今注目のニュース
“ジンベイザメサーフィン”で大炎上
カーバルが新たな困難に立ち向かう『Kerbal Space Program 2』発表。スペースコロニーや宇宙探検、マルチプレイに対応する宇宙開発シム
1000万円プレイヤーの4割「平日は6時より前に起きる」 休日の起床時間も平均年収層より早め

ハーフ・アンブレイク単語

ハーフアンブレイク

掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ハーフ・アンブレイクとは、アニメ漫画遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。
漫画版では「ハーフアンブレイク」と表記されたこともある(第31話)。

概要

九十九遊馬が度々使用するカードアニメZEXAL初期のテキストは以下の通り。

通常
自分フィールド上に存在するモンスター1体を対に発動する。
モンスター1体はこのターン戦闘では破壊されず、
そのモンスターとの戦闘で発生するプレイヤーへのダメージを半分にする。

アニメ遊☆戯☆王ゼアル」第62話による

自分モンスター1体を戦闘破壊から守り、ダメージを半減する。

初登場は第6話(アニメ漫画共に同じ)のVS徳之助戦。
ベビー・トラゴン」を対に発動され、徳之助に奪われた「No.17 リバイス・ドラゴン」、「No.39 希望皇ホープ」の攻撃から守った。

アニメではその後も登場している。具体的には、第21話のVSオボミ戦、第27話のVS国立カケル戦、第28話のVS油圧ショーベェ戦、第38話のVSゴーシュドロワ戦、第49話のVS戦、第62話のVSシャーク戦、第67話のVSトロン戦、第70話のVSDr.フェイカー戦、第77話のVS宮寺守戦、第93話のVS羽原夫妻戦、第96話のVSベクター戦、第119話のVSエリファス戦、第139話のVSドン・サウザンド戦、第145話のVSアストラル戦(話数カウントは公式サイトで用いられている無印の通算話数に従った)。登場回数も多く、遊馬を代表するカードの1枚。

漫画版では、そもそものデュエル回数の差などから、登場回数は多くないが、第31話のVSシャドウ戦で再登場した。

アニメでは、移行後あたりからテキストが以下のように変更された。

通常
フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスター戦闘では破壊されず、
そのモンスターとの戦闘によって発生するプレイヤーへの戦闘ダメージは半分になる。

アニメ遊☆戯☆王ゼアル」第93話による

大きな変更点としては、相手モンスターも対にできるようになったということがある。

テキスト矛盾が生じるプレイングがされたのはVSDr.フェイカー戦で、テキスト変更もこれがきっかけであると思われる。
このときは、フェイカーの「No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon」を対に発動することで、Heart-eartH Dragonの、戦闘ダメージを相手に肩代わりさせる効果による自分たちへのダメージを軽減した。

VS羽原夫妻戦でも、相手の「巨大中宮殿ガンガリディア」を対に発動し、直接攻撃によるダメージを半減した。


演出としては、数の泡がまとわりつく場合と、対モンスターの周りが大きな1つの泡でおおわれ、攻撃を防ぐ場合がある。


ダメージを半分受けてしまうことと、守れるモンスターが1体だけであることから、初期は「和睦の使者」のほうが使いやすいと言われることも多かった。
しかし、遊馬の使用する「CNo.39 希望皇ホープレイ」は、ライフ1000以下でないと使用できないことから、ある程度ライフを減らす必要があり、そのためには半分のダメージを受けるこのカードにも意義がある。他にも遊馬ライフを半分払うなどの条件があるカードを採用しており、ホープレイ入手以後は、ホープレイのためにライフをあえて減らす戦術をとっていると思われる(ライフを減らしてピンチを演出したいという制作上の意図もあるだろうが)。

遊馬も「バトル・ブレイク」(アニメ版)など、それなりに強な防御カードを使用していないわけではないが、制作の都合もあってか、その成功率はかなり低い。


ちなみに、アニメでこのカードの効果を適用された回数が一番多いのは、「No.39 希望皇ホープ」(38,96,119)で3回。次いで「ガガガマジシャン」(21,28)、「CNo.39 希望皇ホープレイ」(49,67)で、それぞれ2回。

他に適用されたのは、「ベビー・トラゴン」(6)、「ズバババスター」(27)、「ゴゴゴゴーレム」(62)、「No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon」(70)、「模範巫女タマグシ」(77)、「巨大中宮殿ガンガリディア」(93)、「ガンバラナイト」(139)、「ガガガガンマン」(145)。

おまけ:相手を対象にする場合について

VSDr.フェイカー戦では、フェイカーの「No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon」が遊馬の「No.39 希望皇ホープ」を攻撃した際、Heart-eartH Dragonを対にこのカードが発動された。このときの遊馬台詞から考えると、このカードで半減できるのは、対モンスター戦闘によって(モンスターコントローラーが)受けるダメージだけであるのだと思われる。そのため、ホープではなくHeart-eartH Dragonを対に「ハーフ・アンブレイク」を発動する必要が生じた。

タイミング Dr.フェイカー 遊馬シャークカイト
攻撃宣言 Heart-eartH Dragonホープへ攻撃
↑「ハーフ・アンブレイク」
ホープが攻撃を受ける
←「ハーフ・アンブレイク」
ダメージ計算 Heart-eartH Dragonの攻撃0
Dr.フェイカー2000ダメージ※1
↓「ハーフ・アンブレイク」効果適用
Dr.フェイカー1000ダメージ
ホープの守備2000
Dr.フェイカー2000ダメージ※2
同上 Heart-eartH Dragonの効果適用
遊馬シャークカイト1000ダメージ

遊馬シャークカイト1000ダメージ
エスケープ・ルアー」効果適用↓
遊馬シャークカイト500ダメージ

この場合、最終的には遊馬たちがダメージを受けているが、ホープ側が受けるのではなく、Heart-eartH Dragon側が受けるはずのダメージ遊馬たちに向かっているだけであるため、ホープを対に「ハーフ・アンブレイク」を発動した場合は、ホープ側が受けるダメージが存在しないため、半減されないということだと思われる。
ちなみに、「エスケープ・ルアー」は単に自分への戦闘ダメージを半減する効果であったため、どのような経緯でも最終的に自分へ向かう戦闘ダメージは半減できる、ということであると思われる(これに関して、Heart-eartH Dragonダメージが効果ダメージ扱いされている場面もあり、矛盾がある。詳細は「No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon」の脚注を参照)。

わざわざHeart-eartH Dragonを対に「ハーフ・アンブレイク」を発動したことから、このときは与えるダメージを半減させることはできなかったと思われるが、VS羽原夫妻戦では、「巨大中宮殿ガンガリディア」が遊馬へ直接攻撃する際に、ガンガリディアを対に発動され、ガンガリディアから遊馬へのダメージを半減した。このときは、「ハーフ・アンブレイク」を適用させるモンスター遊馬フィールドにいなかったため、相手のガンガリディアを対にしてダメージ半減効果を適用させたということになる。

このときは、「ハーフ・アンブレイク」の対になったガンガリディアが与えるダメージを半減したことになり、前述のDr.フェイカー戦でわざわざHeart-eartH Dragonを対に「ハーフ・アンブレイク」を発動する必要がくなってしまう(ホープを対に発動した場合、「ハーフ・アンブレイク」でダメージを半減するタイミング※1から※2へ移動する)。

ただ、ガンガリディアのときの羽原美は、「自分が受けるダメージを半分にする効果」と説明しているため、アニメでの効果の扱いは、対モンスターが行う戦闘によって(「ハーフ・アンブレイク」の発動者から見て)自分へ向かうダメージが半分になるとも考えられる(上記「エスケープ・ルアー」に近い)。

新旧どちらのテキストも、半減できるのは「そのモンスターとの戦闘によって発生するプレイヤー戦闘ダメージ」である。この記述を素直に受け取るならば、プレイヤーは自分でも相手でも、とにかくそのモンスター戦闘によって発生するダメージは全て半減するととれる。それから考えると、ガンガリディアでの扱いのほうがテキストに忠実で、Dr.フェイカー戦においての扱いのほうが特殊であろう(対モンスターを守る、という単純なイメージで考えれば、Dr.フェイカー戦での扱いのほうがしっくりくるが)。

もっとも、遊戯王OCGは、テキストが同じでも処理が違うなど、テキストから読み取れない内容が多く、遊戯王OCG事務局の裁定によって、同じカードの効果が(テキストに変化がなくとも実際の処理が)大きく変わることもあるため、WDC終了後(Dr.フェイカー戦より後)に裁定変更があったと考えれば、上記の疑問も全て解決する。


ちなみに、漫画版ではテキストの簡略化のためもあってか、最初から、対モンスターに自分・相手の制限がない。ダメージ半減に関しても「ダメージを半分にする」としか書かれていない(これだと、OCG版「ダメージダイエット」のように全てのダメージを半減できると取れないこともないが)。

OCG版

デュエリストパック-遊馬編2 ゴゴゴドドド-」(2013年9月21日発売)でOCGに登場。初出が2011年5月16日放送のアニメナンバーズ6「裏切りのナンバーズ!?」)であり、2年以上経ってからのOCG化となった。

通常
フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
このターン、選択したモンスター戦闘では破壊されず、
そのモンスター戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは半分になる。

 変更後のアニメテキスト同様、相手モンスターも対にできる。ダメージが減少するのが自分だけになっているが、ほぼそのままOCG化したと言ってよい(強いて言えば、VSDr.フェイカー戦のように扱えない)。

モンスター戦闘破壊から守り、ダメージも半減させられる防御カード
しかし、全てのモンスターを守れ、さらにダメージ全に防げる「和睦の使者」が存在するため、基本的にそちらで用は足りる。

相手モンスターにかけることも可。低い攻撃モンスターを狙って連続攻撃などを仕掛けるために使える。
しかし、この使い方であれば、攻撃を半減させることもでき、速攻魔法であるため使いやすい「ハーフ・シャット」も存在する。
こちらの利点としては、いざという時は防御カードとしても使いやすいという点。向こうは自分モンスターを対にすると、その攻撃も半減させてしまう。もっとも、よほど攻撃差が大きくなければ、向こうで相手モンスターの攻撃を半減させてしまってもよいのだが、複数のモンスターを相手取る場合はこちらのほうがよい。

あえて自分がダメージを受けたい、自分モンスター戦闘破壊したい場合はこのカードを使える。戦闘破壊をトリガーに効果を発動するモンスターの場合、攻撃対にする相手モンスターにこのカードを使うことで、ダメージを抑えつつ効果を使える。

ただの防御カードとして使うなら「和睦の使者」をはじめ、もっといいカードがいくらでも存在するため、相手モンスターの破壊を防いで連続攻撃の餌食にするなど、コンボを狙った活用をしつつ、いざというときは防御カードにもできるというくらいの使い方がいいだろう。


遊馬デッキカードとしては登場回数が多く、初期から使用されているため、遊馬ファンデッキを組む場合は、イメージを優先するならぜひ入れておきたいカード。このカードで「No.39 希望皇ホープ」を守ってライフ1000以下にしつつ、次のターンに「CNo.39 希望皇ホープレイ」を出せれば最高だろう。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP