今注目のニュース
上司が飲み放題つけず→自分だけ10杯 「割り勘負け」の差額を請求したい
【なんて読む?】今日の難読漢字「蛻の殻」
病院の都合で個室 「差額ベッド代」は支払い不要 もし払ってしまったら?

レジェンダリー・ピクチャーズ単語

レジェンダリーピクチャーズ

掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

レジェンダリー・ピクチャーズとは、アメリカ映画製作会社である。現在中国の複合企業である大連万達グループの一員で、本社をカリフォルニア州バーバンクに置いている。

概要

学生時代はアメフトで鳴らし、幼少期はスピルバーグ映画を見て育った”体育系オタク”であるトーマスタルが中心となり2000年に設立。もともとメディア投資会社を運営していたタルが、エンターテインメント事業への進出を的として立ち上げた会社である。

彼は2003年から一念発起し、わずか2年間で5億ドルを調達。この資を手にし、2005年ハリウッドビッグ6と呼ばれる映画会社の一つ、ワーナー・ブラザーズと共同で制作活動する契約を結ぶことに成功した。この契約による最初の作品が、クリストファー・ノーラン監督の出世作になった『バットマン ビギンズ』である。

ワーナーとは2013年までの8年間、共同関係を締結。満了後は新たにNBCユニバーサル契約を結び、『ジュラシック・ワールド』などを製作している。2015年以降、ワーナーとはモンスターバース関連作品で再び提携している。

特徴

創業者のタルが「私は私が観たい映画を作るようにしています」と言うように、『スーパーマン リターンズ』『ウォッチメン』『マン・オブ・スティール』などのアメコミ原作や『ハンオーバー!』シリーズなどのおバカコメディ、『42~世界を変えた男~』といったシリアスドラマ作品など幅広いジャンル製作を所持。一方でワーナーと大契約を結ぶなど、創立20年未満の浅い歴史にもかからわず、ビッグ6にも引けを取らない資を持ち合わせている。

そんなレジェンダリーで一際るのが、『パシフィック・リム』『ジュラシック・ワールド』などの原動となる、巨大物体が所狭しと動き回る臨場感。怪獣映画するタルオタクスピリット=レジェンダリー・スピリッツと言っても過言ではなく、3D/4D上映などとの相性は抜群である。

日本映画会社では特に東宝と共に仕事をする機会が多く、同社が生んだ怪獣映画の元祖であるゴジラなどをハリウッドに持ち込み『GODZILLA(2014)』を起点とするモンスターバース製作2019年には初のポケモン実写作品である『名探偵ピカチュウ』を製作東宝内配給担当であったりと縁が深い。ここ最近は『機動戦士ガンダム』の実写化実現をサンライズとも提携を結んでいる。

主な製作作品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP