キミキス pure rouge単語

キミキスピュアルージュ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(49)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

キミキス pure rougeとは、恋愛シミュレーションゲームキミキス』を原作としたテレビアニメーション作品である。

概要

2006年5月25日に発売された『キミキス』は2007年10月テレビアニメ化され、『キミキス pure rouge』のタイトルで翌年の3月まで放送された。なおアニメーション制作J.C.STAFFが担当した。

このテレビアニメ版には、原作主人公に性格・容姿が似ている(かもしれない?)「真田一」と、原作主人公とは容姿はかけ離れているが原作同様に菜々というがいる「相原一輝」という二人の主人公が存在している(なお原作主人公は一人しか存在しないし、部活にも所属していない)。

また、ヒロインの一人・水澤摩央は、原作と違ってフランスから帰したいう設定にされてしまっている(原作では関大学付属の受験失敗したものの、普通日南高校に通っている)。

ちなみにこの作品、とある理由により原作ファンの怒りを買い「アニメ版などなかった!」と黒歴史扱いされている。また、このテレビアニメ版のせいで一部の原作キャラクター風評被害に遭っているが、原作アニメはあくまで別物なので、ゲーム動画キャラを見る度に文句を言わないように。

とある理由の概要

上記にもあるように、2007年に本作はアニメ化された。この時期、ニコニコ的には本作より著名であろう、かのnice boatSchool DaysMyself;Yourselfアニメ化されている。
・・・察しの良い人はもうお気づきだろうが、あえて言うのであればこのアニメ、『同じ波に乗っちゃった』のだ。

順を追って説明しよう。まずSchool Days2007年9月に終わり、後番組にマイユアが、そして時期を同じくしてキミキスprの放送が始まった。
School Daysは何も知らない一般ピーポーが見ればどう見たって学園ラブコメものであるのだが、実態はドラなドロドロの憎劇であった。同作は最終的に、『ちゃんと』nice boatエンドを迎えてしまう。(知らない人で気になる人はググってください)
製作サイドからすれば予定調和エンディングであっただろうが、原作を知らない一般視聴者層は恐怖のどん底に叩き落とされることになる。最終話が前日に起こった事件ので放送自粛となったものの、視聴者の心に恐怖を刻み込むには十分な話数がすでに放送されていた。
そして続けざまに始まる一般ピーポーが見ればどう見たって学園物の二作。知らずにスクイズに飛び込んでしまった者たちの癒しの地、いまでいう難民キャンプとなるはずだった。

結果的に言えば、それは果たされなかった。
マイユア原作がそれほどでもないにもかかわらず妙にドロドロした作品となってアニメに羽ばたいていき、事(?)12話で終了した。プロデューサーは(実在人物の)伊藤誠氏。この人、スクールデイズプロデューサーでもある。

そして2クールであったキミキスprは事実上の最後発となる。一応言っておくと、キミキス原作ある特殊ルートに迷い込むような浮気性の方以外紳士諸君にとってえるほどの甘い(の予行演習)を提供してくれる。断じてドロドロでグログロな事態にはならない。
であるはずだったのに、魅的なヒロイン全員出せないことに悩んだ関係者たちは、『主人公を一人増やし、それぞれ二股っぽくさせよう』というトンデモ結論にたどり着いた。(※私的予測)
これで最低4人にスポットが当たるわけだが、どうしてもまだ使いたかったのか、ヒロインを一人主人公格にして追加キャラ(男)を逆攻略させるという手段で、何とか5人分を確保した。(※私的予測再)
しかし、いざ視聴者が蓋を開けると話が進むにつれておかしな方向(というよりはリアルでありそうな方向)に話がこじれていき、最終的にはメインヒロインと追加キャラ(男)が玉砕するというエンディングを迎えてしまう。 当然この結果に視聴者は絶句したであろう。

キミキスprについては、ヒロインズを使いたいという意向はもちろん伝わったのだが、いかんせんメインヒロインパッケージヒロイン)が唐突に別れを告げられるというエンディングには視聴者も納得がいかず、多くのファンの間で黒歴史扱いされてしまう原因となった。視聴者どころか中の人も納得がいかなかったようで、メインヒロイン役の声優小清水亜美)が主人公役の声優日野聡)に、イベントで「最低!」と発言したとか。

ただ、擁護するのであれば一応ストーリーとしてのオチはついており、キミキスに甘い恋愛疑似体験をめていた層の期待をっ向から裏切る作だったことが受け入れられなかった最大の要因であると思われる。結末についてもヒロインの好きな小説が『人に捨てられた女性思い出の場所で自殺する話』だったり、後期エンディング曲が『忘れないで』という、(アニメの作に合わない)悲しい曲だったことなどで暗示されてはいる。
また、ストーリーだけではなく作画明らかな崩壊が後半に多発した)も、黒歴史判定において視できない要因であっただろうことは記しておく。

登場キャラクター

原作登場組

こちらを参照のこと

アニメオリジナル

主題歌

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 47ななしのよっしん

    2019/11/02(土) 07:09:43 ID: rX6W0jh268

    原作の方向性をきちんと踏襲して描ききったスクールデイズは「原作から見たアニメ」としては良作だぞ。元の原作が既にアレなだけだ
    こんなものと一緒にしてはいけない

    振るだけで済ませてしばらく何らかの懺悔の期間を過ごした後でめて、とかならまぁ最低限のケジメは付けたかと思えたかもしれないが、直後に即摩央に告りに行ってしかも成功してんのが壮絶にクソ
    後で成敗されるモブ悪役みたいな立ち回りは一周回って見事だよ

  • 48ななしのよっしん

    2020/01/12(日) 23:57:43 ID: yh2L++Hm03

    今にして思えば、某メーカーに対する忖度でわざと酷いものにしたのではと思えてきた

  • 49ななしのよっしん

    2020/02/05(水) 13:03:26 ID: hMszxScF7/

    地味子ちゃん好きだったわ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/21(木) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/21(木) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP