SOS単語

エスオーエス
1.3千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

SOSとは、モールス信号での打電を的に制定された救難をめる符号(救難信号)である。後述の通り、この文字列そのものに特に意味はない。

モールス信号表記は「・・・---・・・」。なお音での救難信号は「メーデーMayDay)」である。フランス語で「助けに来て」を意味するヴネ・メデ(m'aider)に由来する。

概要

モールス信号での打電にあたって、打ちやすい上に混信等で情報が遮断されにくいということに重点をおいて制定されたとされており、その文字そのものに深い意味は存在しない。が、後の人々が「Save Our Ship」や「(The) Save the world by Overloading it with fun Haruhi Suzumiya Brigade」、「Shin-Osaka Station」などと「SOS」に後付で意味を与えたりもしている。

最初にSOSを救難信号として使用されたのはタイタニック号の遭難事故で、際遭難信号として正式採用される20日ほど前のことである。

なお1999年モールス信号での救難信号発信が終了したため、現在では「SOS」の本来の意義は失われている。

しかし1900年代初頭から90年以上使用された信号であるため、今日においても「救援をめる」「非常事態」を示す単として案内表示を始めとし、あちこちで利用されている。

ピンクレディーの「S・O・S」を始めとし、作品名に含まれる事例も多い。

類似の符号に「OSO」といったものがあり、SOSがに遭難信号で使用されるのに対してこちらは災害暴動等の非常事態が起きた際の非常信号として扱われるが、SOSにべると一般的にはあまり知られていない。

さらに簡単に

ちなみにモールス信号のSOSからの生で

音やなどの 何かの信号を3回ずつ一定間隔で繰り返す ことで、救助をめる信号になる。
…固いもの、大きな音の鳴るものを棒などでカンカンくのも良い。

自然界には規則正しい3回ずつの音などは存在しないため、人為的なものと分かる。

「大を出して呼べば良いのではないか?」と思うかもしれないが、体の消耗がしい。
明らかに人が至近距離にいる場合など、限られた場合には有効)防災用品にあるなどは効率的に大音を出す事が可である

むしろ覚えてしまえばいい

SOSのモールス信号(・・・---・・・)自体が簡単なため、覚えてしまえばいい。

ちなみに「・・・」がS、「---」がOである。
緊急時はの点滅や音を利用して出してみよう。

電子音的に言えば ツツツ ツーツーツー ツツツ の繰り返し
く音的に言えば カンカンカン カン カン カン カンカンカン の繰り返し …である。

音は見通しの利かない場所での遭難、閉じ込め、間といったシチュエーションでも利用できる。

関連動画

関連項目

作品名
曲名
組織・団体

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

SOS

3 ななしのよっしん
2012/10/25(木) 11:05:31 ID: /iI2pN3JCK
タイタニック号の沈没で初めて(厳密には違うらしいが)使われ
線技師とか以外の一般人にも一気に知名度が高まった、
ってのも一言入れた方がいい気が。
4 ななしのよっしん
2013/06/10(月) 20:26:31 ID: eK7m6bYpWV
関連項目ハルヒSOS団どれみSOSトリオを追加してくだちい。
5 ななしのよっしん
2015/01/02(金) 12:08:01 ID: qkGpycd34q
現在線通信による遭難信号としては、「メーデー」が使われる。こちらはフランス語の「ヴネ・メデ(venez m'aider)」=助けに来て元となっており、ちゃんと意味がある。

とか一応触れておくのはいかがでしょうか。プレミアムの方お願いします。
6 ななしのよっしん
2015/01/02(金) 12:09:59 ID: qkGpycd34q
冒頭に書いてあったし・・(;´Д`)
7 ななしのよっしん
2017/06/29(木) 16:56:30 ID: mzIj2+tFIS
skoop on somebody
8 ななしのよっしん
2017/10/12(木) 17:43:02 ID: dEeZxGCwPe
>>sm14341565exit_nicovideo
9 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 03:17:54 ID: ZJhGUMlMUM
SOSよりSOSOSOSO・・・・の方が緊急時連打しやすいと思うんだがな
10 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 20:58:05 ID: fpMsOP9Xzp
>>9
ソソソソ・・と間違えられるからだで
11 ななしのよっしん
2020/07/26(日) 20:02:02 ID: zg+TmPqgr7
ストロベリーオン・ザ・ショートケーキ
12 ななしのよっしん
2022/07/20(水) 20:51:48 ID: IlfPyskfep
あくまで「モールス符号での信号」であって、こういう断続的に信号を出す方式だとボーイスカウトとかで習う山などで遭難時の別パターンもある。
1:何でもいい(基本はか音)で「約10おきに信号を6回」(つまり約1分)出す。
2:(これが意図して出していると分からせるため)次に「約1分間信号を出さない」。
3:1・2を繰り返す。
上記の信号を受け取ったものは「1」の代わりに20に1回の周期で応答信号を出すのを繰り返す。

遭難:(・=信号、半角数字=休む
1:「・10・10・10・10・10・10」
2:「     60      」(つまり6の倍数回の信号から約70休む)

受信
1:「・ 20 ・ 20 ・ 20 」
2:「     60      」(つまり3の倍数回の信号から約80休む)