正論単語

セイロン

正論とは、"理にかなう"正しい理論などのことである。

曖昧さ回避

概要

それぞれの時代や・地域毎に一般的に正しいとされている理屈や、普遍的に定着している常識などが「~であるべき」という文脈などでられる。正しい議論においては倫理道徳的な側面で使われたりする。

また、現在ではに合理を追求するや理想論なども「理屈は正しい」とされて正論に扱われる事が多く、必ずしもポジティブな面のみを含む言葉とはされていない。

正論の取り扱い

「正論は嫌われる」とはよく言われる言葉であるが、それに至るまでの理由は実際の所様々である。何にせよ、正論は物にも似た非常に危険を伴う物でもあるため、その扱いには非常に注意を要する。

  • する人への信頼性の
    いわゆる「お前が言うな」というやつである。例え発せられただけは正論であっても、現実ではが言ったかと言うことも重要視されるため、どんな裏があるか分からないような人間の言葉では残念ながら単純には受け入れられにくい、既に信頼を損なう悪評が立っている様な人間の場合ではなおさらである。また、正論を言うだけで、その正論に基づく行動を常日頃から実践していない様な人(例えば口先では正論ばかり言うが本人自身の性格や態度はいい加減で責任でやることなすこと不底、といった人物が言った場合など)も同様である。
  • 言葉遣いや態度の悪さ
    自身のが正論であることに酔い、相手を論破するために大上段から振りかざすような言動を取っていれば相手からは当然不評を買うことになる。純正義感が先走りしてしまっているような層もいれば、ストレス解消的などで意図的にこの様な扱い方をしていたり、他者のを「正論だ」と引っってきて人を追い詰めるためだけに利用する層はネットでも非常に多い。そもそも言葉遣いの悪さは議論において避けるべき基本の一つである。
  • 相手をとことん追い詰めてはならない
    たとえ対話する相手が正論に反するようなを繰り返しているような人であっても決して「逃げ」を塞いではならない。「窮噛む」ということわざがあるように、相手が逆ギレして痛いに遭う恐れがあるからである。ネット上でも、リアルでも、対人関係のトラブルを防ぎ自分の身を守るためには、相手をとことん追い詰めることよりも相手に「逃げ」を与えておくことの方がかに大事なのである。
  • そもそも正論ではない
    正論はに痛い意見であったりすることが多いが、別に毒舌や辛口だから正論だというわけではない。また、都合の良い部分だけを切り取り、現実的でない理想をるようなも本来理にかなう正論ではないのだが、詭弁であっても何となく厳しい批判自体が正論だと勘違いされてしまうこともある。それが逆に正論という言葉自体のイメージに影している面も少なくない。
  • を突いているため
    人も態度も内容も全て問題ない文句なしの正論でも、人は痛いところを突かれるのはキツいものである。理屈では分かっていても、感情の面ではその摘が正しい故になおさらストレスを感じてしまうことになり、言われたほうがさらに反発して話が拗れてしまうこともある。もちろん時にはそのような過不足い正論による摘が必要な時もあるし、それが当人のためになることがあるのも事実である。やはり辛い物は辛い、だが辛いからこそ効果がある摘になるのでその辺は仕方ない。
    ちなみに、かつて上岡龍太郎が「人は本当のことを言われると怒る」とよく言っていたのは、まさにこのことである。 

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AD%A3%E8%AB%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

正論

356 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 01:54:15 ID: cihvRETIY1
ふと気になって正論という言葉はいつから使われ始めたのかを探してみたんだが手元の辞書になし。
青空文庫にかけてみると福沢諭吉が使っていた。
更に、正論という言葉はトマスジェファソンのアメリカ独立宣言の訳として登場する。
"We have appealed to their native justice..."
英国人一般ノ正論ヲ請ヒ」
"They too have been deaf to the voice of justice and of consanguinity."
英国人民モ共ニ是レ聾盲ニシテ、テ之ガ為メ正論ヲ唱ヘズ」
Justiceの訳正論だったようで、福沢諭吉の「正論」の使い方も、どちらかというと「正義に適った言説」という使い方だな。
学問のすすめでも「正論あるいは用いられざることあるも、理のあるところはこの論によりてすでに明らかなれば、天然の人心これにせざることなし」と、結構西欧的な「正義」を前提とした言説のことを「正論」と唱えている節
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
357 ななしのよっしん
2019/02/26(火) 17:36:13 ID: 2Tk7GZPV7e
都合の良い言葉羅列して集団心理を利用して勢いだけで正論っぽく扱われてるけど
一つ一つ冷静に紐解けばツッコミ処しかないとかよくある話だからなぁ
ブラック企業とかアニメ作画崩壊とか消費者がめすぎるからって意見に対してヒートアップして
仕舞いには労働環境ビジネスの構造そのものまで消費者のせいにして正論言った気になってマウントとる人とか多いし
358 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 06:27:38 ID: zhi3e5o6FQ
正論論破を軽々しく使う人は基本信用しないことにしてます
359 ななしのよっしん
2019/03/21(木) 22:16:27 ID: wWfwJhVWEK
正論=自分の嫌いなやつをく言葉
360 ななしのよっしん
2019/04/06(土) 17:00:05 ID: aW2lAqyK/o
正しいっていうのは概念だからな
昔、江戸時代には男性同士の同性愛は許容ないし受容されていたけども
明治維新以後のキリスト教アブラハム宗教の要素を大いに盛り込んだ国家神道によって同性愛タブーになったように
基本的にフィーリング(感情)で正しいは時と共に変わるものだから
昨日の正しいは今の間違い、ないしは禁となる
だから正論を追いめることは不毛なことでしかなくて結局は
私は好きにした、君らも好きにしろ
に至るんじゃないかねぇ
361 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 18:49:20 ID: zT+0t+VfrG
正論には二種類ある
一つは物理的、心理的、時代的その他諸々の観点から総合的に見て『最善策』としての正論
もう一つは一つの観点から見た『最上策』としての正論

基本的に人を傷付けたりモラルハラスメントに該当する正論後者だな
後者は「が痛い」という相談に対して「切除したら痛くないだろ」と言うようなもんだ
まともな人間なら「まず医者に行こう」「変なものは食べてないか」「打ち身?」「とりあえず休ませよう」と様々な選択肢が出るんだが、この手の輩は一点集中でしかものが見れないから他の策が浮かばない

端的に言って馬鹿
362 ななしのよっしん
2019/04/25(木) 02:43:17 ID: qBDWcRcLtF
絶対的な正しさなんて論理的な正しさぐらいしかいと思う。
363 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 03:53:13 ID: HdsRBAYBVE
行きすぎた正論机上の空論は同じ物だと思ってる
つまり役に立たない
364 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 09:15:09 ID: mbzGt7G05r
これもバカに使われすぎて汚された言葉の一つだ
365 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 17:10:23 ID: uRAUX1MmQm
正論なんて存在しない!なんて言ってるも信用には値しないけどな