにされているのであれば、あとは単にプレイヤーの好みという話といったところだろう。

このような言葉が作られて問題視されるのは、F2Pを謳いながら実際にはP2Wというケースが存在しているからである。特に後からアップデートP2Wが導入されたゲームの評価は大きく分かれているだろう。P2Wの問題点はプレイヤーコミュニティ側だけの解釈というわけではなく、F2Pタイトルの開発・運営側も把握しており、コミュニティ摘を受けてP2Wのシステム止した例や、P2Wを導入しないゲームであることを宣言しているタイトルも多い。

F2P基本無料ゲームゲームを楽しみたい場合は、P2Wではないかを見分けることが大切かもしれない。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/pay%20to%20win

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Pay to Win

24 ななしのよっしん
2018/11/22(木) 05:27:35 ID: IyVdcr4Tnu
課金のつもりでギルドに入るがいつの間にか課金してる状態
それがpay to comunicate
25 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 17:04:07 ID: 51JmggsMvh
時間のないプレイヤーが時間のあるプレイヤーに追いつくためのpayは全然アリ

さらにF2Pであれば運営も慈善事業ではないのである程度のP2Wは許容してそこを含みで楽しむべき
ただ結局はバランスで、やりすぎてもやらなすぎても長くは続かない
26 ななしのよっしん
2018/12/01(土) 20:56:35 ID: WMxxuvZTn5
>>22
一人用ゲームpay to winという意味からまずよく分からなくてさ、買い切りゲームを想定して???となってた。
ひょっとしてキャラクター収集系のいわゆるソーシャルゲームみたいなものをして一人用と言ってたのかな?
まぁ欲しいキャラに貢ぐような形態なら確かに自己満足自己責任世界だとは思うよ。

あと別にP2Wを良しとしてる訳ではい。積んだ額で勝敗が決まるなら対戦やる意味いもの。
27 ななしのよっしん
2018/12/19(水) 20:42:58 ID: HbGfltXTzN
>>22
世の中の人間はゲーマー程、負けるって事に慣れてないからなー
どっかで見たが、何の分野でも勝負事ってのは初心者~初級者ほど敗北への忌避感が高い
何故なら人生で「お前の負けだ」、なんて直接的に言われる事は普通に生きてたらそうそういことだから
勝負事に慣れていない人間は、意識的にでも負ける事で深く傷つくし、それ故負ける事を強く恐れる
つまり世間からすりゃ勝ち負けを楽しむっていう考え方自体が「人生で桁違いの回数敗北を経験してラリったキ○ガイ共の幸福な錯覚」なのよね
28 ななしのよっしん
2018/12/25(火) 20:08:45 ID: qyImJPRDgH
>>27
確かにpay to winなら技術のみならず、システム的に不利だから負けても言い訳ができる
初心者は余計に傷つかないね

でも、システム的に有利な課金プレイヤーが負けた場合相当恥じなくてはいけないね
そして勝った場合は勝って当たり前という感覚

いったい世の中のゲーマーとやらは、どうゆう精構造してるんだ?
29 ななしのよっしん
2019/01/17(木) 19:48:49 ID: 4i8ZvWwssU
ミクは関係ないだろ
30 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 04:22:19 ID: Lumxev2cnU
代表的なP2Wゲーとしてクラロワが挙げられると思うけど、そこそこ人口多いし、課金デッキ一般プレイヤーを格安デッキプロボコって盛り上がるみたいなこともあるから結局ゲーム性やゲーム界の独自性が重要なんやなって思うわ
31 ななしのよっしん
2019/03/27(水) 02:09:38 ID: qaxrHTwRVB
Pay for Time (P4T):で時間効率を買う
Pay for Convenience(P4C):で利便性を買う

こういう言葉もたまに見かける
32 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 04:30:34 ID: qyImJPRDgH
他人が何やろうと勝手だけど
これをやろうと誘ってくるが許せない
そうゆうカモが欲しいだけだ
友達ではない敵だ
即刻縁を切るべきだ
33 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 11:30:52 ID: VOEfLhJCAW
で多くが決まるし、少なくとも楽になるのは別にゲームに限らないし商売形態として否定はしないけど、
運営がろくに還元もせず理不尽なまでに集するゲームほど熱くなる人がいるのかとすら思うことがある。

最近出会った例
・対人コンテンツでも使えるイベキャラがいて、それを手に入れること自体は無料
・イベキャラクエスト周回して専用の経験値を溜めて育てる必要がある(イベ期間過ぎると育成不可)
・あまりにも要経験値(1週につき30ptほどでまでは数十万)が多く、
間に合うためには獲得経験値増加ボーナス効果つき新キャラが必要で、重ね進化させるたびボーナス倍率が増える。
・なお効果付きキャラを入手できる無料ガチャ期終了し、残り期間は課金ガチャのみ

エロブラゲー遊んでるやつはマゾヒストに溢れてるなと思うがもっとひどい例もありそうなのがなんとも