今注目のニュース
とろ~りチーズに、刺激的な辛さ... サブウェイに食欲そそる「罪深いサンド」誕生!
飲食店が怒りの投稿「こんなに悲しいことはない」 モラルに欠けた客の行動
アニメ「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」が金曜夜から土曜夕方にお引っ越し

アーノルド・シュワルツェネッガー単語

アーノルドシュワルツェネッガー

掲示板をみる(217)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger)とは、ターミネーターなどの中の人である。その中の人玄田哲章である。元カリフォルニア州知事。昔は筋肉モリモリマッチョマンの変態として名を馳せた。

日本での称は「シュワちゃん」(淀川長治が命名)。

概要

1947年7月30日オーストリアで生まれる。父親は警官であり、元々はナチス党員であった。
俳優になる前はすごいボディビルダーだった模様。それもそのはず、ボディビルディング世界最高峰の大会、ミスターリンピアを7度優勝してるという歴代屈のビルダーなのだ。

1970年の「SFヘラクレス」で俳優デビュー1982年の『コナン・ザ・グレート』あたりから本格的なマッチョ俳優としての活動を本格的にする。

1984年ジェームズ・キャメロンと組んだ『ターミネーター』で有名になる。ちなみにこの作品ではシュワちゃんマッチョのみならず、シュワちゃんの巨大なちんちんもちょっと見れる。ウホッ

翌年には『コマンドー』が開。この映画は、シュワちゃん筋肉を生かした展開や、コメディ映画を彷彿とさせるジョークで、現在でも非常に人気の高い作品である。日本においても未だにTV放送されるたびに高視聴率をポン叩き出すことからもそれを物語っている。そして『プレデター』『バトルランナー』が開、アクション俳優の代表格になる。

このままマッチョ路線を続けると思いきや、1988年コメディ映画ツインズ』が開。この作品がアメリカだけで1億ドル以上の売り上げを出すという、それ以前の作品とはべ物にならないほどの世界的なヒットとなる。これにより「アクションコメディもできる俳優」という評価を高めた。以後オランダ変態ポールヴァーホーベン監督によるSFアクショントータル・リコール』、コメディ映画キンダガートンコップ』なども軒並み世界規模のヒットをした。

そして1991年、再度ジェームズ・キャメロンと組み『ターミネーター2』が開。前作がB級映画の一であったにも関わらず、1億ドルという高額予算で製作された本作であるが、続編は売れないという定説を打ち破り、業収入記録を塗り替える大ヒットに。これによってシュワちゃんキャメロンは共にハリウッドでの地位を不動のものとなる。キーマンのジョンコナーを演じるエドワードファロング美少年っぷりも話題に。また作中でとてつもなく悲惨な死を迎えるマイルズ・ダイソンや、ラストジョンターミネーターとの別れのシーン全米が泣いた。というより世界泣いた

しかし次作『ラスト・アクション・ヒーロー』が微妙な成績となりヒットせず。いのになんで売れなかったんだろ?ちなみに監督は『プレデター』のジョン・マクティアナ

んで1994年シュワちゃん自ら企画を売り込んだコメディチックスパイアクショントゥルーライズ』が開。またもジェームズ・キャメロンタッグを組み、アクション俳優でもありコメディ俳優でもあるシュワちゃんの演技と、『ターミネーター2』をかにキャメロンお得意のダイナミックアクション演出という、まさに良いとこ取りな内容がウケて大ヒットしちゃうのだった。なお日本ではこの『トゥルーライズ』も、ターミネーターシリーズと『コマンドー』と並んで放映回数が多い。

1994年にはシュワちゃん妊婦(妊夫?)となり出産も経験(『ジュニア』)、1996年にはなんとレールガンを両手に抱えて大勢の敵を壊滅させるという、『コマンドー』以上の殺戮を繰り広げた(『イレイザー』)。

しかし、1997年の『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』では久々悪役だったにも関わらずヒットしなかった。また映画そのものは酷評のといえるほど程バカにされ、演のジョージクルーニーも後に「キャリアから消したい一作」と言ってしまったり、最低作品への賞「ゴールデンラズベリー賞」にも多数ノミネートされる結果になった。シュワちゃんも頑ってコスプレして演技したのにノミネートされちゃった。ただこの作品でのシュワちゃんの出演料は当時の俳優の中ではトップ2300万ドルだったそう。1997年といえば盟友のキャメロンが『タイタニック開させた年でもある。

その後の映画も軒並み失敗してしまう。久々ヒット作『ターミネーター3』も、前作、前々作のファンから大ブーイングとなる。理由は多々あるだろうが、ジョンコナーキャストの交代により前作の面影がまるでないになってしまったことや、ヒロインであるケイト顔がデカくて老け顔でケツアゴであったことも原因であったといえる。また当時のシュワちゃんへのギャラは『バットマン』のときよりも上がり、ハリウッド最高額となっていた。

そんなこんなあって『ターミネーター3』と同年の2003年カリフォルニア州知事選に選出される。
こんな知事です。

以後は元俳優政治家という異例の経歴を武器に精的に活躍。この間映画においてはいくつかの映画カメオ出演するのみで、演作はもちろんない。2010年には俳優時代のライバルシルヴェスター・スタローン監督作『エクスペンダブルズ』に特別に出演。2011年1月で任期が切れたため、今後は徐々に映画界へとカムバックしている。ちなみに現在州知事として多忙だったことや年齢のため筋肉が少なくなっており、近年の御様子を拝見するとどうやら腹がたるんでしまっているようだexit

復帰第1作となった映画ラストスタンド』はシュワちゃん復活という点で話題を呼ぶも、行収入的には振るわなかった。この映画のために鍛え直したというシュワちゃんの筋肉は、再びマッチョメン変態にふさわしいものとなった。劇中では「年かな」と自分の体の低下を嘆く場面はあるが、本人く衰えたつもりはないとのこと。

役柄としてのシュワちゃん

シュワちゃんが同世代のアクション俳優と一線を画した部分は、筋肉だけでなく役柄の幅広さである。ほぼ同時期に人気だったスタローンも役柄を広げるためコメディ映画に出演したが、結局失敗してしまい人気低迷になるなど、こういう例は当時非常に稀なことであったことがわかる。体格ゆえに設定上「敏腕の~」「凄腕の~」という役柄も多いが、他のアクション俳優のように一本調子になることはなかった。監督に恵まれていたということや、本人の演技もあるのだろう。あと筋肉

ただその分大規模な映画が多いため、話のスケールが大きいものも多く、倒した敵の多さは他の追随を許さない。ちなみに『トータル・リコール』では敵の弾を防ぐために一般人にするなどの非な行為もしている。さらに『エンドオブデイズ』では悪魔の支配者である「サタン」を自らを犠牲にして倒し、『シックス・デイ』では自分自身のクローンを殺しかける。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP