今注目のニュース
「泳ぐモップ?!」何だこれは!川を泳ぐモップのような生物が話題に!
複数の人を同時に好きに… 男性や高収入層は気が多い傾向も
“京アニ火災”青葉真司容疑者 20代には「下着泥棒で連行」「家族が家賃補填」も

ジャン=クロード・ヴァン・ダム単語

ジャンクロードヴァンダム

掲示板をみる(90)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

title

ジャン=クロード・ヴァン・ダム(本名ジャンクロードカミーユフランソワヴァン・ヴァレンベルフ)は、木曜洋画劇場御用達のヴァンダミングアクション俳優である。

ヴァンダミングアクション

逞しい体と手なアクションで、数々のB級映画に出演し、世界中で大人気を博したアクション俳優

マッチョな男が問答用で敵をぶちのめすオーソドックスかつ鉄板アクションを貫き、8090年代B級映画界を席巻した。
現在でも、アクション俳優といえば、アーノルド・シュワルツェネッガーシルベスター・スタローンと並んで称されることが多く、その人気は衰えていない。
特に日本では、木曜洋画劇場日曜洋画劇場が好んでB級映画を放送しているため、いまだに彼の作品はコンスタントに世に送り出されている。そのため、彼の全盛期には映画を見ていない・生まれていないような世代でも、彼のファンである人間が多かったりする。

後述の木曜洋画劇場では、そのアクションスタイルヴァンダミングアクションと命名され、B級好きや映画秘宝読者にウケている。

が、当の本人は、特に「ストリートファイター」を実写化してしまったあたりから人気が翳り始め、現在はろくな作品に出られていない。
その落ちぶれっぷりたるや相当なものであり、本人がネタにして1本映画を作れるほどである。
B級アクション俳優大物としてファンを作ったのはいいが、スタローンやシュワと違ってターミネーターランボーなどの良作・大作に恵まれなかったため、B級俳優を脱して著名な映画賞などにくことはかなわなかった。開き直ったかのように同じ役ばかりを続けるセガールと違い、演技への脱皮をして迷走してしまったヴァンダムは、俳優としてかなり影が薄くなってしまったのだ。

そのため、現在では彼らとのキャリアの差は歴然と開いてしまっている。筋肉全開のアクション俳優なのだから差なんてないという人も結構いるが。

ヴァンダボーな名言

いろいろと羽を外す木曜洋画劇場の予告において、数々の名言が生まれている。
※あくまでも彼の映画を紹介するナレーションの名台詞であって、彼の台詞ではない。

その男ヴァン・ダム


映画『その男ヴァン・ダム』公式サイトexit 

上述の通り、特に00年代以降の彼は、筋肉全開のB級アクションがウケなくなったのもあってかなり低迷している。
この映画は、そんな落ちぶれた自分を自虐心全開でネタにした映画であり、ヴァンダミングアクション全盛期を知る者にもそうでない者にも、切ない気持ちを喚起させる作品である。

でもって、この映画自体はヴァンダムの作品の中でもかなり成功したものの、彼の仕事は特に増えていないというから余計に切ない。

関連動画

ヴァンダミング関連商品

ヴァンダミング関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/22(月) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/22(月) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP