その時歴史が動いた 単語

331件

ソノトキレキシガウゴイタ

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

その時歴史が動いた(そのときれきしがうごいた)とは
NHKにて2000年から2009年にかけて放映していた歴史番組である。

概要

番組の内容としては歴史ターニングポイントを取り上げ
それに至る時流を要人物の紹介、合戦などの出来事を交えて特集するというものである。

ターニングポイント紹介する前の平氏の言葉「今日のその時がやって参ります」のフレーズが特徴的である。

出演者

会・ナレーションは旗本(久平家傍流)の子孫であり徳川家康の異
定勝の子孫にあたる定知アナウンサーが担当。

平氏は収録のたびに東京から大阪NHKスタジオまで新幹線で駆けつけている。

最終回では平氏が番組での口上を毎回、新幹線の中で考え暗記している様子が取り上げられた。

ゲスト歴史研究大学教授歴史漫画家歴史作家博物館長など一名が登場し毎回変わる。

取り上げられる時代・人物

日本史以外にも世界史スポーツ史、技術史、女性史も取り上げた。

最終回では取り上げた回数が多い順に昭和戦国幕末明治だとされている。

題として選ばれたもののうち最古の人物として
日本史卑弥呼弥生時代)、世界史カエサルクレオパトラ(紀元前1世紀)がそれぞれ取り上げられた。

織田信長モーツァルト項羽などメジャーな人物を取り上げる一方、木村兵衛などマイナーな人物も幅広く取り上げられている。

映像

映像としてはNHKで使われた大河ドラマを使用しめることも多かった。
葵徳川三代」の関が原の合戦シーンはその例である。

それ以外は新たに風景などの取り直した映像平氏自身がその地に赴いた映像などが流された。

評価

歴史ターニングポイントとして不適切なものもある、め方が不自然などと一部から摘される場合もあった。

しかしNHK独自の高技術なCGが使われていることや
当時の新聞の投書など詳細な資料を集めめるなどは高く評価される面が多くあった。

また谷川賢作氏が手がけたテーマソングと共に流れるED、主人公たちの遺した言葉、
辞世の句などは感動を誘い多くのMADにも使われた。

番組の終焉

9年にも及ぶ人気番組となったが2004年から会の平氏が定年となりフリーで出演しており、
いずれ後番が必要であると検討されていた。

そのためにNHKはいくつかの歴史特番を放送したがそのうち2008年7月に放送した『歴史秘話ヒストリア』が相応しいと結論付けられた。

そして2009年3月18日、『その時歴史が動いた』は最終回を迎え約9年間355回の放送に終止符を打った。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/30(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/30(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP