今注目のニュース
官房長官、“格安スマホ”の通話料値下げへ 総務省が検討
増税直前はドラレコも特需に、売れたモデルの共通点は?
神戸教員いじめ問題 謝罪文が「謝っていない」と非難止まらず

エーレンベルク単語

エーレンベルク

  • 0
  • 0
掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エーレンベルク(Ehrenberg)とは、

  1. 銀河英雄伝説」の登場人物。CV.佐藤正治石黒監督OVA)、中庸助(Die Neue These)。
  2. アーマード・コアシリーズに登場する兵器衛星破壊

である。この記事では1.について説明する。

概要

銀河帝国軍人、元帥。門閥貴族の出身。

をたくわえ旧式の片眼鏡をかけた老軍人で、グレゴール・フォン・ミュッケンベルガーより年長、フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトと半世紀の年齢差があるとされることから、リヒャルト・フォン・グリンメルスハウゼンと近い年の生まれと考えられる。

経歴

フリードリヒ4世時代、少なくとも帝国486年にはすでに帝国軍三長官の一柱たる軍務尚書の座にあり、クロプシュトック侯討伐のさなかに発生したミッターマイヤー少将ブラウンシュヴァイクとをめぐる一連の事件の対処にあたっている。

帝国487年、難攻不落のイゼルローン要塞が陥落すると、宇宙艦隊長官ミュッケンベルガー元帥、統帥本部総長シュタインホフ元帥とともに責任をとって帝国宰相代理クラウス・フォン・リヒテンラーデに辞表を提出。慰留も拒否する。しかし、後任とされたラインハルト・フォン・ローエングラム元帥が、いずれの地位も望まず逆に「三長官をお咎めなきよう」ととりなしたことで、エーレンベルクもそのまま続投することとなった。

むろん代償がかったわけではなく、一年のあいだ俸給を返上し戦没者救済年金にあてる処分とともに、エーレンベルクらはラインハルトに借りを作るかたちとなり、またイゼルローンからの逃亡者として糾弾されていたパウル・フォン・オーベルシュタイン大佐の免責とローエンラム元帥府への転属を承諾せざるを得なかった。

さらに、俸給返上の一年も経たぬうちの帝国488年4月、エーレンベルクはリップシュタット戦役勃発を控えて都中枢を抑えんとしたローエンラム元帥の命によって拘束の憂きにあうことになる。その後の処遇は不明。軍務尚書職は三長官を兼任することとなったローエンラム元帥が継いだ。

能力・人格

厳格な保守主義者であり、拘束された際にはを持って執務室に乱入したビッテンフェルト中将を痛に糾弾した。だが、その返答によって自身とその守ってきた体制のさが顕にされた際には肩を落とし、またイゼルローン陥落時に辞表を提出し慰留を固辞するなどといった軍人としての潔さも持ち合わせている。

門閥貴族の出身であり、その考え方は貴族としてのを越えることはなかったが、それでも職業軍人として、あるいは人としての良識をわきまえていた。事実、前述したミッターマイヤー少将の件では、軍務尚書としての立場と責任のもとに、ミッターマイヤーのとった行動(非戦闘員に暴行を加えた貴族将校の即時射殺)はあくまで軍規に則ったものであって非難することは出来ないとはっきり宣言している。

しかし彼の政治の高さを示すのは、その後の事件処理の方法である。

第一に、射殺された貴族の親族でありミッターマイヤーを糾弾する最先鋒であるオットー・フォン・ブラウンシュヴァイク公爵に対しては、青年貴族暴走を止められなかったことを暗に非難しつつ、クロプシュトック侯討伐の結果与えられるはずの元帥位をちらつかせることで懐柔。「的には『なにもなかった』ことにし、遺族の親族にはそれとない復讐の機会を与える」という形で納得させた。

第二に、その「復讐の機会」を与えるため、宇宙艦隊長官ミュッケンベルガー元帥ラインハルトを次の戦いに参加させることを提案。「『金髪の孺子』は叛乱軍が勝手に始末してくれる。そうならず善戦してもそれはそれでミュッケンベルガーの面が立つ」と説得する。

そして第三に、いつのまにやらミッターマイヤーの代理人に収まっていたラインハルト・フォン・ミューゼル大将を呼び出し、事件の解決法として、ミッターマイヤーの「軍の和と協調を乱した」罪をラインハルトの下での戦功によって贖わせるよう示して「復讐の機会」を作り出す。さらに最高機密である次の出征の計画をあえて明かすことでラインハルトを納得させ、事態を収拾した。

これらの処理は、エーレンベルクの権限の及ぶ範囲ではごく穏に完結しながらも、あわよくば戦場ラインハルトミッターマイヤー、そして復讐者までが露と消えることすら期待した悪辣なものであり、ラインハルト戦死の場合の責任を押し付けられたことに後に気付いたミュッケンベルガーに「あのくたばりぞこない」と悪罵されるほどであった。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 12ななしのよっしん

    2017/01/17(火) 22:52:28 ID: /2zMPKMJ7M

    >>11
    逮捕の用意を整えておきますか?」に対して「皇帝救出の共謀者として処断されるならむしろ本望だろう」と答えているから、逮捕まではされてると思われる。
    処刑されたかまでは書いてないけど、まあ、モルトが実質的に処刑(名誉の自殺の機会を与える)されたことを考慮すると、処刑されない理由はないわな。

    >>10
    まあね。ただ、エーレンベルクとシュタインホフは、リップシュタット以前に化されてるので、わざわざ処刑にするかって気もする。ゲルラッハとりあえず生存フラグ立てるの成功してるし。
    そのゲルラッハの処刑だけど、ラインハルトの中では皇帝誘拐の宮廷側の適当責任者としてゲルラッハを考えてたんじゃないかな。だから「それはそれとしてモルトにも死んでもらわないと」とオーベルシュタイン摘されて、次の皇帝決めとくのを忘れてしまうくらい怯んじゃったのかな、と。
    冷酷ではあるが合理的な、不要な処刑ってわけでもないんじゃないかと。

  • 13ななしのよっしん

    2018/05/27(日) 01:55:44 ID: a0AHJG4lGn

    新作のエーレンベルクは恰幅が良くて一見人が良さげだったな
    OVAではイメージだったがこっちでは親父

  • 14ななしのよっしん

    2019/10/03(木) 22:59:35 ID: mzJJPICsaE

    乱編1章でのクーデターに際して、軍務に乗り込んだビッテンフェルトに静かな威厳を示したのと、そのまま静かに敗北を受け入れた姿は地味だけど格の高さを感じたな。

    一方シュタインホフは「触るな成り上がりが!」と言わんばかりに暴れてたので、こちらはやや格が下がったか。

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP