今注目のニュース
“JK社長”椎木里佳が授業態度を批判されて逆ギレ「私語は個人の自由」
年齢が上がると髪の伸びは遅くなるの?
O型は血を吸われやすいは本当だった。なぜ蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのか?8つの科学的理由

弥生時代単語

ヤヨイジダイ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

弥生時代とは、日本の時代区分。弥生土器の出現(紀元前10世紀~紀元前3世紀ごろ)から古墳が全に広まる以前(紀元後3世紀ごろ)までをす。縄文時代ともども近年の研究の進展が甚だしく、論争も絶えないため、あくまでも現在高校教科書に乗っ取った記述にとどめる……というか邪馬台国関係でこの辺からトンデモや自称歴史の物書きたちがのさばりだすので…

名前の由来は弥生土器が見つかった東京都の地名から

概要

おおよそ縄文土器から弥生土器に変化したあたりからを弥生時代と呼ぶ。かつては稲作の開始が強調されてきたが、縄文時代にすでに農耕の芽が見られたことが明らかになってきたことから、弥生期にあたる移行期が設定された。
なお弥生土器の出現もかつては紀元前3世紀ごろとされてきたが、炭素年代による調北九州では紀元前10世紀ごろに弥生土器を用いていたことが明らかとなり、耕作縄文人が少しづつ選び取っていって広まっていった新たな弥生時代像が明らかになっていった。

そして、この結果弥生時代の生活はどのように特徴づけられるかをまとめよう。

  • 北九州水田稲作技術が伝来し、まず西日本に、後に東日本稲稲作が普及し本格的農耕社会が形成
  • 金属器、機織りといった大陸文化が伝来し、弥生土器が登場
  • 木製農具の製作とそれに伴う磨製石器から製工具への移行
  • 余剰生産物をめぐる争いから、環濠集落や高地性集落の発達
  • 製祭器による宗教儀式の開始
  • 製農具の普及によって、湿田農耕中心から田開発が可
  • 後期には小国が誕生し、墳丘墓が出現
  • 小国といった中華との貢外交を行い、銅鏡などを入手

弥生時代の主な遺跡

付遺跡(福岡県)・菜遺跡(佐賀県):前期
縄文晩期後半の水田跡と弥生時代の集落跡・土器がともに見つかっている
砂沢遺跡(青森県):前期
北九州の遠賀式土器と同年代とされる土器を伴う水田跡が見つかる
唐古・鍵遺跡(奈良県):前~後期
1930年代の調で弥生時代の稲作が実された
吉野ケ里遺跡佐賀県):前~後期
長期間の遺構が出土し、特に弥生時代の集落跡の変遷がよく分かる
荒神谷遺跡島根県):中期
器が大量に出土した
池上曽根遺跡(大阪府):中期
大規模環濠集落の出土
遺跡(青森県):中期
弥生時代中期に東北で稲作が始まっていたことを
弥生二丁遺跡(東京都):後期
1884年に向ヶ丘貝塚現在位置不明)から見つかった最初の弥生土器と似た土器が見つかった
登呂遺跡(静岡県):後期
戦後調が行われ、弥生水田研究の帰順となった。

中国の正史への登場と邪馬台国

弥生時代に日本ではまだ同時代文書は存在しないものの、次第に『書』、『後漢書』、『三国志…つまり「倭人伝」、『書』といった中華正史に、倭、つまり現在日本の様子が描かれるようになってきた。

実はこれらの正史は必ずしも時代順に作成されたわけではなく、厳密にいえば同時代史料と言えないものも混じっているものの、当時の日本の状況を知る手掛かりとして前近代から重要視されてきたのである。

それをおおよそ時系列順にまとめると以下の通りになる。

前1世紀ころの楽浪と交渉をすでに始めていた倭は、57年にの王が後漢貢し、光武帝から印を得た。また107年には帥が安に生口を献上したことが記されている。

この後倭は大乱になったとされ、次に現れるのは239年の邪馬台国卑弥呼からの使者である。卑弥呼に使者を送りから倭王として認められたようだ。

そして卑弥呼の死後、壱与(台与)が即位したことも倭人伝に記されており、『書』には266年に貢を行ったと記されている。

この邪馬台国はどこにあったのか、という問題は、邪馬台国がのちの天皇と関わるものか、それとも別の王権かといった問題ともかかわり、畿内説と九州説に分かれて、いまだなお争っている。箸墓古墳の発掘による、奈良県向遺跡の調も、この論争を決着させたとはいえず、というかもはや、イデオロギー的な対立にもなっているレベルのもののため、ここでは深く触れずにおきたい(出版社がキワモノ研究信者になってるとかいろいろあるし…)

続縄文文化と貝塚文化

縄文時代まではおおよそ共通の歴史をたどってきた北海道以北と、沖縄など南西諸では、弥生時代からはおおよそ別の文化圏となっていった。

まず北海道は寒冷な気のため農耕社会が形成されず、器を使用した狩猟・採取・漁労を中心とした続縄文文化が7世紀ごろまで継続し、以後擦文文化、オホーツク文化へと変わっていった。

また沖縄など南西諸では弥生土器の伝播などは認められるも、漁労・類の採取中心の貝塚文化圏となった

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/07/06(金) 21:19:19 ID: V03KmZRbDz

    記事作成依頼した者です
    制作していただき、ありがとうございます

  • 2ななしのよっしん

    2018/11/24(土) 22:09:56 ID: OqmuwRwJBM

    結局、日本人とは何者なのか?

  • 3ななしのよっしん

    2019/05/22(水) 18:39:49 ID: gGstQB/ysk

    >>2
    ほんのり縄文人味の弥生
    北海道沖縄はトッピングましまし
    って二重構造論が言ってた

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP