クラスター爆弾事件単語

クラスターバクダンジケン

  • 11
  • 0
掲示板をみる(163)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

クラスター爆弾事件とは、毎日新聞社に所属する記者2003年に起こした事件である。

記者の軽はずみな行動により、1名の尊い人命が失われ、5名が重軽傷を負う深刻な結果をもたらした。

概要

2003年当時、アメリカ同時多発テロを起因とするアメリカの対イラク戦争の最中、毎日新聞写真記者(当時)の五味基は現地入りして戦争取材を行った。五味2月17日から3月10日まで戦争前のバグダッドを取材しており、4月9日バグダッドが陥落したことを受けて取材に向かっていた[1]

この中で、五味クラスター爆弾不発弾を2個拾得した[2]。そして五味はこれを「記念品」として持ち帰ろうと考えた。2つのうち1つは行動を共にしていたヨルダン人の助手に渡し、もう1つを五味が持っていた(ただしヨルダン人助手が持っていたものには火は入っていなかった[3])。

5月1日、帰路のヨルダンクイーンアリア空港の荷物検所でこの不発弾爆発。1名が死亡、5名が負傷する結果となった。

ヨルダン国家治安法廷は6月1日五味に対して過失致死・過失致傷として禁固1年6カの有罪判決を下し、ヨルダン人の助手は無罪となった[4]6月17日にはアブドラ国王政治的配慮による特赦が行われ、日本に帰毎日新聞社からは懲解雇処分を受けた。

補足

動機

五味は何度も戦場に足を運んだことがあったが、記念品を持ち帰ろうとしたのはこれが初めてだったという[5]

五味イラク戦争が自身の一生の仕事の中でとても重要なものだと認識しており、その「し」「記念」として持っておきたいと考えたという。また、同じものを助手と2人で持ったことで「し」という認識が強くなったとも話している[6]

拾得物を「自分のに置いておけば、(戦争の現場を)いつまでも忘れないだろう」と考えており、「「こういうところで、おれは仕事していたんだぞ」ということを、自分の子供が大きくなった時に見せたいという意識も、正直言ってありました」ともっている[7]

写真部の記者でありながら「写真をあまり信じていない」「写真というものは、「自分」というフィルターを通った「事実」でしかない」と話しており、そのため手に取れるものを「し」にしようとしたという[8]

危機意識の欠如と思い込み

中で拾ってから空港爆発するまでに約3週間があったが、その間爆発するようなことはなかった。この事実五味に拾得物が安全だという思いを強めさせた。

五味は以前カンボジアに取材に行った際にきょうを手にしたことがあり、洞のある物体は安全だと認識していた。また不発弾を拾った現場には地面がえぐられたような部分があり、それが洞のある物体と爆発物を全に切り離す要因になった[9](使用済みだという認識を強めさせた)。クラスター爆弾がどのような武器かは知っていたが、イラク戦争で使われたものがどの様なものかは知らなかったとも話している[10]

五味不発弾を基本的にカメラバッグに入れて携帯し、宿では取り出してテーブルに置いたり付属のボタンや留めのようなものをいじっていた。いじっても何も起きないために安全なものだと思い込み、次第に意識もしなくなっていったという[11]。他にもアンマンの助手のを訪れた際に、助手の友人(兵役経験者)が助手の類似品を乱暴にいじくりまわし、五味と同じような認識を示していたこともあったという[12]

更に空港で警備員(検官?)に不発弾を見つけられた際には、自らボタンを押して爆発物がもう使えないことをわからせようとしていた[13]。そしてその直後に爆発が起こっている。初めは自分の所有物が爆発したと思わず「ノット・ミー、ノット・ミー」と抗議し、その後検官に摘されて初めて状況を理解した[14]

後に五味から事情を聴いた作家柳田邦男は、この事件から読み取れる教訓として「欧メディアが実践しているような、戦場や紛争地域やテロ現場などにおけるジャーナリストの具体的な被害や失敗をベースにした取材ハンドブックの作成とその実践訓練が必要になってくる」と話している[15]

関連項目

脚注

  1. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その1) 検証五味基元記者言」毎日新聞2003年6月27日東京刊12
  2. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その1) 検証五味基元記者言」毎日新聞2003年6月27日東京刊12
  3. *ヨルダン空港荷物爆発 毎日記者助手も逮捕 類似金属物「もらった」」読売新聞2003年5月3日東京刊1
  4. *アンマン空港爆発事件 五味基被告らに対する判決(要旨)」毎日新聞2003年6月2日東京刊7
  5. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その1) 検証五味基元記者言」毎日新聞2003年6月27日東京刊12
  6. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その1) 検証五味基元記者言」毎日新聞2003年6月27日東京刊12
  7. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その1) 検証五味基元記者言」毎日新聞2003年6月27日東京刊12
  8. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その1) 検証五味基元記者言」毎日新聞2003年6月27日東京刊12
  9. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その1) 検証五味基元記者言」毎日新聞2003年6月27日東京刊12
  10. *アンマン空港爆発事件 「責任、一生背負う」--釈放された五味記者が会見」毎日新聞2003年6月19日東京刊26
  11. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その1) 検証五味基元記者言」毎日新聞2003年6月27日東京刊12
  12. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その1) 検証五味基元記者言」毎日新聞2003年6月27日東京刊12
  13. *ボタン押し「使用済み」を手荷物検で説明 毎日新聞状況表」産経新聞2003年5月10日東京刊第2社会
  14. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その1) 検証五味基元記者言」毎日新聞2003年6月27日東京刊12
  15. *「[特集]アンマン空港爆発事件(その2止) 冷静な「プロ」欠け」毎日新聞2003年6月27日東京刊13
この記事を編集する

掲示板

  • 161ななしのよっしん

    2020/10/05(月) 02:39:09 ID: 6qcv2/0Fdp

    日本語でおk

  • 162ななしのよっしん

    2020/10/05(月) 09:49:12 ID: m5Ua1gHIj+

    後の報道特集(身内の毎日放送系列制作)では『金属片』と変している
    ふざけんな不発弾とはっきり認識して拾って持ち込んでるじゃねーか
    ただの金属片なんぞ拾うか

  • 163ななしのよっしん

    2020/10/05(月) 10:34:47 ID: tm+6p1uU7k

    あきれるばかりの知識不足に想像の欠如、言い逃れもできないほどの不始末、そこに自己陶酔にあふれた動機部分も併記しておくってちょっとしたし上げだからな

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/31(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/31(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP