ZRX単語

ゼットアールエックス
1.2千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ZRXとは、カワサキモータース(川崎重工業)が製造しているネイキッドタイプオートバイである。これまでに400cc1100cc版が製造され、2012年現在1200cc版が製造されている。 

400

ZRX400は1994年発売。これまで発売されていたゼファーとは違い、走りの性追求したモデルで、ゼファーエンジンであったのに対し、ZRXは、ZZR400用をベースにしたエンジンであった。
デザイン1982年に発売されたZ1000Rを彷彿とさせ、ヘッドライトビキニカウルが特徴である。 
1995年には、ユーザーから「ゼファースタイルのZRXが欲しい!」との要望を受け、ビキニカウルを外し丸ヘッドライトに変更したZRX-が発売された。
1998年にはマフラーデザインの変更のほか、ブレーキ強化やラジアルタイヤ標準装備などさらなる走りの性強化を受ける。
2004年にはイモビライザーが搭載されるなどの革新を受けたが、2008年排気ガス規制の強化により生産終了。 

1100

ZRX1100は1997年発売。エンジンZZR1100やGPZ1100のものをベースに低中速域を強化したものを搭載。これもビキニカウルなしで丸ヘッドライトのZRX1100-が製造されていた。2001年、ZRX1200Rへのバトンタッチに伴い生産終了。

1200

ZRX1200Rは2001年発売。基本的構造は1100をベースにしているが、フレーム良されており操縦性が向上している。ハーフカウル付きバージョンのZRX1200Sも発売された。2004年には騒音規制強化の煽りを受けてパワー若干ダウン2008年生産終了。
かと思いきや…2009年、排気ガス規制に対応した後継機であるZRX1200DAEG(ダエグ)が発売された。エンジンは同社のフラッグシップスーパースポーツバイクであるニンジャZX-10Rのものをベースにしている。ZRXシリーズ一のハイオクガソリンとなった。 ちなみに、名のダエグはルーン文字のダガズ(Dagaz)が由来。英単の"Day"の由来となった文字であり、カワサキく、「着実な成長」、「進歩」、「終わりと始まり」、「突破」、「新しい展開」という解釈をし、伝統を保ちながら躍進をす願いが込められているという。

ジムカーナでの活躍

よくZRXシリーズジムカーナでいい成績を残すことがあると言われているが、それは、低中速域での使いやすいエンジン特性と、同クラスの他バイクべてホイールベースが短いことと、扱いやすいハンドルポジションハンドリングが一役買っているのではないか?と思われる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/zrx

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ZRX

1 DAEG
2013/05/19(日) 23:19:30 ID: AyrxF+O5OH
あのホンダCB一対抗できるといわれている種だから惚れたw
2 ななしのよっしん
2014/04/28(月) 16:09:10 ID: ZDw+QV/73l
子供の頃はあのシートビキニカウルがダサく見えたけど、今じゃすっかり虜です
3 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 13:06:22 ID: 8s62LrJc3n
ビキニカウル嫌いだったけど、DAEGの実を見たら一目惚れしてしまって、気付いたら契約書に判子押してた
不満な点はいくつかあれど、それすらも許容できるような魅があるバイク
4 ななしのよっしん
2018/08/25(土) 22:33:40 ID: q4bPyypUYc
ZRX1100を12年、6万km弱乗り潰した。オフ理だが、均点の高いバイクだった。町乗り、ロンツー、と何でもこなせた。
未だにそれと今のバイクべてしまう。